メインメニューを開く

スピーデーワンダー日本競走馬地方競馬名古屋競馬場で18戦14勝の成績を挙げて中央競馬入りし、重賞3勝と好成績を挙げたが、脚部故障の為に活躍期間は短かった。

  • 馬齢については原則旧表記(数え)とする。
スピーデーワンダー
欧字表記 Speedy Wonder
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1966年4月27日
死没 不明
ヴィミー
ミスリラ
母の父 ホウシユウ
生国 日本の旗 日本北海道沙流郡門別町
生産 柏台牧場
馬主 石坂達也
調教師 野島三喜雄名古屋
梅内慶蔵栗東
富田六郎中山
伊藤雄二(栗東)
競走成績
生涯成績 39戦18勝(うち地方18戦14勝、障害1戦0勝)
獲得賞金 1億0161万6400円
テンプレートを表示

目次

誕生編集

スピーデーワンダーは、北海道・門別の柏台牧場で誕生した。母は名牝ミスリラで、1952年桜花賞を勝利し、優駿牝馬でも2着に入る成績を残した。父のヴィミーは、1955年キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを制し、フランスダービーを2着するなど6戦4勝の成績を挙げた馬であった。

良血ではあったが、ミスリラの産駒の活躍馬は、この時点でNHK杯を勝ったオヤシオ程度で、ヴィミーの種牡馬成績も未知数だった為か、東海公営・名古屋競馬場所属の野島三喜雄厩舎に入厩し、石坂達也の持ち馬となった。

馬名は、アメリカの歌手スティービー・ワンダーを参考にしたという説があるが、かつて名古屋競馬にスピーデーというアラブ系の馬はがいたと言う話もあり、由来は不明である。

戦績編集

地方競馬編集

緒戦は1968年11月16日の名古屋競馬場・ダート800m戦で、山田義男騎手を鞍上に1番人気で出走したが、スタートで出遅れて11頭中6着に惨敗した。しかし12月11日2戦目では、全く同じ条件を無難にまとめて初勝利を得た。さらに12月23日にも勝利して、3歳戦を3戦2勝で終えた。

1969年1月に1勝を得た後は暫く休養に入り、5月の復帰戦(3着)と6月末の復帰4戦目(2着)以外は楽勝し、11戦9勝の好成績でA1クラス入りを遂げて4歳を終えた。

5歳となった1970年は、1月11日の「新春グランプリ」(ダート1900m)に出走し、2分2秒6の好タイムで勝利すると、一息入れて4月の「東海キング賞」をレコードタイムで快勝。余勢を加って出走した重賞の東海桜花賞では、ステートキングに及ばず2着に敗れたが、ファンの間では、「常勝馬」との異名が付いていた。

陣営では、スピーデーワンダーを中央競馬入りさせることとし、栗東トレーニングセンター所属の梅内慶蔵厩舎に転厩した。かくてスピーデーワンダーは、東海公営で18戦14勝の記録を残し、中央競馬の舞台で戦う事になった。

中央競馬編集

中央競馬での緒戦は、1970年7月5日の小倉競馬場での筑紫賞(芝1800m)であった。厩舎所属の若手梅田守騎手を鞍上に、8頭立ての2番人気で出走したが、芝コースに戸惑ったのか、全く良いところ無く最下位に敗れた。しかし次走のオープンで実力を見せて1着になると、次の小倉記念では2番人気となった。しかしここでは、トップハンデの57kgに加え馬場の悪さに脚をとられる格好で、小倉巧者のオープンツバメの4着となった。続くオープンは2着、榎屋忍騎手に乗り代わったハリウッドターフクラブ賞では、スピードシンボリに先着する4着(勝馬ニューキミノナハ)となり、陣営では折から改装工事の終了した中京競馬場で行われる、3つの重賞競走を目標にした。

11月8日の中京記念では再び梅田騎手に手綱が戻り、ゼットアローの2着に惜敗したが、続く中日新聞杯では1番人気に支持され、直線内から鮮やかに差し切って1分48秒9のレコードタイムで快勝、中央重賞初制覇を飾った[1]。続くCBC賞では3着となり、中京の重賞シリーズを好成績で終えた陣営は、次走を阪神競馬場の年末の1戦である阪神大賞典に定めた。鞍上を栗田勝騎手に替えて臨んだレースでは、フイニイリキエイカンダテハクタカらの強豪を抑え、キンセンオーを1馬身ほど引き離して勝利し、重賞2勝目を獲得した[2]


関西オープン馬のトップクラスに加わったスピーデーワンダーだが、関東への転厩話が持ち上がり、中山競馬場所属の富田六郎厩舎に転厩した。転厩直後の2戦は、5着・3着であったが、続くダイヤモンドステークスでは、岡部幸雄騎手を鞍上に、追いすがる古豪フイニイを1馬身ほど下して、関東での重賞初勝利となった[3]。 西下して出走した天皇賞(春)と宝塚記念では、健闘するも5着・3着に終わり、放牧後に出走した4戦でもオープンの1勝のみと、やや勝ち味に遅い姿を見せたが、続いて出走した天皇賞(秋)では、直線内側から追い込んで、トウメイの2着と健闘した。

しかし、ここでスピーデーワンダーは脚部不安を発症し、長い休養に入ってしまう。1年ぶりに出走したオープンでは、若手の三浦春美騎手を鞍上に8頭立て7番人気で4着に入ったが、再び脚部不安を発症して休養に入ってしまう。


1年3ヶ月もの長期休養の間に、所属を栗東の伊藤雄二厩舎に変更したスピーデーワンダーは、障害競走で再起を図り、1974年2月11日の京都で障害未勝利戦に出走した。7頭立ての2番人気に押され、内田国夫騎手を鞍上に出走したが、4着に入るのが精一杯だった。結局このレースが最後となり、現役引退した。


引退後は種牡馬入りしたものの、産駒の噂を聞く事は無かった。

年度別競走成績編集

  • 1968年(3戦2勝)
  • 1969年(12戦10勝)- 東海公営A級
  • 1970年(地方3戦2勝・中央9戦3勝)
    • 1着 - 新春グランプリ、東海キング賞、中日新聞杯、阪神大賞典
    • 2着 - 東海桜花賞、中京記念
  • 1971年(10戦2勝)
    • 1着 - ダイヤモンドステークス
    • 2着 - 天皇賞(秋)
  • 1972年(1戦0勝)
  • 1973年(未出走)
  • 1974年(障害1戦0勝)

脚注編集

  1. ^ 梅田騎手にとっても、これが重賞初制覇であった
  2. ^ 栗田にとっては、これが騎手として最後の重賞勝利となった。
  3. ^ フイニイにとっては、これが最後のレースとなった。

外部リンク編集

参考文献編集

  • 週刊競馬ブック・昭和46年11月20・21・23日号(通巻502号、株式会社ケイバブック、1971年)
  • 月刊競馬エース・昭和45年7月号(通巻32号、株式会社東京優駿、1970年)
  • 月刊優駿・昭和46年1月号(通巻325号、日本中央競馬会、1970年)