メインメニューを開く

内田 国夫(うちだ くにお、1951年1月1日 - )は、日本の元騎手調教助手日本中央競馬会)。

通算296勝。高知県出身。戸籍上での表記は國夫である。

目次

人物編集

同期生に西浦勝一上野(伊藤)清章田村正光須貝四郎楠孝志らがいる。

デビュー当初は柴田不二男厩舎に所属、その後伊藤雄二厩舎に移り、フリーとなる。

グレード制導入後のGI競走勝利はエリザベス女王杯リワードウイング)の1勝のみで地味な成績だったが、奇しくも1977年の毎日杯ハードバージを人気薄で勝たせ、福永洋一の伝説的騎乗として語られる皐月賞への最終切符を与えたのは彼である。日本ダービーでは武邦彦に乗り替わり、これ以降内田がレースで騎乗することはなかった。

地味な存在ではあったが、騎乗はなるべくムチを使わない主義であった。追って差した時の実力を評価する関係者も少なからずおり、有力馬の代打騎乗もしばしば見られた。

1995年9月30日騎手を引退、高橋隆厩舎の調教助手に転身した。後に小原伊佐美柴田政見厩舎へと移っている。

戦績編集

  • 初騎乗:1969年3月1日 
  • 初勝利:1969年6月22日

主な勝ち鞍編集

主な騎乗馬編集