メインメニューを開く

このアトラクションが存在するパーク編集

概要編集

コースターのレールはすべて屋内に設置され照明を落としてレールを見えなくしており、宇宙空間を飛行しているように感じさせるべく演出している。アップダウンよりは急カーブが激しい設計である。上海ディズニーランド(上海ディズニーリゾート)にもトゥモローランドがあるが唯一スペース・マウンテンが存在しなく、トロン・ライトサイクル・パワーランというバイク型のジェットコースタータイプのアトラクションになっている(途中、暗闇もある)。

最初のバージョンのものは、アメリカ合衆国宇宙飛行士ゴードン・クーパーが監修した。

ストーリー編集

ストーリーや設定は、パーク毎に異なる(特にパリ版は他と大きく異なる)。また、改装によって設定やストーリーは変化している。詳しくは各施設の解説を参照。

各施設紹介編集

ディズニーランド編集

スペースマウンテン
Space Mountain
オープン日 1977年5月27日
スポンサー
所要時間 約2分45秒
定員 12名/1ロケット
利用制限   身長102cm以上
ファストパス  
シングルライダー   対象外

基本情報編集

  • 設計:ウォルト・ディズニー・イマジニアリング、Vekoma
  • ドーム高さ:36メートル
  • ドーム体積:51,000立方メートル
  • コース全長:1,052メートル
  • 最高時速:49キロメートル

歴史編集

  • 1977年5月27日 - オープン
  • 1998年月日不明 - 「新しいトゥモローランドプロジェクト2」により、ドームの色がディスカバリーランドテイストの基調色に変更となった。
  • 2003年4月9日 - リニューアルのため休業
  • 2005年 - リニューアルオープン
  • 2016年11月16日- 期間限定バージョン ハイパースペースマウンテン

2005年リニューアルの概要編集

従来のテーマを残しつつ、21世紀の宇宙旅行を再現した。変更点は、ロゴ・キャストのコスチューム・スペースポート(乗り場)のスペースシップ・乗り場の自動ドア・ライドの車載スピーカー等。また、リニューアルによりドーム外観の色が再び白に戻された。体験中、終盤に写真撮影がある。リニューアル後のBGMは、マイケル・ジアッチーノが作曲している。


マジック・キングダム編集

スペース・マウンテン
Space Mountain
オープン日 1975年1月15日
スポンサー RCA (1975-1993)
FedEx (1994-2004)
所要時間 約2分30秒
定員 6名/1ロケット
利用制限   身長112cm以上
ファストパス  
シングルライダー   対象外

マジック・キングダムのスペース・マウンテンは、世界のパークの中で最初にできたスペース・マウンテンである。コースが「アルファ」と「オメガ」の2コースあり、横2人ではなく縦1列に乗り込む座席となっている。

基本情報編集

設計:ウォルト・ディズニー・イマジニアリング ドーム体積:51,000立方メートル コース全長:2,211.9メートル 最高時速:45.1キロメートル

2009年リニューアルの概要編集

マジック・キングダムのスペースマウンテンは、2009年末にリニューアルしている。ライドの変更、Qラインの装飾変更など。全体的に現在の東京版に類似していて、乗り場などの照明は青になっている。また、巻き上げ前に写真撮影が加わった。


東京ディズニーランド編集

スペース・マウンテン
オープン日 1983年4月15日 (東京ディズニーランドと同時にオープン)
スポンサー 日本コカ・コーラ
所要時間 約3分
定員 12名 / 1ロケット
利用制限   身長102cm以上
他(本文参照)
ファストパス  
シングルライダー   対象外

TDLには「マウンテン」と名の付くアトラクションが他に「ビッグサンダー・マウンテン」、「スプラッシュ・マウンテン」があるが、開園当初から存在しているのはスペース・マウンテンだけである。東京ディズニーランドのスペース・マウンテンは、外観・構造などがアナハイムのものに準拠しているが、コース全長やドーム高さ、最高速度などが若干異なる。全世界のスペース・マウンテンにおいて、ライドフォトが存在しないのも東京版のみである。

このアトラクションは「ディズニー・ファストパス」対応のアトラクションであり、ファストパス発券機は『スタンバイ・エントランス』の右側に計5つ設置されている。

基本情報編集

ドーム総面積:4,400m2 ドーム高さ:38m ドーム直径:61m コース全長:925m 最高部高度:23m 最高速度:50km/h 定員:1編成12名

ストーリー編集

スペース・ポート(宇宙港)に到着した最新型の宇宙船から発せられる未知のエネルギーを受け取り、宇宙飛行士(ゲスト)の乗った小型ロケットは宇宙飛行に出発する。

エネルギーが激しく反応し、光り輝くトンネルを抜けると巨大なエネルギー・ボールが現れる。

エネルギー・ボールに徐々に光が集まっていき、大爆発が起きると共にロケットは大気圏を脱出。宇宙空間を急上昇・急降下・急旋回しながら駆け抜ける。

そして流星のシャワーを抜け、ロケットは残ったエネルギーを燻らせつつ地球へ帰還。

スペース・ポートに到着すると残ったエネルギーは一度回収され、新たなエネルギーと宇宙飛行士を載せてロケットは次なる宇宙飛行へ向かう…。

歴史編集

利用制限編集

身長102cm以上に満たない者の利用はできない。また以下に該当する者も利用できない。

  • 健康状態が良くない(睡眠不足など)
  • 乗り物に酔いやすい
  • 首・脊椎に障害がある
  • 体格などによりセーフティーバーが正常に下がらない
  • 心臓病
  • 高血圧
  • 妊娠中
  • 高齢者

リニューアルについて編集

東京ディズニーランドのスペース・マウンテンは、オープン当初はディズニーランドの初期のものと同じであり、レイアウトは現在もほぼ同一である。

2007年4月28日、オープン以来初の全面リニューアルが行われ、ロゴ、外観のライトアップ、内装の装飾、演出、スペースシップ、コカコーラのロゴが登場するプロモーションVTR、安全のための案内VTR、キャストのコスチューム等が2007年現在のSFを踏襲したオリジナルのものに変更された。

リニューアル以前はマーキュリー計画の際のゴードン・クーパーの実体験を基に作られたという内容だったが、リニューアル後はその設定が変更され、その表記は一切なくなった。

スペースポート(ライド乗り場)にあるスペースシップを天井から吊す車輪が「隠れミッキー」になっている。


ディズニーランド・パリ編集

スペースマウンテン:ミッションII
Space Mountain : Mission II
オープン日 1995年6月1日
スポンサー なし
利用制限   なし
ファストパス  
シングルライダー   対象外

スペース・マウンテン:ミッションIISpace Mountain : Mission II)は、宇宙空間をハイスピードで駆け抜けるジェットコースタータイプのアトラクション。

ディズニーランド・パリのディスカバリーランドが採用するテーマがレトロフューチャーであるため、外観が他のパークと大きく異なる。内容も、スタートはゆっくりレールを登るのではなく、発射台から勢いよく加速して一気に頂上に達し、そのまま急降下を開始する。車両にはスピーカーが搭載されており、重厚な音楽に合わせて宇宙空間が変化する。コースには360度回転やコークスクリュー回転する箇所もあり、スピードも速い。現在は「ハイパースペースマウンテン」として運営されている。

香港ディズニーランド編集

スペース・マウンテン
飛越太空山
オープン日 2005年9月12日
スポンサー なし
所要時間 約2分45秒
定員 12名/1ロケット
利用制限   身長102cm以上
ファストパス  
シングルライダー  

カリフォルニア版やパリ版と同じように車載スピーカーを搭載しており、BGMはカリフォルニア版とほぼ同様である。終盤にライドフォトの撮影がある。

基本情報編集

ドーム総面積:5,100平方メートル ドーム高さ:38メートル ドーム直径:61メートル コース全長:1052メートル

利用制限編集

身長102cm以上、3歳以上の条件を満たさない人の利用はできない。また次の状態の人も利用できない。

  • 健康状態が良くない
  • 乗り物に酔いやすい
  • 首・脊椎に障害がある
  • 心臓病
  • 高血圧
  • 妊娠中の人

スペース・マウンテン ゴースト・ギャラクシー編集

現在アナハイムと香港で、ハロウィーンのイベント期間中に実施している。いわゆるスペース・マウンテンのホラーバージョンで、車両のスピーカーから不気味な音楽が流れる中暗闇の中を走行し、カーブを通過する度におぞましい怪物や亡霊たちに遭遇するようになっている。これは香港ディズニーランドで最初に実施され、人気だったことからアナハイムでも実施されるようになった。

実施パーク編集

関連項目編集

外部リンク編集