メインメニューを開く

スプリングバレー泉高原スキー場(スプリングバレーいずみこうげんスキーじょう)は、仙台市都心部から見て北西に位置する泉ヶ岳の北東斜面にあるスキー場NCリゾートグループの大生総業東京都)が運営している。例年、12月中旬から翌年3月末まで冬季営業をしている。

スプリングバレー泉高原スキー場
スプリングバレー泉高原スキー場 - panoramio.jpg
所在地 〒981-3225
宮城県仙台市泉区福岡字嶽山14-2
座標 北緯38度25分7.5秒
東経140度43分22.9秒
座標: 北緯38度25分7.5秒 東経140度43分22.9秒
標高 959 m / 687 m
(標高差) (272m)
コース面積 18ha
コース数 10本
最長滑走距離 1,400m
最大傾斜 36
索道数 4 本
ウェブサイト www.springvalley.co.jp

概要編集

都心部や泉中央副都心から程近いため、仕事を終えた後のナイタースキーの利用が可能。

宮城県道223号泉ヶ岳公園線で、泉ヶ岳スキー場泉ヶ岳南東斜面)の脇を通過したその先に位置する。

晴れた日には、仙台平野太平洋が一望できるため、冬季のスキーシーズン以外でも一年を通じて展望や夜景観賞に訪れる市民が見られる。

沿革編集

ゲレンデ編集

シーズンは12月下旬から4月上旬である。ゲレンデはクリッパーエクスプレスクワッドリフトを主に、サンデッキペアリフト、クレッセントペアリフト、メイフラワーペアリフトの4本のリフトから10本のコースを展開する。サンデッキコースはなだらかな初心者向けのゲレンデであり、子供や初心者に適している。クリッパーエクスプレスに平行して滑るクリッパーチャレンジは最大斜度34°の上級者斜面でコブも存在し、大会に使用されることもある。クリッパーBコースにはパークが整備されている。その隣にあるメイフラワーリフトは日曜・祝日のみの運行となっている。そのため、土曜の混雑時にはクリッパーエクスプレスが大変混み合う。ナイター設備も完備されており、1月から3月上旬はナイタースキーを行え、仙台市内の夜景を一望しながら滑ることも可能である。

アクセス編集

自動車の場合、泉中央副都心(または泉PAスマートIC)から宮城県道35号泉塩釜線(泉ヶ岳通り)を西走し、国道457号根白石バイパスを経て宮城県道223号泉ヶ岳公園線を進むと道沿いにある。駐車場は1,000台分あり、冬季営業期間の年末年始休日が500円/日で、平日は無料。

冬季はバスが運行している。仙台市地下鉄南北線泉中央駅バスターミナル2番乗り場より、仙台市営バス「泉高原スキー場」行きに乗り、終点下車。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集