メインメニューを開く

スマランインドネシア語Kota Semarang)は、インドネシア中部ジャワ州の州都である。 人口約164万人(2016年)。 インドネシアの五大都市の一つとされる。(他は、ジャカルタスラバヤメダンバンドン

スマラン
Kota Semarang
インドネシアの旗
Semarang Montage.jpg
スマランの市章
市章
位置
の位置図
位置
スマランの位置(インドネシア内)
スマラン
スマラン (インドネシア)
スマランの位置(ジャワ島内)
スマラン
スマラン (ジャワ島)
座標 : 南緯6度58分0秒 東経110度25分0秒 / 南緯6.96667度 東経110.41667度 / -6.96667; 110.41667
行政
 インドネシア
  中部ジャワ州
 市 スマラン
地理
面積  
  市域 373.67 km2 (144.3 mi2)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 1,555,984人
その他
等時帯 インドネシア時間(WIB) (UTC+7)
市外局番 024
公式ウェブサイト : http://semarang.go.id/

セマランとも表記される。

歴史編集

インフラ編集

空港編集

アフマド・ヤニ国際空港

道路編集

東西方向に、スラバヤからジャカルタへ至る国道(北ジャワ回廊)が、南方にジョグジャカルタへ至る国道が延びている。市内中心部には、これら道路を結ぶ環状の有料高速道路が存在する。1970 年代、インドネシア共和国・公共事業省によりスマラン市を含む地域全体の経済の活性化を目的にスマラン環状有料道路の計画が進められ、以後順次ジョグジャカルタへ路線を延ばしていった[1]

鉄道編集

1864年にジャワ島で初めて鉄道区間として着工、1867年8月にスマラン - タングン間約25kmで運行を開始した。この時は標準軌(1435mm)で敷設を行ったが、その後の延長工事で建設費が膨大になる事が分かり、途中から狭軌(1067mm)に軌間を変更され、初期開通区間も狭軌に改軌された。 ジャカルタコタ駅 - チルボン - スマラン・タワン駅 - スラバヤを結ぶ北幹線とも呼ばれる幹線と、スマランから東のブルンブン駅から南下するSolo(スラカルタ)へ向かうジャワ島最初の路線のジャンクションとなっている[2]

電力編集

スマラン港最東端の産業地域にスマラン発電所がある。総出力300MWの重油火力発電所で、運転開始は1・2号機が1978年、3号機が1983年である。変電所を経由してジャワ島の東西を結ぶ500kVの基幹送電線に接続しており、ジャワ・バリ系統(発電設備容量 18,448MW:2002 年度実績)の東西間の電圧調整を担う発電所として、重要な役割を担っている。タービンなど主要設備の老朽化が進み、使用燃料を重油から天然ガスに転換することが検討されている[3]。 運転はインドネシアパワー社(PT. Indonesia Power)が行う[4]

編集

タンジュン・エマス港はジャワ島の中心に位置する中部ジャワ州最大の港。 インドネシア最大の港で日本企業などが多く使用するジャカルタのタンジュン・プリオク港が能力の限界に達しているため、代替港として色彩が強い。港湾面積や水深の拡張工事を進めている[5]

工業団地編集

チャンディ工業団地、BSBシティ工業団地が存在するが、日系工業団地はなく現地サポート体制が課題となる。また企業移転が活発になっている影響で分譲価格が上昇している。またいずれも満杯状態であり用地の準備が追いついていない [6]。 スマランに本拠を置く地場民間のムガン・グループ(Mugan Group)という企業グループがサユン総合エコ工業団地が建設中である[7]

スマランに本社を置く現地大手企業としては、シド・ムンチュルが挙げられる。1951年創業のジャムウと呼ばれる先住民の伝承医学の薬草の製造最大手で2013年IPOを果たしている[8]

日本との関係編集

市内を流れるガラン川一帯は、地下水のくみ上げに伴う地盤沈下により洪水が起こりやすい状況になっている。2006年に調印された日本の円借款プロジェクト「スマラン統合水資源開発計画」の一環として、放水路の建設と現河川の拡幅、親水公園の設置が進められている[9]

スマランには20社以上の日系企業が進出していることから物流拠点として2018年1月30日、日本通運の現地法人、NEXロジスティクスインドネシア株式会社は、「スマランロジスティクスセンター」を開設した。

姉妹都市編集

出典編集

外部リンク編集