メインメニューを開く

ビッグサンダー・マウンテンBig Thunder Mountain RailroadBig Thunder Mountain)とは、世界のディズニーパークにあるローラーコースタータイプのアトラクションである。

アメリカ合衆国アリゾナ州セドナにある「サンダーマウンテン」を外観上のモデルに、ゴールドラッシュに湧いたカリフォルニア州の岩山を設定上のモチーフとして、ゴールドラッシュが過ぎた1880年代の廃鉱を暴走する鉱山列車に乗車するストーリーとなっている。ウォルト・ディズニー・イマジニアリングに勤めたトニー・バクスターが、青年時代にクルミの木で作ったおもちゃの迷路がこのアトラクションの原案となった。

ビッグサンダー・マウンテンがあるパーク編集

ストーリー編集

舞台はカリフォルニア州。1848年ごろのゴールドラッシュのあおりで、開拓者たちは金塊を求めて赤茶けた岩山の「ビックサンダー・マウンテン」で採掘を始めた。先住民たちは、「ビックサンダー・マウンテンは精霊や神々が住む山であり、昔から超自然的な力が存在するため、うかつに掘り続ければ災いが起こる」とたびたび警告をしていたが、開拓者たちは警告を無視して掘り続け、ついには鉱山会社「ビッグサンダー・マイニングカンパニー (Big Thunder Mining Company) 」を設立し、さらに企業的な採掘を始める。ところが、そのうちに鉱山では謎の事故が多発、そして機関士がいないのに鉱山列車が暴走しているという噂が立つほどになった。それ以来ビッグサンダー・マウンテンは、勇敢な開拓者ではないと入るのが難しいくらい危険な鉱山となっている。ゲストたちは、ビッグサンダー・マイニングカンパニーの事務所から列車に乗り込む。

各施設紹介編集

ディズニーランド編集

ビッグサンダー・マウンテン鉄道
Big Thunder Mountain Railroad
オープン日 1979年
スポンサー なし
定員 30人/1編成(5両)
利用制限   身長102cm以上
ファストパス  
シングルライダー   対象外

8つのテーマランドのうちフロンティアランドに存在する。世界のディズニーパークで初めてオープンしたビッグサンダー・マウンテンである。最高速度は約45km/h。他のパークのものと大きく異なり、乗り場には屋根がない。また、コースも左右対称の造りになっている。コースの脇にはディズニーランド版の舞台設定である「レインボーリッジ (Rainbow Ridge) 」の街並みも作られている。

2013年1月から2014年3月にかけて、初めて大規模な改修工事が行われた。レールと車両の交換の上に、三度目の巻き上げでプロジェクションマッピングによる演出が追加された。中はダイナマイトによる爆破の採掘現場になっており、パリにもリニューアルの際にこれらと同一の演出が追加されている。

マジック・キングダム編集

ビッグサンダー・マウンテン鉄道
Big Thunder Mountain Railroad
オープン日 1980年11月15日
スポンサー なし
定員 30人/1編成(5両)
利用制限   身長102cm以上
ファストパス  
シングルライダー   対象外

6つのテーマランドのうちフロンティアランドに存在する。マジック・キングダムではスプラッシュ・マウンテンもフロンティアランドに位置するため、二つのアトラクションが隣り合っている。ディズニーランドのものに比べて最高速度が上がっており、約58km/hである。

マジック・キングダム版の舞台は「タンブルウィード (Tumbleweed) 」の街で災いによって大洪水が起こり街が衰退してしまった設定で、コース脇にあるタンブルウィードの街並みも水びたしの状態で作られている。また2013年のリニューアルからストーリーが拡張され、洪水が起きた後に「バーナバス・T・ブリオン (Barnabas T. Bullion) 」という実業家がビックサンダー・マイニング・カンパニーを設立した展開になっている。ブリオンは「S.E.A.」という組織のメンバーの設定で、アトラクション待機列には同じくS.E.A.メンバーの「ジェイソン・チャンドラー」がブリオンに採掘の中止を勧める文面の手紙がプロップとして飾られている。

東京ディズニーランド編集

ビッグサンダー・マウンテン
オープン日 1987年7月4日
スポンサー 第一生命
所要時間 約4分
定員 30名/1編成
利用制限   身長102cm以上
ファストパス  
シングルライダー  

7つのテーマランドのうちウエスタンランドに位置しており、1987年7月4日にオープンした。総工事費用は当時の価格で約80億円。最高速度は40km/hであり、4つのパークのバージョンの中で最も遅い。発進時の推進・加速及び到着時の減速用にリニアモーターが使用されている。これは雨天時にも減速・停止を確実に行うために採用されている。発車前と乗車終了間際の日本語アナウンスは富田耕生が担当している。映画『西部開拓史』を元にしている。[要出典]

2000年7月24日、東京ディズニーランドで最初にディズニー・ファストパスが導入された。当初ファストパス発券所はアトラクションの入り口左側に存在しており、計6台が設置されていた。また、他のアトラクションに設置されているファストパス発券所の英語表記は「FASTPASS TICKETING」と書かれているが、このアトラクションのみ「FASTPASS Distribution」と書かれていた。2014年1月29日~2014年2月13日のメンテナンスで入り口右側に移動し、英語表記も他のアトラクション同様「FASTPASS TICKETING」となった。2008年前半にはライド乗り場にホームゲートが設置された。

クリッターカントリーの「スプラッシュ・マウンテン」、トゥモローランドの「スペース・マウンテン」と合わせて3大マウンテンと呼ばれる。

スペック編集

  • コース全長:1000メートル
  • 総面積:10000平方メートル
  • 最高部高度:14メートル
  • 山の高さ:33メートル

ディズニーランド・パリ編集

ビッグサンダー・マウンテン
Big Thunder Mountain
オープン日 1992年4月12日(ユーロ・ディズニーランド(当時)と同時にオープン)
スポンサー なし
所要時間 約3分56秒
定員 30人/1編成(5両)
利用制限   身長102cm以上
ファストパス  
シングルライダー   対象外

5つのテーマランドのうちフロンティアランドに存在する。パリ版は他のパーク版と違い「Rivers of the Far West」(他のディズニーランドのアメリカ河に相当)の内側の島に鉱山部分があり乗り場は「河」の外側にあるため、乗車直後と降車直前に地下トンネルを下降して対岸に渡る構造となっている。全長約1500m、最高速度約65km/hと、世界のパークにあるものの中では最長・最速で急降下の回数が若干多い。

パリ版はマジック・キングダム版を含めた他パーク版とは設定が大きく異なり、パリ版フロンティアランド全体の舞台であるアメリカ西部の街「サンダーメサ (Thunder Mesa) 」で「ヘンリー・レイブンスォード卿 (Henry Ravenswood) 」がビッグサンダー・マウンテンに金鉱山を発見し、羽ばたきで大地を揺らす山の精霊「サンダーバード」の怒りを恐れる先住民の警告をよそにレイブンスォードが設立した鉱山開発会社「サンダー・メサ・マイニング・カンパニー」によって街が発展するも、巨大地震によって街は壊滅し鉱山も廃鉱となったというストーリーになっている。

2015年11月2日から約11か月間の大規模改修を経て、2016年12月17日にリニューアルオープン。リニューアル後はアナハイムのディズニーランドと同様に、コース終盤の鉱山内をゆっくりと登るシーンにダイナマイトの爆発する演出等が追加されたほか、「Rivers of the Far West」も再塗装等が行われた。またリニューアルオープン日には、サンダーメサエリアにてリニューアルオープニングセレモニーが開催された。

2011年4月25日、アトラクション内の演出の一部である木とガラス繊維でできた岩の模型が落下し、フランス人男性1名が重症・女性4名が軽傷を負う事故が発生し、一時期運営が見合わされた[1]

トリビア編集

  • 東京ディズニーランドのアトラクションのエントランス横にはトラクションエンジンの蒸気トラクターが置いてあるが、これは1898年製の実物であり、世界で数台しか現存していない。元々このトラクターはディズニーランドのビッグサンダー・マウンテンに設置される予定で、元の持ち主にイマジニア達は交渉したが拒否された。しかし、東京ディズニーランドのビッグサンダー・マウンテンがオープンする際に再度交渉したところ、その持ち主の妻が「トラクターより旅行に行きたい」と言った為、その持ち主はトラクターを譲った。イマジニアはトラクターを手に入れ、現在は東京ディズニーランドに置かれている。
  • 一際高くそびえる岩山の名をメインビュートという。ビュートとはアメリカ西部でよく見られる地形の名である。
  • ウエスタンリバー鉄道の終盤、トンネルに入る直前のトリケラトプスの化石の側の木箱に、ビッグサンダー・マウンテンの原案者のイマジニア、トニー・バクスターの名が書かれている。
  • ビッグサンダー・マイニングカンパニーが出来る前、「金が出た」と有名になったビッグサンダー・マウンテンには、訪れた採掘者に商売していた会社があったという設定で、その際の道具は、乗り場までの道のりで確認できる。また、案内板や業績などの看板、その事故を報道する新聞もかけられている。
  • コース内にはアメリカ西部に生息する様々な動物のオーディオアニマトロニクスや模型があり、オポッサムコヨーテビッグホーンシープコウモリガラガラヘビが確認できる。
  • メインビュートに入った後の巻上げの途中にキラキラ光るものがあるが、これは金の鉱脈を表現している。
  • ビッグサンダー・マウンテン(Big Thunder Mountain)の略称は「BTM」である。
  • 東京版ビッグサンダー・マウンテンは、2011年3月12日 - 同年4月28日まで、東日本大震災の影響でアトラクション内の岩肌が削れてしまったため、緊急メンテナンスを行っていた。[独自研究?]
  • ディズニーランド・リゾート・パリにあるローラーコースター型アトラクションは総じて遥かに高速で急降下急旋回するため、パリ版ビッグサンダー・マウンテンは、相対的には初心者に向いていると言うことができる。最も高い位置に上ると、下降を開始するまでのしばしの間、対岸にあるファントム・マナーをはじめフロンティアランドの美しい景観を楽しむことができる。[独自研究?]

脚注編集

関連項目編集