スター・ウォーズシリーズ

アメリカのメディア・フランチャイズ
スター・ウォーズから転送)

スター・ウォーズ」(Star Wars)シリーズは、ジョージ・ルーカスが製作した、アメリカスペースオペラメディア・フランチャイズである。1977年に公開された同名の映画に始まり、映画シリーズだけでなく、アニメーション小説コミックゲームなど複数の媒体で展開される。2020年にはその総価値が700億米ドルと推定されており、歴代メディア・フランチャイズの中で5番目に高い収益を上げている。

スター・ウォーズ
Star Wars
Star wars2.svg
作者 ジョージ・ルーカス
初作品スターウォーズ』 (1977年)
所有者 ルーカスフィルム
期間 1977年-現在
出版物
小説 一覧
漫画 一覧
雑誌Star Wars Insider
(1987年–現在)
映画・テレビ
映画

すべての一覧

実写

アニメーション

ショートフィルム Reflections (2018)
テレビシリーズ

Full list

テレビスペシャル 『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル』
(1978年)
テレビ映画 一覧
ゲーム
コンピュータゲーム
  • Star Wars: X-Wing
    (4作品; 1993年–1999年)
  • Jedi Knight
    (4作品; 1995年–2003年)
  • Rogue Squadron
    (3作品; 1998年–2003年)
  • Knights of the Old Republic (3作品;
    2003年–現在)
  • Battlefront
    (8作品; 2004年–2017年)
  • Lego Star Wars
    (6 games; 2005–2021)
  • フォース・アンリーシュド
    (2作品; 2008年–2010年)
オーディオ
ラジオ Star Wars
The Empire Strikes Back
Return of the Jedi
(1981年-1996年)
その他
遊園地アトラクション 一覧
公式ウェブサイト
starwars.com

後に『エピソード4/新たなる希望』と改題されるオリジナルの作品『スター・ウォーズ』(1977年)を皮切りに、『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)の旧三部作が製作された。16年後、 旧三部作の前日譚の『エピソード1 /ファントム・メナス』(1999年)、『エピソード2 /クローンの攻撃』(2002年)、『エピソード3 /シスの復讐』(2005年)の新三部作が製作され、シリーズは一度幕を閉じた。2012年、ルーカスは自分の制作会社ウォルト・ディズニー・カンパニーに売却し、フランチャイズの所有権を放棄した。その後『エピソード7/フォースの覚醒』(2015年)、『エピソード8/最後のジェダイ』(2017年)、『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)の続三部作が製作された。これらの9作品は「スカイウォーカー・サーガ」としてシリーズの柱となっている。

実写スピンオフ映画『ローグ・ワン』(2016年)と『ハン・ソロ』(2018年)を合わせて、映画の合計興行収入は100億米ドル以上に相当し、現在、歴代映画フランチャイズの中で2番目に高い興行収入を記録している[1]

前提条件

『スター・ウォーズ』シリーズは、「遠い昔、遥か彼方の銀河系で[2]」の登場人物たちの冒険を描いている。そこでは、人間と多くの種の異星人(多くの場合はヒューマノイド)が、日常生活を支援してくれるロボットや「ドロイド」と共存しており、光速の超空間技術によって惑星間の宇宙旅行が一般的に行われている[3][4]。宇宙船には、小型のスターファイターからスター・デストロイヤーのような巨大な宇宙戦艦、月面サイズのデス・スターのような宇宙ステーションまで様々なものがある。通信には、双方向のオーディオやオーディオ・ビジュアル・スクリーン、ホログラフィック・プロジェクションなどがある。

フォースと呼ばれる神秘的な力は、原作では「すべての生物が作り出すエネルギーフィールド......(それは、)銀河を束ねる」と説明されている[5]。「フォースが強い」者は、訓練や瞑想によって、さまざまな超能力(念力予知能力テレパシー、物理的エネルギーの操作など)を発揮することができる[2]ジェダイ銀河共和国の平和維持者であり、無執着と仲裁によってフォースのライト・サイドを行使し、シスは恐怖と攻撃性を操ることで闇ダーク・サイドを行使するという、互いに対立する2つの主要な騎士団によってフォースが行使されている。ジェダイの騎士は数が多いが、シスの暗黒卿(または「ダース」)は、マスターとその弟子の2人に限定されることになっている。

フォースの使い手は、平均的な人口に比べて数が非常に限られている。ジェダイとシスは、ライトセーバーと呼ばれる武器を好んで使用する。ライトセーバーは、ほぼすべての表面を切り裂き、エネルギーボルトを逸らすことができるエネルギーの刃である。それ以外の人々や、反逆者や兵士は、レーザーを使ったブラスター銃器を使用する。銀河系外縁部では、ハットのカルテルのような犯罪シンジケートが支配的である。賞金稼ぎはギャングと政府の両方に雇われることが多い。密輸や奴隷制などの違法行為も行われている。

映画

タイトル 公開日 監督 脚本 原案 製作 製作総指揮

旧3部作/オリジナル・トリロジー

エピソード4/新たなる希望 オリジナル
  1977年5月25日
  1978年6月24日
特別篇
  1997年1月31日
  1997年5月31日
ジョージ・ルーカス ゲイリー・カーツ
リック・マッカラム(特別篇)
ジョージ・ルーカス(特別篇)
エピソード5/帝国の逆襲 オリジナル
  1980年5月21日
  1980年6月28日
特別篇
  1997年2月21日
  1997年7月5日
アーヴィン・カーシュナー リイ・ブラケット
ローレンス・カスダン
ジョージ・ルーカス
エピソード6/ジェダイの帰還 オリジナル
  1983年5月25日
  1983年7月2日
特別篇
  1997年3月14日
  1997年7月26日
リチャード・マーカンド ローレンス・カスダン
ジョージ・ルーカス
ハワード・カザンジャン
リック・マッカラム(特別篇)

新3部作/プリクエル・トリロジー

エピソード1/ファントム・メナス  1999年5月19日
  1999年7月10日
ジョージ・ルーカス リック・マッカラム ジョージ・ルーカス
エピソード2/クローンの攻撃  2002年5月22日
  2002年7月13日
ジョージ・ルーカス ジョージ・ルーカス
ジョナサン・ヘイルズ
ジョージ・ルーカス
エピソード3/シスの復讐  2005年5月19日
  2005年7月9日
ジョージ・ルーカス

続3部作/シークエル・トリロジー

エピソード7/フォースの覚醒     2015年12月18日 J・J・エイブラムス J・J・エイブラムス
ローレンス・カスダン
マイケル・アーント
J・J・エイブラムス
キャスリーン・ケネディ
ブライアン・バーク
トミー・ハーパー
ジェイソン・マクガトリン
エピソード8/最後のジェダイ     2017年12月15日 ライアン・ジョンソン キャスリーン・ケネディ
ラム・バーグマン
J・J・エイブラムス
ジェイソン・マクガトリン
トム・カルノースキー
エピソード9/スカイウォーカーの夜明け     2019年12月20日 J・J・エイブラムス J・J・エイブラムス
クリス・テリオ
デレク・コノリー

コリン・トレヴォロウ

J・J・エイブラムス
クリス・テリオ

キャスリーン・ケネディ
ラム・バーグマン
J・J・エイブラムス
ジェイソン・マクガトリン
トム・カルノースキー

アンソロジー映画

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー     2016年12月16日 ギャレス・エドワーズ クリス・ワイツ
トニー・ギルロイ
ジョン・ノール

ゲイリー ウィッタ

キャサリーン・ケネディ

アリソン・シェアマー

サイモン・エマニュエル

サイモン・エマニュエルジョン・ノージョン・ノール

ジェイソン・マクガトリン

アリソン・シェアマー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー  2018年5月25日
  2018年6月29日
ロン・ハワード ジョナサン・カスダン
ローレンス・カスダン
ローレンス・カスダン

ジェイソン・マクガトリン

フィル・ロード&クリス・ミラー

Rogue Squadron  2023年12月22日 パティ・ジェンキンス TBA TBA キャサリーン・ケネディ TBA

映画『スター・ウォーズ』シリーズは、「スカイウォーカー・サーガ(Skywalker saga)」と総称される3組の3部作が中心となっている。 これらは非時系列的に製作されており、エピソード4~6(旧3部作)は1977年から1983年の間に、エピソード1~3(新3部作)は1999年から2005年の間に、エピソード7~9(続3部作)は2015年から2019年の間に公開されている。それぞれの3部作は、フォースに敏感なスカイウォーカー家の一世代に焦点を当てている。旧3部作はルーク・スカイウォーカーの英雄的な成長を描き、新3部作は父アナキンのバックストーリーを、続3部作はルークの甥であるカイロ・レンを主役にしている。

メインエピソードの間に設定された「アンソロジー・シリーズ」は、続3部作の制作と並行して開発に入り、ディズニーのCFOであるジェイ・ラズロは、オリジン・ストーリーと表現している[6]。最初の作品である『ローグ・ワン』(2016年)は、エピソード4の直前にデス・スターの設計図を盗んだ反乱軍の物語である。『ハン・ソロ』(2018年)は、同名のキャラクターのバックストーリーに焦点を当て、旧3部作の共同主人公であるチューバッカランド・カルリジアンも登場し、新3部作の悪役であるダース・モールも関わっている。

ルーカスフィルムは、スター・ウォーズの映画を数多く開発しており、そのうちの2本が、2020年のディズニー・インベスター・デイで確認された。1つ目は、パティ・ジェンキンスが監督を務める『Rogue Squadron』というタイトルの映画で、2023年12月25日に公開予定である。 2つ目は、2020年5月にクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共同執筆していたスター・ウォーズ映画の監督を務めることが発表されたタイカ・ワイティティによる未発表の映画である。さらに、『最後のジェダイ』の脚本・監督のライアン・ジョンソンによって、スカイウォーカー・サーガから独立した3部作が執筆されている[7]。2019年9月には、キャスリーン・ケネディとマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが共同でスター・ウォーズ映画を開発することが発表された。2020年2月には、監督のJ・D・ディラードと脚本家のマット・オーウェンズによる映画が開発中であることが発表された[8]

2018年2月には、『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーランナーを務めたデイヴィッド・ベニオフD・B・ワイスが脚本、製作を担当するスター・ウォーズ映画の開発が発表される[9]も、ベニオフとワイスの多忙を理由に2019年10月には立ち消えとなった[10]。また、製作が予定されたオビ=ワン・ケノービボバ・フェットのスピンオフ映画は、2018年6月に『ハン・ソロ』の興行不振の影響で保留となり[11]、ボバ・フェットの映画は2018年10月に製作中止となり[12]、オビ=ワン・ケノービのスピンオフはドラマシリーズとして製作されることが、2019年8月に発表された[13]

スカイウォーカー・サーガ

旧三部作/オリジナル・トリロジー

旧三部作のメインキャスト達(左から)マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード、(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア姫)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダーの声)。

ルーク・スカイウォーカーを主人公とするシリーズで、1977年から1983年にかけて公開された。スピンオフを含むスター・ウォーズ全作品の大元となる作品群である。第1作『スター・ウォーズ』(1977年)は大衆文化に大きな影響をもたらし英語版、続編『帝国の逆襲』(1980年)、『ジェダイの復讐[注 1]』(1983年)も世界的にヒットした。

1971年、ユニバーサル映画はルーカスが監督を務める2作品について契約を結んだ。最初に製作された『アメリカン・グラフィティ』は成功を収め、ルーカスはアカデミー賞にノミネートされた。数か月後、ルーカスは2作目の草案を提出したがユニバーサルは草案を拒否したため、20世紀フォックスと契約を結んだ[14]。1974年までにルーカスは草案を下敷きにして脚本を書き上げ(この時点でシスデス・スター、アナキン・スターキラー(アナキン・スカイウォーカー)などの要素が加えられた)、物語が全9部作になると主張して20世紀フォックスと交渉し、監督として5万ドル、脚本家として5万ドル、プロデュース費用として5万ドルを受け取った[15]。製作を確実なものとしたルーカスは、監督としての報酬を抑える代わりに、マーチャンダイジングの権利は全てルーカスフィルムが持つと認めさせ(トム・ポロック英語版は、「交渉において、我々は20世紀フォックスのビル・ラーマンとの間で契約を立案しました。我々はジョージが権利を所有することで合意しました」と述べている[15])、自らの管理でキャラクターやメカのグッズを製造・発売し、巨額の富を得た。この利益を基に、後の新三部作(プリクエルトリロジー)はルーカスフィルムの自己資金で製作されている[15]

映画が時系列では4番目にあたる『新たなる希望』から制作されたのは、まず1作目が商業的に成果を収めねばシリーズ化が望めず、その意味で一番「冒険活劇」としての完成度が高かった『新たなる希望』を最初に世に出すことが得策だと判断されたためである。また新三部作の時代は、全銀河の首都である大都市惑星コルサントの描写や、銀河共和国独立星系連合の間で勃発した大規模戦争であるクローン戦争の描写が必須にも関わらず、当時の映像技術と予算では映画化が不可能だったのも理由にある[16]

公開年 タイトル 監督
1977年 スター・ウォーズ(エピソード4/新たなる希望) ジョージ・ルーカス
1980年 スター・ウォーズ/帝国の逆襲(エピソード5/帝国の逆襲) アーヴィン・カーシュナー
1983年 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐[注 1](エピソード6/ジェダイの帰還) リチャード・マーカンド
特別篇

1997年、新三部作(プリクエル・トリロジー)の公開に先駆けて『スター・ウォーズ』『帝国の逆襲』『ジェダイの復讐』の特別篇が順次公開された。ルーカスの製作意図に一層近づいた形にするべく、フィルムの物理的な洗浄や素材フィルムまで戻った光学合成シーンのデジタル合成によるやり直し、再撮影及びCGによる新規シーンの追加等が行われた。音響効果もバラつきが統合され、サウンドトラック全体もヒスノイズ低減処理を経て再編集された。一方で、行われた変更の中にはいわゆる「ハンが先に撃った」など、旧来のファンの間で論争を引き起こしたものもある。

その後2004年DVD2011年Blu-ray Discと新規の映像ソフトが発売されるたび、新三部作との整合化など、この特別篇にさらに修正が加えられていった。現在はテレビオンエアもこちらのバージョンが標準になっており、初公開時のオリジナル版を鑑賞することは困難となっている(ただし、2006年にDVDが発売された際に、初公開時のオリジナル版が特典として同梱されたことはある)。

新三部作/プリクエル・トリロジー

新三部作のメインキャスト達(左から)ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー[注 2])、イアン・マクダーミド(パルパティーン)。

アナキン・スカイウォーカーを主人公とするシリーズで、1999年から2005年にかけて公開された。旧三部作の前日譚に当たる。

1987年、ルーカスはマーシア・ルーカスとの離婚和解で財産を失い映画製作の意欲をなくし、『ジェダイの帰還』以降の続編計画は中断してしまう[18]。しかし、1990年代の映像技術の進歩に触発され、シリーズの再開を考えるようになった。この間、スター・ウォーズはティモシイ・ザーンの『スローン三部作』やダークホースコミックスの『ダークエンパイア』などのスピンオフ作品によって人気を回復した。スター・ウォーズ人気が衰えていないことを知ったルーカスは、再び監督として製作に復帰する[19]。1999年に『ファントム・メナス』が公開され、2002年に『クローンの攻撃』、2005年に『シスの復讐』が公開された[20]

旧三部作と比較すると遥かに発達した特撮・CG技術や派手なカメラワークが目立ち、シリーズの見所の一つであるライトセーバーの殺陣も非常にアクロバティック化した。ルーカスは新たな映像信号規格・HD24Pの導入によるデジタルシネマの推進に意欲的に取り組み、『エピソード2/クローンの攻撃』において長編映画では史上初めて完全デジタル撮影を行った。その後、映画界では撮影機材のデジタル化が急速化し、映画の歴史に一つの転換期をもたらすことになった。

ルーカスは長年スター・ウォーズシリーズのために作成した資料の量を誇張しており(その理由をマイケル・カミンスキーは宣伝と情報保安を目的にしていると述べている[21])、「ルーカスが『ジェダイの帰還』の後に続く物語を企画している」という憶測が生まれた[22]。しかしルーカスは『シスの復讐』以降の作品は製作しないと明言し[23][24]、「私はよく"『ジェダイの帰還』の後に何が起きるんですか?"と聞かれますが、それに対する答えを持っていません。映画はアナキンとルークの物語であり、ルークは銀河を救い父を取り戻して物語は終結しています」と語ったことにより[25]、スター・ウォーズシリーズは全九部作の予定を全六部作と修正して一旦の完結を迎えた。

公開年 タイトル 監督
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス ジョージ・ルーカス
2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

続三部作/シークエル・トリロジー

続三部作のメインキャスト達(左から)デイジー・リドリー(レイ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)。

レイを主人公とするシリーズで、2015年から2019年にかけて公開された。旧三部作の後日譚に当たり、世界歴代興行成績の上位を塗り替えるヒットを記録している。

オリジナル映画の公開に先立ち、その成功によって可能となったルーカスの計画は「9本の映画からなる3つの三部作[26]」であり、1978年にTime誌にこのことを発表し[27]、1981年にはその概要を確認している。開発の様々な段階で、続3部作は共和国の再建、旧三部作のオビ=ワンのような役割でのルークの復帰、ルークの妹(レイアとはまだ決まっていない)、ハン、レイア、R2-D2とC-3POに焦点を当てる予定だった[28][29][30]。しかし、新三部作の制作を始めた後、ルーカスは『スター・ウォーズ』は6部作であることを意味し、続三部作は存在しないと主張した[31][32]

2011年に入り、ルーカスは『スター・ウォーズ』の新しい映画作品について仕事を始めた。2012年にウォルト・ディズニー・カンパニールーカスフィルムを買収してスター・ウォーズシリーズの著作権を取得[33]、配給会社も20世紀フォックスからウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズに変更され、新体制での再スタートとなった。2015年に『フォースの覚醒』、2017年に『最後のジェダイ』、2019年に『スカイウォーカーの夜明け』が公開され、本来想定されていた九作で完結した。

買収後のルーカスフィルム社長にはキャスリーン・ケネディが就任。作品自体は引き続きルーカスフィルムが製作するが、ルーカス本人は今までのように製作総指揮は行わず、製作現場から退き「クリエイティブ顧問」という特別な役職に就任した[34]。マーク・ハミルはディズニーの制作について、「ルーカスの構想していたのとは大きく異なるものだ」と言及した[35]。また、20世紀フォックスが永久的配給権・販売権を所有する『エピソード4』を除いて、オリジナル&プリクエル・トリロジーの同権利も2020年5月にディズニー/ルーカスフィルムに移行する予定になっていた。2013年に親会社(ニューズ・コーポレーション)の分社化により21世紀フォックスが設立され、20世紀フォックスは傘下となり、その後2017年12月14日にウォルト・ディズニー・カンパニーは21世紀フォックスのエンターテインメント部門を総額661億ドル(7兆4000億円)で買収することに最終合意したと発表。これにより『スター・ウォーズ』全ての権利を完全にディズニー/ルーカスフィルムが有することとなった[36]

公開年 タイトル 監督
2015年 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7) J・J・エイブラムス
2017年 スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8) ライアン・ジョンソン
2019年 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9) J・J・エイブラムス[注 3][37][38]

デジタル3D版

2010年に本シリーズの『エピソード1〜6』のデジタル3D化が発表された[39]。そのためのデジタル3D変換技術の開発がイン・スリー社において行われたが、これは人物や背景などのシーン中の全対象物の3次元形状を3DCGモデルで再現し、そこに元映像をマッピングして3Dレンダリングするという非常に手間のかかるもので[40]コストの問題が解決出来ずキャンセルされ、ルーカスとILMの監修の下プライム・フォーカス社においてデジタル3D変換が行われることになった[41]

2012年には『エピソード1/ファントム・メナス』のデジタル3D版が公開され、以後『エピソード2〜6』のデジタル3D版がエピソード順に公開される予定だったが、同年10月にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収し、続三部作(シークエル・トリロジー)の製作を決定したためそちらに尽力することとなり、デジタル3D版の公開は事実上の凍結状態となっている。この影響で日本でも公開終了後に『エピソード1/ファントム・メナス』のデジタル3D版のBlu-ray Discの発売が予定されていたが発売中止となった。

全世界の映画館での興行公開は現在も行われていないものの、『エピソード2/クローンの攻撃』のデジタル3D版は2013年7月26日から7月28日ドイツのメッセ・エッセンで開催された「スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパⅡ」にてイベント上映され[42][43]、『エピソード3/シスの復讐』のデジタル3D版は2015年4月16日から4月19日にアメリカのカリフォルニア州アナハイムで開催された「スター・ウォーズ セレブレーションアナハイム」にてイベント上映されている[39][44]

アンソロジー・シリーズ

実写映画本編を補完する実写映画シリーズ。2013年、ルーカスフィルムがスター・ウォーズのメインストーリーとは別の劇場映画をいくつか製作すると報じられ[45]、2015年4月にアメリカのカリフォルニア州アナハイムで開催された本シリーズのオフィシャルファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーションアナハイム」で、これらの実写映画スピンオフ作品群は「アンソロジー・シリーズ」のレーベル名の下で公開されることが明らかにされた[46](ただし、アンソロジーという言葉はどのタイトルにも使われておらず、代わりに宣伝用の「スター・ウォーズ・ストーリー(A Star Wars Story)」というサブタイトルが付けられている)。アンソロジー映画の一作目は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』2016年12月に公開され、『エピソード4/新たなる希望』で紹介された帝国軍からデススターの設計図を入手した反乱軍に焦点を当て、評価でも、興行的にも成功を収めた。二作目の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、2018年5月に公開され、若き日のハン・ソロを中心に、チューバッカランドが脇役として登場した。評価はおおむね好評だったが、興行成績は振るわず、計画されていたオビ=ワン・ケノービボバ・フェットのスピンオフ映画に影響を及ぼした[11]

作品名 公開日 監督 脚本 製作 製作総指揮
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー     2016年12月16日 ギャレス・エドワーズ クリス・ワイツ
トニー・ギルロイ
キャスリーン・ケネディ サイモン・エマニュエル
ジョン・ノール
ジェイソン・マクガトリン
アリソン・シェアマー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー  2018年5月25日
  2018年6月29日
ロン・ハワード ジョナサン・カスダン
ローレンス・カスダン
キャスリーン・ケネディ
サイモン・エマニュエル
アリソン・シェアマー
ローレンス・カスダン
ジェイソン・マクガトリン
フィル・ロード&クリス・ミラー
ローグ・スコードロン(原題)  2023年12月22日
  未定
パティ・ジェンキンス

テレビシリーズ

ルーカスフィルム・アニメーションが制作している主要なアニメーション作品では、『エピソード2/クローンの攻撃』から『エピソード3/シスの復讐』冒頭の戦いまでをシームレスに繋ぐ2Dアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ クローン大戦』や、同じく『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3』の間の時代を舞台にクローン大戦における戦いの一端を描いた3DCGアニメ映画スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、そしてその続編となるクローン大戦の様々な戦場を描く3DCGアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』が発表されている。

また、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルム買収後も、『エピソード3/シスの復讐』と『エピソード4/新たなる希望』の間の時代の、反乱同盟軍が結成されるまでの物語を描いた3DCGアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』が発表されている。

3Dアニメーション

タイトル シーズン 話数 公開年 監督
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (テレビアニメ) 映画 2008年 デイブ・フィローニ
1 22 2008年 - 2009年
2 22 2009年 - 2010年
3 22 2010年 - 2011年
4 22 2011年 -2012年
5 20 2012年 - 2013年
6 13 2014年 - 2014年
7 12 2020年 -2020年
スター・ウォーズ 反乱者たち ショート 4 2014年 デイブ・フィローニ
1 15 2014年 - 2015年
2 22 2015年 - 2016年
3 22 2017年 - 2018年 ジャスティン・リッジ
4 16 2019年 - 2020年 デイブ・フィローニ
スター・ウォーズ レジスタンス ショート 12 2018年 ジャスティン・リッジ
1 21 2018年 - 2019年
2 19 2019年 - 2020年
スター・ウォーズ: バッド・バッチ 1 2021年 - ブラッド・ラウ

2Dアニメーション

タイトル シーズン 話数 公開年 監督
スター・ウォーズ ドロイドの大冒険 1 13 1985年 ケン・スティーブンソン

レイモンド・ヤフェリチェ

TV スペシャル 1986年6月7日 クライヴ・A・スミス
イウォーク物語 1 13 1985年
2 22 1986年
スター・ウォーズ クローン大戦 1 10 2003年 ゲンディ・タルタコフスキー
2 10 2004年
3 5 2005年
Star Wars Blips 1 8 2017年
スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー 1 16 2017年 キャリー・ベック

デイブ・フィローニ

2 16 2018年
スター・ウォーズ ギャラクシー・オブ・アドベンチャー 36 2018年- 2019年 ジョシュ・ライムス
2020年 -
スター・ウォーズ ロール・アウト 1 2019年 糸柳英郎

実写ドラマ

2018年10月3日、企画されていた実写ドラマのタイトルが『マンダロリアン』になると製作、脚本を務めるジョン・ファヴローが自身のInstagramで発表した[47]

10月4日、スター・ウォーズ公式サイトにて、作中の画像と共に、一作目の監督をデイブ・フィローニ、その後のエピソードの監督をデボラ・チョウリック・ファムイーワブライス・ダラス・ハワードタイカ・ワイティティが、プロデューサーにはジョン・ファヴローキャスリーン・ケネディコリン・ウィルソン、エグゼイティブ・プロデューサーにはカレン・ギルクリストが参加することが発表された[48]。2020年にはシーズン2が配信され、2021年に配信予定のシーズン3製作が発表されている。またスピンオフシリーズのAhsokaおよびRangers of the New Republicの製作が発表されている[49][50]。さらに、The Book of Boba Fettの製作も発表されている[51]

その他、2022年配信予定のAndor[52]、同じく2022年配信予定のObi-Wan Kenobi[53]The Acolyte[54]の製作が発表されている。

タイトル シーズン 話数 公開年 監督
マンダロリアン 1 8 2019年 ジョン・ファヴロー
2 8 2020年

テレビ映画

イウォーク2部作

旧三部作の成功を受けて、『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した惑星エンドアイウォーク族を主人公にしたテレビ映画。日本では劇場用映画として公開された。 『エピソード6/ジェダイの帰還』にてルーク達と出会う以前の、ウィケット・W・ウォリックらイウォーク族の冒険を描く。子供向けに実写映画本編より対象年齢を下げて制作されている。

作品名 公開日 監督 脚本 製作 放送
イウォーク・アドベンチャー  1984年11月25日
  1985年8月17日
ジョン・コーティ ボブ・キャロウ ジョージ・ルーカス ABC
エンドア/魔空の妖精   1985年11月24日
  1987年3月21日
ケン・ウィート
ジム・ウィート
ケン・ウィート
ジム・ウィート

主なストーリーの時系列 

前述の通り、映画の公開は時系列通りになっていない。それをスピンオフ等も含め歴史通りに整理すると、エピソード1 ファントム・メナス→エピソード2 クローンの攻撃→クローン・ウォーズ全シリーズ→エピソード3 シスの復讐→ハン・ソロ スター・ウォーズ ストーリー→スター・ウォーズ反乱者たち全シーズン→ローグワン スター・ウォーズ ストーリー→エピソード4 新たなる希望→エピソード5 帝国の逆襲→エピソード6 ジェダイの帰還(ジェダイの復讐)→スター・ウォーズ バトルフロント2→スター・ウォーズ レジスタンス→エピソード7 フォースの覚醒→エピソード8 最後のジェダイ→エピソード9 スカイウォーカーの夜明けとなる。

主な登場キャラクター

アナキン・スカイウォーカー / ダース・ベイダー (Anakin Skywalker / Darth Vader)
「プリクエル・トリロジー」の主人公。また、「オリジナル・トリロジー」における最大の敵でもある。惑星タトゥイーンで暮らす奴隷の少年だったが、フォースの資質を見出されて銀河共和国を護るジェダイ騎士団に「予言にあるフォースにバランスをもたらすもの」として迎えられる。アソーカ・タノを弟子にとりクローン戦争で活躍。しかしその生い立ちと境遇故により強い力を渇望するようになり、最終的には共和国に潜伏していたシスの暗黒卿ダース・シディアス”に誘惑され、側近“ダース・ベイダー”へと生まれ変わり反乱を起こす。ジェダイと共和国を滅ぼした後、負傷により全身サイボーグの姿となり、新たに成立した銀河帝国をシディアスと共に統治していく。のちに息子によって改心、シディアスとシスを滅ぼし、その際受けた攻撃が仇となり絶命するが、結果として予言通りにフォースにバランスをもたらした。その後はアナキン時代の姿で霊体として復活。エクセゴルの戦いではオビ=ワン・ケノービクワイ=ガン・ジン、アソーカらとともにレイに呼びかけた。
ルーク・スカイウォーカー (Luke Skywalker)
「オリジナル・トリロジー」の主人公。アナキンの息子として生まれるが、シディアスのジェダイ狩りから逃れるため父の故郷タトゥイーンで育てられる。成長後、自身がジェダイの血を引く存在であると知り、帝国への反乱軍に協力することを決意。戦闘を経験する中で秘めたる才能が徐々に覚醒する。ベイダーは父親を殺害した怨敵だと聞かされていたが、そのベイダーこそが実の父親だった。深いショックを受け、かつてのアナキンのように心が暗黒面へと出向いていく。しかし最後はその誘惑を撥ね返してベイダーとシディアスを討ち、銀河に一時的な平和を取り戻す。その後新たなジェダイの育成を試みるが、甥の反乱に心を病み、オク=トーに引き籠る。レイに修行をつけフォースの幻影を使い甥のカイロ・レンと対決し、力尽きてフォースと一体化。霊体として残りレイアの霊体とともにレイを見守った。
レイ・スカイウォーカー (Rey Skywalker)
「シークエル・トリロジー」の主人公。惑星ジャクーにて一人暮らす少女。幼少期に家族と離れ離れになり、廃船から奪った部品を売って生活しながら再会を待ち望んでいた。実は生まれながらに高いフォースの資質を持ち、訓練を受けていない段階でも戦士として高い能力を発揮する。BB-8やフィンとの出会いをきっかけにレジスタンスと、ファースト・オーダーとの戦いに関わるようになる。やがて戦いの中でカイロ・レンがファースト・オーダーの最高指導者となり、レイがシディアスの孫“レイ・パルパティーン”であるという真実を告げられる。さらに、復活したシディアスの後を継ぐ未来を予知してしまう。しかし最後はファースト・オーダーや、復活したシディアスが組織するシス艦隊“ファイナル・オーダー”との激闘の末に、未来の予知を撥ね返してレンとともに祖父シディアスを討ち、銀河に真の平和を取り戻す。その後はレイ・パルパティーンではなくレイ・スカイウォーカーを名乗っている。
レイア・オーガナ (Leia Organa)
アナキンの子で、ルークの双子の妹として生まれたが、ベイル・オーガナ夫妻に引き取られオルデランで王女として育てられる。外交官としても活躍していてその頃に反乱者のエズラ・ブリッジャーとも接触している。その後、反乱同盟のリーダーとして銀河帝国との戦いに参加し、ルークやハン・ソロ、オビ=ワンとともに第一デス・スターの設計図を届ける任務をやり遂げヤヴィンの戦いに勝利した。帝国滅亡後、実兄ルークに師事し修行中に妊娠、ハンとの間にベン・ソロをもうける。その後もレジスタンスの将軍として息子達が率いるファースト・オーダーと戦った。カイロ・レンとなった息子にフォースで働きかけ改心させ、やがて疲れ果てレジスタンスをポー・ダメロンに任せ息を引き取った。その後もフォースの霊体として残り、レイを支えた。
C-3PO(See-Threepio)
金色の装甲を持つヒューマノイド型のプロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。R2-D2と共に、全エピソードに登場しているキャラクター。
R2-D2(Artoo-Detoo)
宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイド。C-3POと共に、全エピソードに登場しているキャラクター。
ハン・ソロ(Han Solo)
密輸船「ミレニアム・ファルコン」の船長。帝国軍の歩兵であったがチューバッカと出会い共に帝国を逃走、ベケットの盗賊団に参加した。その後ルークやレイアと出会い反乱同盟軍に参加、将軍となる。帝国滅亡後にレイアとの間に後のカイロ・レンとなるベン・ソロを設ける。しかし彼によってスターキラー基地の戦いで殺される。その後、デス・スターの残骸でレイに敗北したベンの記憶の中の存在として現れ、彼を改心させた。
チューバッカ(Chewbacca)
ハン・ソロの相棒であるウーキー族の戦士。エピソード3以降の全作品に登場。クローン戦争中のキャッシークの戦いでヨーダと共に参戦し、オーダー66から彼を救っている。帝国時代に奴隷として囚われていたところをハンに命を救われ共に帝国を逃走、ベケットの盗賊団に参加した。その後反乱同盟軍に参加し帝国を滅ぼす。ハンの死後はレイと行動を共にした。
ベン・ソロ / カイロ・レン (Ben Solo / Kylo Ren)
ソロとレイアの息子。祖父にあたるダース・ベイダーに惹かれたためルークに鍛えられるが、スノークに誘惑され、ルークに暗殺されかけたのも影響しダークサイドに転落。スノークを殺害しレイを誘ってファースト・オーダーを率いようとするが拒絶された。感情に任せルークの幻影と戦闘、レジスタンスを取り逃してしまう。その後ファースト・オーダーの最高指導者となったが、レイや両親の働きかけが効きライト・サイドへ帰還。蘇ったダース・シディアス、シス、ファースト・オーダーの後継組織ファイナル・オーダーをレイとともに葬り、フォースを使い果たし息絶えた。

劇中用語

基本的な用語のみ記述する。その他の用語、及び詳細は「用語一覧」「登場兵器一覧」「登場テクノロジー一覧」「惑星一覧」「戦いの一覧」を参照。

フォース
銀河の万物をあまねく包み込んでいるエネルギー体。目には見えない空気のような概念だが、強い意思と精神集中によってその「流れ」を感じ取り自由に操作することで、身体能力や空間認識能力の強化に留まらず、未来予知、念力、心理操作、テレパシーなどの超感覚的な能力による現象を起こすことができる。使用者の感情に伴って性質は二つに別れ、ジェダイは穏やかで冷静な心から引き出される「ライトサイド(光明面)」、シスは怒りや憎しみといった負の感情によって引き出される「ダークサイド(暗黒面)」を用いる。
ライトセーバー
プラズマの光刃を形成する剣型の武器。主にジェダイとシスが接近戦で用いる。何らかの物体に接触すれば膨大な熱エネルギーを放出し、溶断する。レーザーやビームの類を跳ね返すこともできる。基本的にジェダイの光刃は青や緑、シスは真紅であるのが通例である。
ジェダイ
作中では、「ジェダイの騎士/ジェダイ・ナイト」とも呼ばれる。フォースのライトサイドを駆使して戦う、銀河系の自由と正義の守護者たち。清廉潔白かつ気高い精神が求められ、恋愛の禁止、無抵抗な者への攻撃の禁止など、教条主義的な厳しい掟がある。人間性を排した体質に憤慨し、シスに寝返ったアナキンによって銀河共和国もろとも滅ぼされてしまうが、結果として、ルークという全く新しいジェダイが誕生することになる。
シス
作中では、「シスの暗黒卿」とも呼ばれる。フォースのダークサイドを信奉する者達の総称。ジェダイと相反する存在であり、欲望を貫徹させる精神的解放性とあからさまな権力欲を持ち、防御よりも攻撃を重視する傾向にある。シスとなった者は、それまでの名を捨て「ダース」(Dark Lord of the Sithの略称)の称号を冠する。
ドロイド
人間と同程度か、それ以上の知性(特に専門分野では)を持つロボット全般を指す。基本的に与えられたプログラムに従って行動するが、長い稼動時間の中で経験や知識を積むことにより個性を得て自己主張し、更には嘘をついたり怒ったり喜んだりといった、極めて「人間的な」行動を見せるものも少なくない。
クローン・トルーパー
“銀河一の賞金稼ぎ”ジャンゴ・フェットの遺伝子を元に、独立心や自我を削ぐ遺伝子調整を施され、成長速度を速めて生産された銀河共和国軍のクローン兵士。総兵力約320万ユニット。バトル・ドロイドを凌駕する戦闘能力により、クローン戦争における共和国の主力軍隊となった。ジェダイと任務を共にしたことで多くのクローンに個性が芽生え、ジェダイとの間にも強い絆が生まれた。しかし、その生産過程には密かにシスの関与があり、結果的にはクローン戦争終盤にジェダイが滅ぼされる一因となった。後の銀河帝国軍のストームトルーパーの前身でもある。
ストームトルーパー
帝国に忠誠を誓い、絶対的に服従する銀河帝国軍の機動歩兵。総兵力20億ユニットともいわれている。サバイバル装備や温度調節機能を備えた白いアーマーに身を包み、ブラスターにより集団攻撃で敵を圧倒する。初期にはクローンによって構成されたが、まもなく士官学校から充当された人間によって構成されるようになった。スノートルーパーやスカウト・トルーパーなど、任務に応じた様々なバリエーションが存在する。銀河帝国の崩壊後はストームトルーパーの動員も禁止されたが、後にファースト・オーダーによってフォルムを一新した新世代のストームトルーパーが構成された。

評価

興行成績

作品 米国公開日 興行収入 歴代ランキング 製作費 Refs
北米 その他の地域 全世界 インフレーション調整後

(北米)

北米 全世界
スカイウォーカー・サーガ
新たなる希望 1977年5月25日 $460,998,507  $314,613,557  $775,512,064 $1,416,050,800 19 98 $11 million [55]
帝国の逆襲 1980年5月21日 $290,371,960  $257,607,494  $547,975,067  $780,536,100 98 182 $18 million [56]
ジェダイの帰還 1983年5月25日 $309,306,177  $166,040,934  $475,306,177  $747,772,300 82 231 $32.5 million [57]
ファントム・メナス 1999年5月19日 $474,544,677  $552,538,030 $1,027,044,677  $674,365,200 18 42 $115 million [58]
クローンの攻撃 2002年5月16日 $310,676,740  $338,859,618  $649,436,358  $425,074,300 80 140 $115 million [59]
シスの復讐 2005年5月19日 $380,270,577  $469,765,058  $850,035,635  $471,630,400 44 78 $113 million [60]
フォースの覚醒 2015年12月18日 $936,662,225 $1,132,561,399 $2,068,223,624 $2,068,178,225 1 4 $245 million [61]
最後のジェダイ 2017年12月15日 $620,181,382  $713,358,507 $1,333,539,889 $1,332,539,889 9 12 $317 million [62]
スカイウォーカーの夜明け 2019年12月20日 $515,202,542  $558,941,706 $1,074,144,248 14 32 $275 million [63]
スピンオフ映画
スター・ウォーズ/

クローン・ウォーズ

2008年8月15日 $35,161,554 $33,121,290 $68,282,844 $35,020,908 2,447 2,211 $8.5 million [64]
ローグ・ワン/

スター・ウォーズ・ストーリー

2016年12月16日 $532,177,324 $524,879,949 $1,056,057,273 $545,787,800 12 36 $265 million [65]
ハン・ソロ/

スター・ウォーズ・ストーリー

2018年5月25日 $213,767,512 $179,157,295 $392,924,807 $206,317,700 189 311 $300 million [66][67]
合計 $5,081,223,784 $5,239,306,792 $10,318,030,576 2 2 $1.633 billion [68][69]

批評家の反応

作品 Rotten Tomatoes Metacritic CinemaScore[70]
スカイウォーカー・サーガ
スター・ウォーズ 92% (134 reviews)[71] 90 (24 reviews)[72]
スター・ウォーズ/ 帝国の逆襲 94% (104 reviews)[73] 82 (25 reviews)[74]
スター・ウォーズ/ ジェダイの復讐 82% (95 reviews)[75] 58 (24 reviews)[76]
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 52% (233 reviews)[77] 51 (36 reviews)[78] A−
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 65% (253 reviews)[79] 54 (39 reviews)[80] A−
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 80% (302 reviews)[81] 68 (40 reviews)[82] A−
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 93% (440 reviews)[83] 80 (55 reviews)[84] A
スター・ウォーズ/最後のジェダイ 90% (477 reviews)[85] 84 (56 reviews)[86] A
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 51% (507 reviews)[87] 53 (61 reviews)[88] B+
スピンオフ映画
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 18% (172 reviews)[89] 35 (30 reviews)[90] B−[70]
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 84% (452 reviews)[91] 65 (51 reviews)[92] A[70]
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 69% (477 reviews)[93] 62 (54 reviews)[94] A−[70]
テレビ映画
スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル 27% (15 reviews)[95]
イウォーク・アドベンチャー 21% (14 reviews)[96]
エンドア/魔空の妖精 33% (3 reviews)[97]

受賞

アカデミー賞

実写映画11作品を合わせると、アカデミー賞37部門にノミネートされ、そのうち7部門を受賞している。また、特別業績賞も計3回受賞している。『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』は視覚効果で特別功労賞を受賞し[98][99]、『スター・ウォーズ』はエイリアン、クリーチャー、ロボットの声で特別功労賞を受賞した[100][101]

部門 結果
新たなる希望 帝国の逆襲 ジェダイの帰還 ファントム・メナス クローンの攻撃 シスの復讐 フォースの覚醒 ローグ・ワン 最後のジェダイ ハン・ソロ スカイウォーカーの夜明け
助演男優賞 ノミネート
アレック・ギネス
美術賞 受賞 ノミネート ノミネート
衣裳デザイン賞 受賞
監督賞 ノミネート
ジョージ・ルーカス
編集賞 受賞 ノミネート
メイクアップ賞 ノミネート
作曲賞 受賞 ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート
作品賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
音響編集賞 ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート
録音賞 受賞 受賞 ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート
視覚効果賞 受賞 ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート
特別業績賞 受賞
ベン・バート
受賞
(視覚効果)
受賞
(視覚効果)


その他メディア

本シリーズは、多種多様な媒体を通じて沢山のスピンオフ(外伝)を世に送り出してきた。ジョージ・ルーカス自身が他の作家による二次創作に寛容だったこともあり、映画本編と整合性が取られていない独創的な作品も多く存在する[102]。しかし2012年にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収した際、膨大な数のスピンオフが新規ファンに混乱を与えてしまうという配慮から、スピンオフ作品は全て「カノン(正史)」と「レジェンズ(非正史)」に分別されることとなった[102][103]

「カノン」に属するスピンオフ作品は、ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムの買収後に設立した「ルーカスフィルム ストーリー・グループ」の監修を受けた作品が該当する[102]。それ以外(及び、すでに展開を終了している作品)は全て「レジェンズ」としていわゆる“パラレルワールド”の扱いとなった[102]。しかし、「レジェンズ」の所属になったキャラクターのスローン大提督が「カノン」のアニメーション『反乱者たち』に、同じくタグ&ビンクが「カノン」の実写映画『ハン・ソロ』にそれぞれ登場しており、ルーカスフィルムのリーランド・チーは今後も「レジェンズ」のキャラクターが「カノン」に登場していくことを明言している[104]

公開年 タイトル 監督
1977年 ハードウェア・ウォーズ
1983年 スター・フォース〜未知との遭遇〜
1987年 スペースボール メル・ブルックス
1999年 親指ウォーズ スティーヴ・オーデカーク
2007年 - 2010年 スター・ウォーズ/ロボットチキン
2009年 ファンボーイズ カイル・ニューマン
2010年 ピープルVSジョージ・ルーカス アレクサンドレ・オー・フィリップ
2011年 LEGO スター・ウォーズ パダワン・メナス
2012年 LEGO スター・ウォーズ エンパイア・ストライクス・アウト
2013年 - 2014年 LEGO スター・ウォーズ:ヨーダ・クロニクル
2014年 フィニアスとファーブ/スター・ウォーズ大作戦
2015年 LEGO スター・ウォーズ:ドロイド・テイルズ
エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 - ジョン・スピラ
I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー
2016年 - 2017年 LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険
2018年 LEGO スター・ウォーズ/オールスターズ
2020年 LEGO スター・ウォーズ/ホリデー・スペシャル ケン・カニングハム

パチンコ

2005年SANKYOから『CRフィーバースター・ウォーズ』として登場した。

2008年に本機のゲーム性をさらにアップした『CRフィーバースター・ウォーズ ダース・ベイダー降臨』も登場した。

2014年に『CR FEVER STAR WARS Battle of Darth Vader』が登場した。

キャスト
キャストはソフト版と劇場公開版とほぼ同じだが、代役のため変更されている。

パチスロ

2007年にパチンコと同じSANKYOから発売。

イベント・テーマパーク

  • Star Wars: Where Science Meets Imagination
  • Star Wars Hyperspace Mountain
  • Star Wars: A Galactic Spectacular

デジタル配信

2015年6月1日、オリジナル&プリクエル・トリロジー6部作のデジタル配信が開始された。ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルム買収後の配信であるため、20世紀フォックスのロゴは表示されない(『エピソード4』を除く)。それまでの映像ソフトには未収録のボーナス映像も収録されている。

その後、シークエル・トリロジーやアンソロジー・シリーズの作品がソフト化される際は、デジタル配信も同時に行われるようになった。また、『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』などのアニメーションも配信されている。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ a b 日本における劇場公開時のサブタイトルは「ジェダイの復讐」だったが、2004年の旧三部作DVDボックス発売時に、原題である「Return of the Jedi」をそのまま訳した「ジェダイの帰還」に改題された[17]
  2. ^ 『エピソード1』ではジェイク・ロイドが幼少期を演じた
  3. ^ 当初はコリン・トレヴォロウが監督だったが、プリプロダクション段階の2017年に降板し、J・J・エイブラムスに交代。
  4. ^ 石井は『スター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド』に担当していた。

出典

  1. ^ Franchise Index” (English). Box Office Mojo. Internet Movie Database (IMDb). Amazon.com. 2016年9月7日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b The Empire Strikes Back (DVD). 20世紀フォックス.. (2006年) 
  3. ^ Lewis, Ann Margaret; Post, R. K. (2001). Star wars : the essential guide to alien species. Internet Archive. New York : Lucas Books ; Del Rey. ISBN 978-0-345-44220-8. http://archive.org/details/starwarsessentia00lewi 
  4. ^ Wallace, Daniel (1999). Star wars. Internet Archive. Del Rey. ISBN 978-0-345-42067-1. http://archive.org/details/starwarsessentia00wall 
  5. ^ 6 Great Quotes About the Force” (英語). StarWars.com (2016年7月25日). 2021年4月11日閲覧。
  6. ^ Graser, Marc (2013年9月12日). “‘Star Wars’: The ‘Sky’s the Limit’ for Disney’s Spinoff Opportunities” (英語). Variety. 2021年4月11日閲覧。
  7. ^ 『スター・ウォーズ』新たな3部作を製作!「最後のジェダイ」R・ジョンソンが監督」『映画.com』株式会社エイガ・ドット・コム、2017年11月10日。2020年7月4日閲覧。
  8. ^ Vary, Adam B. (2020年2月21日). “New ‘Star Wars’ Movie in Development With ‘Sleight’ Director, ‘Luke Cage’ Writer” (英語). Variety. 2021年4月11日閲覧。
  9. ^ 『スター・ウォーズ』映画新シリーズの製作が決定、次回3部作とは別物に ― 『ゲーム・オブ・スローンズ』製作者が脚本を執筆” (日本語). THE RIVER (2018年2月7日). 2021年4月11日閲覧。
  10. ^ ゲーム・オブ・スローンズ製作者のスター・ウォーズ新作は立ち消え。Netflix作品で多忙が理由 - Engadget 日本版”. Engadget JP. 2021年4月11日閲覧。
  11. ^ a b Star Wars Spinoffs on Hold at Lucasfilm” (英語). Collider (2018年6月20日). 2021年4月11日閲覧。
  12. ^ 『スター・ウォーズ』ボバ・フェットのスピンオフ映画が製作中止に ― ドラマ「ザ・マンダロリアン」に集中の方針” (日本語). THE RIVER (2018年10月27日). 2021年4月11日閲覧。
  13. ^ オビ=ワン・ケノービのスピンオフドラマが21年3月にクランクイン ユアン・マクレガーが明言 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年4月11日閲覧。
  14. ^ Rinzler 2007, p. 8 [出典無効]
  15. ^ a b c Fleming Jr., Mike (2015年12月18日). “An Architect Of Hollywood's Greatest Deal Recalls How George Lucas Won Sequel Rights” (English). Deadline.com. Penske Media Corporation (PMC). 2017年11月10日閲覧。
  16. ^ 『エピソード1』『エピソード2』『エピソード4』オーディオ・コメンタリー
  17. ^ スター・ウォーズ ジェダイの復讐 - 作品情報」『映画.com』株式会社エイガ・ドット・コム。2018年4月9日閲覧。
  18. ^ Kaminski (2007), p. 227.
  19. ^ Kaminski (2007), pp. 294–95.
  20. ^ Episode III Release Dates Announced”. Star Wars (2004年4月5日). 2008年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月27日閲覧。
  21. ^ Arnold, William (Seattle Post-Intelligencer) (2005年5月12日). “Director George Lucas Takes a Look Back—and Ahead” (English). seattlepi.com (Hearst Seattle Media). https://www.seattlepi.com/ae/movies/article/Director-George-Lucas-takes-a-look-back-and-1173117.php 2020年7月4日閲覧。 
  22. ^ Brian B. (2004年9月10日). “Mark Hamill talks Star Wars 7, 8 and 9!” (English). Movieweb. 2008年10月18日閲覧。
  23. ^ George Lucas talks on Star Wars sequels 7, 8 & 9” (English). KillerMovies (2004年9月13日). 2008年10月18日閲覧。
  24. ^ Mr. Showbiz. “George Lucas (Star Wars: Episode I)”. Industry Central. 2008年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  25. ^ Davis, Erik (2008年5月7日). “Will Lucas Extend His Star Wars Story Beyond Return of the Jedi?”. Cinematical. 2008年10月18日閲覧。
  26. ^ Mark Hamill talks ‘Star Wars 7, 8 and 9’!” (英語). Movieweb (2004年9月10日). 2021年4月11日閲覧。
  27. ^ "George Lucas' Galactic Empire"”. タイム. 2012年9月15日閲覧。
  28. ^ The Empire Strikes Back! - TIME”. web.archive.org (2013年8月25日). 2021年4月11日閲覧。
  29. ^ Warren, Bill. “Maker of Myths”. Starlog (#237, April 1997). 
  30. ^ Kerry O'Quinn. "The George Lucas Saga Chapter 1: 'A New View'", Starlog #48, July 1981.
  31. ^ Lucas, George (1997). Star Wars: The Empire Strikes Back. Del Rey. p. i 
  32. ^ George Lucas talks on Star Wars sequels 7, 8 & 9”. Killer Movies (2004年9月13日). 2008年10月18日閲覧。
  33. ^ Schou, Solvej (2012年12月21日). “Mickey + 'Star Wars' = Disney completes Lucasfilm acquisition” (English). Entertainment Weekly. Meredith Corporation. 2012年12月22日閲覧。
  34. ^ "New Video Series: A Discussion About the Future of Star Wars", StarWars.com, October 30, 2012. Retrieved May 25, 2013.
  35. ^ エスクァイア編集部 (2017年12月15日). “ジョージ・ルーカス不在にマーク・ハミル悲しむ ―「スター・ウォーズ」シリーズ生みの親のフォース”. エスクァイア. 2018年2月18日閲覧。
  36. ^ “The Walt Disney Company To Acquire Twenty-First Century Fox, Inc., After Spinoff Of Certain Businesses, For $52.4 Billion In Stock” (プレスリリース), The Walt Disney Company, (2017年12月14日), オリジナルの2017年12月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171214141817/https://thewaltdisneycompany.com/walt-disney-company-acquire-twenty-first-century-fox-inc-spinoff-certain-businesses-52-4-billion-stock-2/ 2017年12月14日閲覧。  Additional , December 14, 2017.
  37. ^ 入倉功一「『スター・ウォーズ』またも監督降板 エピソード9からコリン・トレヴォロウ離脱」『シネマトゥデイ』株式会社シネマトゥデイ、2017年9月6日。2017年9月18日閲覧。
  38. ^ 「スター・ウォーズ」エピソード9の監督がJ.J.エイブラムスに決定」『映画ナタリー』株式会社ナターシャ、2017年9月13日。2017年9月18日閲覧。
  39. ^ a b 川井英司 (2015年8月10日). “『エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映”. T-SITE NEWS. 株式会社蔦屋書店. 2016年4月24日閲覧。
  40. ^ 大口 2009 [要ページ番号]
  41. ^ 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』3D版劇場パンフレットのジョン・ノールのインタビューより。
  42. ^ スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパⅡ開催!注目のイベントとゲスト一覧”. STAR WARS WEBLOG (2013年7月26日). 2016年4月24日閲覧。
  43. ^ 次回「スター・ウォーズ セレブレーション」は2015年4月にカリフォルニア・アナハイムで開催!”. STAR WARS WEBLOG (2013年7月28日). 2016年4月24日閲覧。
  44. ^ 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映!”. STAR WARS WEBLOG (2015年1月4日). 2016年4月24日閲覧。
  45. ^ “Disney Earnings Beat; 'Star Wars' Spinoffs Planned” (English). CNBC. (2013年2月5日). http://www.cnbc.com/id/100434935 2013年2月5日閲覧。 
  46. ^ Fischer, Russ (2015年4月19日). “‘Star Wars: Rogue One’ Details: Theft of Death Star Plans Confirmed as Plot; Plus Footage and Concept Art”. /Film. 2016年8月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。
  47. ^ 中谷直登「『スター・ウォーズ』実写TVドラマは「ザ・マンダロリアン」 ─ ジョン・ファヴローが概要明らかに」『THE RIVER』株式会社riverch、2018年10月4日。2018年10月5日閲覧。
  48. ^ 中谷直登「スター・ウォーズ実写ドラマ『ザ・マンダロリアン』初の画像公開 ─ 『マイティ・ソー バトルロイヤル』タイカ・ワイティティ監督も参加」『THE RIVER』株式会社riverch、2018年10月5日。2018年10月5日閲覧。
  49. ^ Anderton, Ethan (2020年12月10日). “Lucasfilm Announces ‘The Mandalorian’ Spin-Offs ‘Ahsoka’ and ‘Rangers of the New Republic’”. /Film. 2020年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  50. ^ Gartenberg, Chaim (2020年12月10日). “Disney Plus is getting two new Mandalorian spinoffs: Rangers of the New Republic and Ahsoka”. The Verge. 2020年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  51. ^ Andreeva, Nellie (2020年11月5日). “'The Mandalorian' Eyes Season 3 Production Start As Spinoff, Casting & Boba Fett Buzz Heats Up”. Deadline Hollywood. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  52. ^ Hibberd, Jame (2020年12月10日). “Rogue One prequel series gets title: Andor”. Entertainment Weekly. 2020年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  53. ^ Drew, Tom (2020年4月6日). “Obi-Wan Kenobi Show Given 2022 Release, Cassian Andor Series Still Set To Debut Next Year”. The Direct. 2020年4月25日閲覧。
  54. ^ ‘Star Wars’ Series From ‘Russian Doll’ Co-Creator Leslye Headland in the Works at Disney Plus (EXCLUSIVE)”. Variety (2020年4月22日). 2020年4月22日閲覧。
  55. ^ Star Wars (1977)”. Box Office Mojo. 2020年1月17日閲覧。
  56. ^ The Empire Strikes Back (1980)”. Box Office Mojo. 2020年1月4日閲覧。
  57. ^ Return of the Jedi (1983)”. Box Office Mojo. 2020年1月4日閲覧。
  58. ^ Star Wars: Episode I - The Phantom Menace (1999)”. Box Office Mojo. 2020年2月13日閲覧。
  59. ^ Star Wars: Episode II - Attack of the Clones (2002)”. Box Office Mojo. 2020年1月4日閲覧。
  60. ^ Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith (2005)”. Box Office Mojo. 2020年1月4日閲覧。
  61. ^ Star Wars: The Force Awakens (2015)”. Box Office Mojo. 2019年6月6日閲覧。
  62. ^ Star Wars: The Last Jedi (2017)”. Box Office Mojo. 2019年6月6日閲覧。
  63. ^ Star Wars: The Rise of Skywalker”. Box Office Mojo. 2020年3月20日閲覧。
  64. ^ Star Wars: The Clone Wars (2008)”. Box Office Mojo. 2019年6月6日閲覧。
  65. ^ FilmL.A. (May 23, 2017). “2016 Feature Film Study”. FilmL.A. Feature Film Study: 22. July 31, 2017時点におけるアーカイブ。. エラー: |archivedate=を指定した場合、|archiveurl=の指定が必要です。. https://www.filmla.com/wp-content/uploads/2017/05/2016_film_study_WEB.pdf 2018年11月22日閲覧。. 
  66. ^ Christian Sylt (2018年6月4日). “Disney Recoups A Quarter Of $4 Billion Star Wars Purchase Price”. Forbes. 2018年6月13日閲覧。
  67. ^ Anthony D'Alessandro (2018年10月26日). “'Star Wars' Boba Fett Movie No Longer In Development; Lucasfilm Focusing On 'The Mandalorian' Streaming Series”. Deadline. 2018年10月27日閲覧。
  68. ^ Franchise Index”. Box Office Mojo. 2019年6月6日閲覧。
  69. ^ Star Wars Movies at the Box Office”. Box Office Mojo. 2019年6月6日閲覧。
  70. ^ a b c d Star Wars at Cinemascore”. CinemaScore. 2019年12月21日閲覧。
  71. ^ Star Wars: Episode IV - A New Hope (1977)”. Rotten Tomatoes. 2020年3月2日閲覧。
  72. ^ Star Wars: Episode IV - A New Hope”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  73. ^ Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back (1980)”. Rotten Tomatoes. 2019年6月6日閲覧。
  74. ^ Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  75. ^ Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi (1983)”. Rotten Tomatoes. 2019年6月6日閲覧。
  76. ^ Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  77. ^ Star Wars: Episode I - The Phantom Menace (1999)”. Rotten Tomatoes. 2020年3月2日閲覧。
  78. ^ Star Wars: Episode I - The Phantom Menace”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  79. ^ Star Wars: Episode II - Attack of the Clones (2002)”. Rotten Tomatoes. 2020年3月2日閲覧。
  80. ^ Star Wars: Episode II - Attack of the Clones”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  81. ^ Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith (2005)”. Rotten Tomatoes. 2020年3月2日閲覧。
  82. ^ Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  83. ^ Star Wars: Episode VII - The Force Awakens (2015)”. Rotten Tomatoes. 2019年12月18日閲覧。
  84. ^ Star Wars: Episode VII - The Force Awakens”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  85. ^ Star Wars: The Last Jedi (2017)”. Rotten Tomatoes. 2019年12月18日閲覧。
  86. ^ Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  87. ^ Star Wars: The Rise of Skywalker (2019)”. Rotten Tomatoes. 2020年3月23日閲覧。
  88. ^ Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker Reviews”. Metacritic. 2019年12月21日閲覧。
  89. ^ Star Wars: The Clone Wars (2008)”. Rotten Tomatoes. 2019年6月6日閲覧。
  90. ^ Star Wars: The Clone Wars”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  91. ^ Rogue One: A Star Wars Story (2016)”. Rotten Tomatoes. 2019年12月18日閲覧。
  92. ^ Rogue One: A Star Wars Story”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  93. ^ Solo: A Star Wars Story (2018)”. Rotten Tomatoes. 2019年12月18日閲覧。
  94. ^ Solo: A Star Wars Story”. Metacritic. 2019年6月6日閲覧。
  95. ^ Star Wars: Holiday Special (1978)”. Rotten Tomatoes. 2020年1月23日閲覧。
  96. ^ The Ewok Adventure (1984)”. Rotten Tomatoes. 2019年12月18日閲覧。
  97. ^ Ewoks: The Battle for Endor (1985)”. Rotten Tomatoes. 2020年5月21日閲覧。
  98. ^ The 53rd Academy Awards | 1981” (英語). Oscars.org | Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2021年8月20日閲覧。
  99. ^ The 56th Academy Awards | 1984” (英語). Oscars.org | Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2021年8月20日閲覧。
  100. ^ The 50th Academy Awards | 1978” (英語). Oscars.org | Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2021年8月20日閲覧。
  101. ^ Academy Awards Acceptance Speeches - Search Results | Margaret Herrick Library | Academy of Motion Picture Arts & Sciences”. aaspeechesdb.oscars.org. 2021年8月20日閲覧。
  102. ^ a b c d 『ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION STAR WARS』 2015
  103. ^ 「スター・ウォーズ」EP4&5をつなぐアメコミ「スカイウォーカーの衝撃」発売」『映画ナタリー』株式会社ナターシャ、2015年12月3日。2020年7月4日閲覧。
  104. ^ 稲垣貴俊「『スター・ウォーズ』非正史のキャラクター、正史作品へ続々カムバック!ルーカスフィルムのスタッフが明言」『THE RIVER』株式会社riverch、2018年1月30日。2018年2月1日閲覧。
  105. ^ YOUR STAR WARS MEMORY”. スター・ウォーズ. ウォルト・ディズニー・ジャパン (2017年5月25日). 2017年7月13日閲覧。

参考文献

関連項目

外部リンク