メインメニューを開く

ダナン

ベトナムの都市

座標: 北緯16度04分 東経108度14分 / 北緯16.067度 東経108.233度 / 16.067; 108.233

ダナン市(ダナンし、ベトナム語: Thành phố Đà Nẵng / 城舗沱㶞 [ɗâː nǎˀŋ] ( 音声ファイル): Da Nang City)は、ベトナム中部の中央直轄市。ベトナムの主要な港湾都市である。行政的には6区2県に分かれる。仏領インドシナ時代にはトゥーラン (Tourane) と呼ばれ、中国語では峴港と呼ばれる。

ダナン市
Thành phố Đà Nẵng
城舗沱㶞
上: ミーケービーチ 中左上: バナヒルズロープウェイ 中左下: 五行山 中右: ダナンNovotelホテル、下: ハン川橋
上: ミーケービーチ
中左上: バナヒルズロープウェイ
中左下: 五行山
中右: ダナンNovotelホテル、下: ハン川橋
ダナン市の位置
地理
省都 Hải Châu
地方 中南沿海
面積 1,283 km²
下位区分 6 区 2 県
統計
人口
人口密度
1,215,000 人(2018年)
945 人/km²
民族 キン族, ホア族, カトゥ族, 岱人
その他
市外局番 236 (2017年6月まで 511)
郵便番号 59
ナンバープレート 43
ISO 3166-2 VN-60
公式Webサイト http://www.danang.gov.vn/

目次

地名の由来編集

 
アレクサンドル・ドゥ・ロードによるベトナムの地図(地図の中央左側に"Cua han"という地名が上下逆で書いてある)

現在の地名である「ダナン」は、チャム語da nak (大河の河口という意味)が語源であるとベトナム人に広く認識されている[1][2]。他にも、チャンパ王国の専門家のPhú Trạmによるチャム語のdaknan (大河)とする説や、Văn Mónによるラグライ族danang (源流)とする説がある[3]。 以前はチュアハン(Cửa Hàn) (ハン川の河口)と呼ばれており、フランス統治時代のトゥーランという名称はこれが訛ったものが語源と言われている[4]アレクサンドル・ドゥ・ロードが1650年に発行した地図には、既にCua hanという記載が見て取れる。 また、17世紀にはケアンKẻ Hàn (ハン市場)という別名がハイヴァン峠の麓を指す言葉として使われた[1]

歴史編集

古代編集

 
ダナン近郊にある五行山

街の起源は、西暦192年の古代チャンパ王国に遡る。 チャンパ王国の最盛期には、フエからブンタウまでが勢力圏であった。 インドラピュタ(現在のクアンナム省ユーンドン)は西暦875年から1000年頃までチャンパ王国の首都であった。 そして、現在のダナンの地域にはシムハピュラ(ライオンの街の意味)の街があり、それが考古学遺跡のチャ キウと世界遺産ミーソン聖域になったとされる[5]

10世紀後半の西暦982年には、インドラピュタの王はハノイ周辺[6]の王国大越と争う様になり、大越の王「黎桓」により侵略され西暦1000年頃に滅びた[7]

大越によるチャンパ王国の侵略は11世紀後半まで続き、チャンパ王国は李朝に北部の3つの領地を差し出す事になった。 ほどなくして、ベトナムの農民は旧チャンパ王国の荒れ地を水田に開墾しながら、沿岸部の狭い平野を南へと進む事になった。この大越の南進は数世紀続き、15世紀の終わりには、旧チャンパ王国の大部分の領地を併合していった。

独立王朝時代編集

 
17世紀の茶屋新六による交趾国渡航図巻に描かれたダナン

16世紀には広南政権の首府フエの外港ホイアンでは南蛮貿易が行なわれていたが、ダナンは小漁村に過ぎなかった。

18世紀になるとトゥボン川英語版の河口にあるホイアン港が上流から運ばれたの堆積によって、次第に使用できなくなったため、ハン川の河口にあるダナン港英語版が成長し始めた。1835年阮朝明命帝は全ての欧州船にダナンに入港するよう勅令を発したため、ダナンがベトナム中部最大の港となった。

フランス領インドシナ時代編集

 
トゥーランの地図(1859年)
 
フランス軍による侵略(1858年)

1847年4月15日、フランス人宣教師が迫害されているとの一方的な理由でフランスの交易船がダナンを砲撃したダナンの戦い英語版が発生。1858年9月、ナポレオン3世の命令によりフランス・スペイン連合艦隊がダナンに進行し、コーチシナ戦争英語版1858年-1862年)が勃発。ベトナムの多数の領地がサイゴン条約によりフランスにより奪われた後、トンキン戦争英語版1883年6月 - 1886年4月)を経て、1887年10月、フランス領インドシナ連邦が成立した。1889年、フランスのインドシナ総督府はダナン市をクアンナム省から切り離し、トゥーランと命名して、ハノイサイゴンハイフォンフエと並ぶ5大総督直轄地の一つとした。

20世紀始めのトゥーランはインフラが整備されて、食品加工業や造船業が発達し、ハイフォンやサイゴンと並んでベトナムの主要貿易港となった。

ベトナム共和国時代編集

1965年3月、ベトナム戦争の際には、朝鮮戦争以来のアメリカ海兵隊が上陸して、現在のダナン国際空港の場所に大規模な米軍基地を建設し、1967年には中央直轄市となった。1968年旧正月南ベトナム解放民族戦線がダナン駐留米軍に大攻勢をかけたテト攻勢ベトナム戦争の激戦の一つである。

現在編集

ベトナム戦争後、ベトナム民主共和国のダナン市はクアンナム省と合併して「クアンナム=ダナン省」となった。 ダナン市には、空港・港湾・倉庫・銀行・工場などが次々に建設され、大規模な産業都市に発展する。 1996年7月6日には再びクアンナム省から分離して中央直轄市となり、現在に至る。

地理編集

ダナンはハノイの南759km、ホーチミンの北960kmに位置するベトナム中部で最大の都市で、西側を山に囲まれ、東側は南シナ海に面している。 ダナン市の境界は北はトゥアティエン=フエ省(ハイヴァン峠)、南西はクアンナム省、東は南シナ海からなる[8]

地形編集

ダナンは地質学的には古生代褶曲地形で、石炭紀前期に出来たチュオンソン造山帯として知られる[9]。 地形的には険しい700-1,500メートルのアンナン山脈が北から北西に伸び、海岸部は白い砂浜と塩分を含んだ土地が南から東に広がっている[10]

気候編集

ダナンは熱帯モンスーン気候に属し、9月から3月が台風シーズンと雨季、4月から8月が乾季の2つの季節に大きく分かれる。 気温は高く年間平均気温は25.9℃。年間の平均湿度は81%、平均降水量は1,505mm、年間の日照時間は2,156時間である。

ダナン市の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 32
(90)
35
(95)
37
(99)
41
(106)
39
(102)
38
(100)
38
(100)
38
(100)
37
(99)
36
(97)
35
(95)
32
(90)
41
(106)
平均最高気温 °C (°F) 24.8
(76.6)
26.1
(79)
28.7
(83.7)
31.0
(87.8)
33.4
(92.1)
33.9
(93)
34.3
(93.7)
33.9
(93)
31.5
(88.7)
29.6
(85.3)
27.0
(80.6)
24.9
(76.8)
29.93
(85.86)
日平均気温 °C (°F) 21.7
(71.1)
23.0
(73.4)
25.1
(77.2)
27.2
(81)
29.2
(84.6)
29.7
(85.5)
29.8
(85.6)
29.7
(85.5)
27.8
(82)
26.4
(79.5)
24.3
(75.7)
22.1
(71.8)
26.33
(79.41)
平均最低気温 °C (°F) 18.5
(65.3)
19.8
(67.6)
21.5
(70.7)
23.3
(73.9)
24.9
(76.8)
25.5
(77.9)
25.3
(77.5)
25.5
(77.9)
24.1
(75.4)
23.2
(73.8)
21.6
(70.9)
19.3
(66.7)
22.71
(72.87)
最低気温記録 °C (°F) 8
(46)
7
(45)
11
(52)
7
(45)
18
(64)
20
(68)
17
(63)
21
(70)
21
(70)
12
(54)
7
(45)
11
(52)
7
(45)
降水量 mm (inch) 96.2
(3.787)
33.0
(1.299)
22.4
(0.882)
26.9
(1.059)
62.6
(2.465)
87.1
(3.429)
85.6
(3.37)
103.0
(4.055)
349.7
(13.768)
612.8
(24.126)
366.2
(14.417)
199.0
(7.835)
2,044.5
(80.492)
平均降水日数 13.7 6.9 4.8 5.6 8.9 8.0 8.6 11.4 15.4 21.2 20.9 18.6 144
湿度 83 83 83 82 78 75 74 76 81 84 84 84 80.6
平均月間日照時間 136.4 144.1 105.4 207.0 257.3 237.0 257.3 207.7 174.0 145.7 120.0 116.6 2,108.5
出典 1: 世界気象機関 (国連)[11]
出典 2: Weatherbase (record highs, lows, and humidity) [12]

自然災害編集

 
平成21年台風第16号による広範囲の洪水に襲われたダナンの様子

ダナンは南シナ海を通る台風の影響を受けやすく、2006年には台風15号がフエ付近に上陸した。ダナンでは26名が亡くなり、家屋や森林、電柱が倒壊し、主要道路で洪水が発生した[13][14]。 ダナン市当局の試算では、5,000戸の住宅が流され、166,000戸が損壊、19隻の船が沈むなど、2億ドルの被害があったとされる[15]

3年後の2009年には台風16号がダナンの30km南に上陸し、再び広範囲の洪水を引き起こした。 ダナンでは8人が亡くなり、96名が負傷し、2,500万ドルの被害があった[16][17]

大規模な津波を引き起こした2011年の東日本大震災の直後には、市内の10箇所の津波警戒ステーションの設置が承認され、警戒ステーションが津波発生の少なくとも30分前には警報を発令する体制を整えている。これはベトナムでは初めての事であった。ベトナム気象庁地震津波警報センター長のル・ホイ・ミンによると、マグニチュード8以上の大地震がフィリピン北部で発生した場合、ベトナム全土の海岸、特にダナン付近で深刻な津波被害をもたらす可能性があるとしている[18]

人口統計編集

ダナンはベトナムで5番目に人口が多い都市で、2011年現在、面積は1,255.53km2、人口は951,700人で[19]、人口に占める女性の比率は50.7%である[20]

人口増加

ダナンの人口は2005年から2011年に毎年2.5%-3.0%ずつ増加しており、国全体の平均人口増加率1.0-1.2%を大幅に上回っている。 2010年には一時的に3.6%まで増加し、2011年には2.68%で落ち着いている。これは南部工業都市のビンズオン省(4.41%)、ドンナイ省(3.5%)に次いで、ベトナムで3番目に高い人口増加率である[19]

ダナンの自然人口増加率は、国平均をわずかに上回る程度である。2011年の出生率は1000人当り18人で、 死亡率は1000人当り6.7人だった。平均寿命は2009年の国勢調査で女性が77.4歳、男性が72.4歳。乳児死亡率は、出生数は1,000人当り9.9人で、ベトナム都市部の平均より、2ポイント弱高かった[19]

都市化

ダナンはベトナムで最も都市化が進んでおり、わずか11社しかない(これはベトナムの省で最も少ない)[21]。 2009年現在、ダナン人口の86.9%が都市部に住んでおり、都市部の人口増加率は3.5%である[20]

政治編集

行政区画編集

ダナンの行政区画 (2018年)
行政区名 下位行政区 面積 (km2) 人口 (人)[22] 人口密度(人/km2)[22]
カムレ区Cẩm Lệ / 錦荔 6 坊 33.3 143,632 3990
ハイチャウ区Hải Châu / 海洲 13 坊 24.1 221,324 9623
ホアヴァン県Hòa Vang / 和榮 11社 737.5 185,223 262
リエンチェウ区Liên Chiểu / 蓮沼 5 坊 83.1 170,153 2309
グーハインソン区Ngũ Hành Sơn / 五行山 4 坊 36.5 115,872 2897
ソンチャー区Sơn Trà / 山茶 7 坊 60.8 173,455 2891
タインケー区Thanh Khê / 清溪 10 坊 9.3 205,341 21.615
ホアンサ県Hoàng Sa / 黃沙):中華人民共和国と領有権係争中 305 0 0
合計 45坊, 11社 1479.1 1,215,000 945

経済編集

 
多数のIT企業が入るダナンソフトウェアパークビル

ダナンはベトナム中部の産業の中心であり、2007年の人口一人当たりのGDPは、ホーチミン、ハノイ、ビンズオン省ドンナイ省に次いで5位であり、1900万ドンであった。2009年にはさらに2730万ドンにまで増加した[23]

ダナンはベトナム省間の競争力指数ランキングをリードしており、整備されたインフラ、良質な労働トレーニング、商取引の透明性、省の革新的なリーダーシップ、安い初期投資コストなどの要因により、2008年-2010年には3年連続でビンズオン省に次いで2位であった[24]

ダナンの輸出入額 (2007年)
輸出額 (百万米ドル)[25] 輸入額 (百万米ドル)[25]
合計 469.6 合計 522.1
繊維 139.8 機械・設備 237.2
水産物 75.2 衣料素材 77
工芸品 51.6 鉄鋼 41.6
コーヒー 47.6 医薬品 24.9
履物 17.7 化学肥料 22.5
8 バイク 0.45

農業、林業、漁業編集

ダナンは大都市であるにも関わらず、2007年現在37,800人が農業、林業、漁業に従事し、45,000トンの米と41,000トン の魚を生産している[25]。しかしながら、ダナン地区の雇用は2000年代には明確にマイナス傾向にあり、総生産は2000年代後半に減少している[23][25]。ダナンは農地が不足しており(2007年現在9,200ha)、海に面した土地である事を考えると、農業よりも漁業がより経済に貢献していると言える[25]

産業編集

ダナンの産業は多様化しており、、機械、電子、化学、造船[26]に加えて、水産物、繊維、衣料、レンガ、肥料、セメント、石鹸、製紙、医薬品などが近年盛んであり、さらに多様化が進むと予測されている[25]エアバス・グループはダナンに航空産業に特化した工業団地を計画している[27]

2007年現在、ダナンの産業の大半は国営化されており、総生産の57%を占めるが、2000年からほぼ同じ割合で推移している[25]。興味深い事に、国営産業の80%以上はハノイ本部からの中央直轄となっている[25]。総生産の残り半分は外資系企業によるもので、国内の民間企業は依然として小規模で、国営企業に比べてシェアを伸ばすことが出来ていない。 2000年-2007年にかけて、産業は年間平均14.8%成長し、経済発展の原動力になっている。しかしながら、経済成長率は南中部海岸ではカインホア省に次いで2番目に低い。雇用率は平均5.75%の成長で、2007年には118,900人が就労している[28]

市場編集

 
ハン市場の様子

ハン市場はダナンのメインマーケットで、ハン川の西側の繁華街のトランフー通りとバクダン通りの間に歴史的にも古くからある。ハン市場はサイゴンのベンタイン市場と同様に、衣服、シルク、宝石、花、コーヒー、紅茶、ワイン、蛇酒、ドライフルーツ、魚、などの様々な商品が複数の商店によって売られている。

開発編集

ダナンではビーチ沿いのハイアットリージェンシーダナンリゾート&スパ、五行山のオーシャンヴィラマリオットホテルを初めとしてたくさんの施設が建設中である[29]。 他の大規模な開発プロジェクトとしては、ダナン市の北の海岸に造成中の干拓地にダフオック国際ニュータウンが建設中である。これはベトナム中部では初めての干拓プロジェクトである。ダフオックのプロジェクトはホテルや33階建てのホテルや60階建てのオフィス、小規模なリゾート、ゴルフコース、マリーナ、別荘やインターナショナルスクールなどを含んでいる[30][31]

文化編集

観光編集

 
五行山の洞窟へ続く門
 
バナヒルズのロープウェー
 
ロン橋(ドラゴン橋)
 
ダナン花火大会(2013年)
  • ミーソン聖域(世界遺産) - クアンナム省にある1000年以上前の古代チャンパ王国の聖なる遺跡で、かつては70以上の寺院があった。1960年代のベトナム戦争でほとんどが破壊されたが、一部が残っており、1999年にユネスコの世界遺産に登録された。発掘された多くの彫刻、石像はドラゴン橋近くのチャム彫刻博物館に展示されている。
  • ソンチャ山 - ダナンの中心部からわずか数キロ北東のソンチャ半島にあり、海を見下ろせる立地から多くのリゾートホテルがあり、大きな観音像があるリンウン寺が信仰を集めている[32]
  • ロン橋(ドラゴン橋) - ロン橋(ロン = 龍)は、龍の形のデザインが特徴的で、龍の頭から火を噴いたり放水したりする週末夜には観光客が多く訪れる
  • DHCマリーナ - ロン橋の東側、シンガポールマーライオンに似た「鯉の滝登り像」があり、「愛の桟橋」からはロン橋、ハン川橋とハン川沿いの夜景が見渡せる事から多くの人で賑わっている

ハン川の東側はビーチリゾートが並び、西側にはダナン市庁舎、ダナン博物館があり、高級ホテル、レストラン、カフェが並ぶ。 ハン市場とコン市場が市内の二大マーケットであり、どちらもダナン大聖堂の近くにある。

料理編集

中部ベトナム料理の中でもとりわけダナンの料理はベトナム全土で広く知られており、国際的にも知名度が向上している。 有名なダナン料理は

  • コム・ガー (鶏だしで炊いたご飯の上にフライドチキンが乗った料理)
  • ミー・クアン (きしめんや稲庭うどんに似た幅広の汁無し麺)
  • ブン・チャー・カー (さつま揚げが乗った汁麺)
  • ブン・マム (魚の発行調味料を使った汁麺)
  • バイン・チャン・クオン・ティット・ヘオ (蒸した豚肉とたっぷりの野菜をライスペーパーで巻いて食べる)
  • カン・ガ・チェン・マム (ヌックマムソースの手羽先焼き)
  • ミット・チョン (「ミット」= ジャックフルーツと豚の皮・ピーナッツ・調味料をミックスしたサラダ)

などがある。[33]

スポーツ編集

ダナンのサッカーチームSHBダナンFCVリーグ1(ベトナムのトップリーグ)でプレーしている。ランキング上位のチームであり、2009年にはVリーグ1のチャンピオンになり、同年ベトナムカップでも優勝した。 2010年にはAFCチャンピオンズリーグ東地区のプレーオフ準決勝で敗退したが、AFCカップにも参戦し[34]、ロスタイムでベカメックス・ビンズオンを破り準々決勝まで進出した[35]。ダナンFCの選手はベトナム代表チームでも活躍しており、ディフェンダーVõ Hoàng QuảngミッドフィールダーPhan Thanh Hưngなどがいる。ダナンFCはハイチャウ区にある、3万人収容のチー・ラン・スタジアムを本拠地としている。

教育編集

 
ダナン大学
 
デュイタン大学

ダナンには複数の大学があり、市内・郊外にキャンパスを構えている。

市内には17の高校があり、中でもル・クイ・ドン高校はベトナム全土の優良校の1つに指定されている。 ダナンには海外の教育機関の大規模な施設もある。フランス政府留学局(キャンピュスフランス Campus France)は、フランス語の教育や、ダナン市周辺の学生にフランスで高等教育を受けさせるサポートを無料で行っている[38]。 English Language Instituteはオーストラリアクイーンズランド大学による教育センターで、IELTSの実施など英語教育を目的としている[39]。他にもシンガポールインターナショナルスクールなどがある。

インフラ編集

医療編集

ダナンには以下の病院がある。

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)は別名「ダナン肺症」と呼ばれ、ベトナム戦争時にダナンの医療機関で多数の症例が報告されている事から名付けられた[40]

交通編集

 
ダナン国際空港の新ターミナルの前のベトナム航空

ダナンはベトナム、ラオスタイビルマにまたがる東西経済回廊の道路の終点である。

空港編集

 
ダナン国際空港

ダナン国際空港はダナンの中心部にあるベトナムで3番目に大きい国際空港で、中部ベトナムの玄関口である。 ダナン国際空港は、ベトナム戦争中はアメリカ空軍基地としても著名で、当時世界で最も発着数が多い空港であった[41](1968年5月には1日平均2,595の離着陸数に達し、当時の世界記録[42])。2011年6月現在、ハノイ、ホーチミン、ハイフォン、ヴィンバンメトート ダラットニャチャンプレイクなどへ国内線が就航している他、広州(中国), シェムリアップ(カンボジア)、シンガポール台北に国際線が就航しており、2011年12月16日からは、エアアジアが週4便のダナン-クアラルンプール便を就航した。

新しい空港ターミナルは2011年12月にオープンし[43]プノンペン(カンボジア)、タイ、香港、日本、韓国便も就航した[44]

2017年5月9日には第2ターミナルがオープンし、国際線専用のターミナルとして稼働を開始。第1ターミナルは国内線専用となった。

鉄道編集

道路編集

 
ハイヴァントンネル(北口)

ダナンには北はハノイから中部の南はホーチミンまでを南北に縦断する国道1A号線と中央高原をラオスまで東西に横断する国道14B号線が市内を通っている。 ハイヴァン峠はダナンとトゥアティエン=フエ省を隔てる峠で、国道1Aの旧道であるが、2005年にはハイヴァントンネルが開通した。ハイヴァントンネルは全長6.28kmで、東南アジアでは最長のトンネルとなっている。トンネルの開通により、曲がりくねったハイヴァン峠を通るよりも30分から1時間の時間が短縮され、通行者の危険が減らされた。他にも、ダナンとクアンガイを結ぶ高速道路が計画中である。

ハン川とその支流には複数の橋が架かっており、河口から南へ順にトアンフック橋ハン川橋ロン橋(ドラゴン橋)トランティリュ橋ティエンソン橋グエンヴァントロワ橋などがあるが、2009年に開通したトアンフック橋はベトナムで最長の吊り橋である[45]。 ロン橋(ドラゴン橋)はダナン国際空港から市内東側のミーケービーチやノンヌオックビーチへ向かう最短ルートとなっている。

港湾編集

 
ダナン港(2012年)
 
ダナン港のティエンサ(Tiên Sa)コンテナターミナル
 
ダナン港に停泊中のレジェンド・オブ・ザ・シーズ号(2009年2月)

ダナン港英語版 ハン川河口部からダナン湾内の沿岸部にかけて、一般雑貨、コンテナ貨物、木材・チップ、セメントなどのターミナルが設けられている。港湾施設は当初河口部に建設され、サイゴン港ハイフォン港などの他のベトナムの主要港と同様に河川港であったが、拡張によりダナン湾沿岸部に新たなターミナルが建設されたことで、外洋と直接アクセスできる海港となった。入出港水路の水深等の制約が少ないという好条件によりベトナム中部における主要外貿拠点となっている。

ダナン港はホーチミン、ハイフォンに次いでベトナムで3番目の大きさの港である。ダナン港は2008年には270万トンの荷物を扱い、そのうち120万トンは輸出、525,900トンは輸入、985,600トンは国内貨物であった。同年には29,600人以上の旅客がダナン港を利用したが、前年よりも大幅に増加した[46]。ダナン港はティエンサターミナルとソンハンターミナルの2つのエリアからなる。ティエンサターミナルは最大喫水11mで貨物船や大型客船などの、45,000重量トンまでの中型タンカーが利用可能。ソンハンターミナルの12海里(22 km)以内は最大喫水6-7mで5,000重量トンまでの船が利用可能である。Vietnam National Shipping Lines (Vinalines) がダナン港を管理している[46]


港のインフラは旅客船用に設計された訳ではないが、多数のクルーズ船がダナン港に停泊し、その数は近年増加している[47]。2010年の1-2月だけでも、12隻のクルーズ船が6,477人の乗客をダナン港へ運んだ[48]

海軍海上警察の根拠地も置かれており、艦船の造修施設もある。2017年6月、ベトナム海上警察との日越合同訓練のため、海上保安庁巡視船「えちご」が入港した[49]。 2018年3月5日米空母・カール・ヴィンソン(CVN70)がダナン港沖に停泊した。

友好都市編集

出典編集

  1. ^ a b Names of Đà Nẵng through periods of time”. Danang People's Committee (2004年1月3日). 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月20日閲覧。
  2. ^ Bùi Minh Quốc. Hỏi đáp về Quảng Nam-Đà Nẵng (Questions and Answers about Quảng Nam-Đà Nẵng). 
  3. ^ Báo Đà Nẵng
  4. ^ Footprint Vietnam. Footprint Travel Guides. (2008). p. 202. ISBN 1-906098-13-1. https://books.google.com/books?id=0FKCuR0i0SMC&lpg=PA202&dq=cua%20han%20tourane&pg=PA202#v=onepage&q=cua%20han%20tourane&f=false 2011年3月19日閲覧。. 
  5. ^ KINGDOM OF CHAMPA”. 2018年6月28日閲覧。
  6. ^ Lê Thành Khôi, Histoire du Vietnam, p.122, 141.
  7. ^ Ngô Vǎn Doanh, Champa, p.34; Ngô Vǎn Doanh, Mỹ Sơn Relics, p.75-76.
  8. ^ Danang People's Committee website
  9. ^ Eldridge M. Moores; Rhodes Whitmore Fairbridge (1997). Encyclopedia of European and Asian regional geology. Chapman & Hall encyclopedia of earth sciences. 19. Springer. p. 778. ISBN 0-412-74040-0. https://books.google.com/?id=aYRup5mRcGsC&lpg=PA778&pg=PA778#v=onepage&f=false 2010年8月9日閲覧。. 
  10. ^ Danang People's Committee website
  11. ^ World Weather Information Service - Đà Nẵng”. 2012年8月11日閲覧。
  12. ^ Weatherbase: Historical Weather for Da Nang”. Weatherbase. 2012年8月11日閲覧。
  13. ^ “Typhoon, flood claim 71 lives in central Vietnam”. Xinhua News Agency. ReliefWeb. (2006年10月6日). http://www.reliefweb.int/rw/RWB.NSF/db900SID/VBOL-6UBDD7?OpenDocument 2006年10月8日閲覧。 
  14. ^ “Typhoon Xangsane, flood toll reaches 169”. Reuters. ReliefWeb. (2006年10月5日). http://www.reliefweb.int/rw/RWB.NSF/db900SID/KHII-6UA87C?OpenDocument 2006年10月8日閲覧。 
  15. ^ "Toll rises from Vietnam typhoon". BBC. 2 October 2006.
  16. ^ “Typhoon Ketsana slams into Vietnam”. CNN. (2009年9月29日). http://www.cnn.com/2009/WORLD/asiapcf/09/29/vietnam.typhoon.ketsana/index.html?section=cnn_latest 2009年9月29日閲覧。 
  17. ^ 200 tonnes of rice for Đà Nẵng's Ketsana victims. Đà Nẵng People's Committee. 10 June 2009.
  18. ^ “Vietnam on high alert for earthquakes, tsunamis”. (2011年3月13日). http://tuoitrenews.vn/cmlink/tuoitrenews/society/vietnam-on-high-alert-for-earthquakes-tsunamis-1.24209 2011年3月16日閲覧。 
  19. ^ a b c General Statistics Office (2012): Statistical Yearbook of Vietnam 2011. Statistical Publishing House, Hanoi
  20. ^ a b The 2009 Vietnam Population and Housing census: General Statistics Office of Vietnam
  21. ^ "Đà Nẵng - Trung tâm vùng kinh tế trọng điểm miền Trung" (ベトナム語)
  22. ^ a b Danang population. Danang People's Committee.
  23. ^ a b Bình Định Statistics Office (2010): Bình Định Statistical Yearbook 2009. Statistical Publishing House, Hanoi
  24. ^ Vietnam Provincial Competitiveness Index 2009
  25. ^ a b c d e f g h General Statistics Office (2009): Socio-economic Statistical Data of 63 Provinces and Cities, Vietnam. Statistical Publishing House, Hanoi
  26. ^ Atlat Dia li Viet Nam (Geographical Atlas of Vietnam). NXB Giao Duc, Hanoi: 2010
  27. ^ “Dự án công nghiệp hàng không Đà Nẵng”. BBC Vietnamese. (2010年6月10日). http://www.bbc.co.uk/vietnamese/vietnam/2010/06/100610_eads_danang.shtml 2011年8月5日閲覧。 
  28. ^ calculations based on General Statistics Office (2009): Socio-economical Statistical Data of 63 Provinces and Cities. Statistical Publishing House, Hanoi
  29. ^ "Đà Nẵng: Coastal real estate market bustling"
  30. ^ US$250-million for Daphuoc International New Town Project in Đà Nẵng City
  31. ^ "Daewon breaks ground for first urban area on reclaimed land"
  32. ^ Lonely Planet Vietnam PDF e-book 12th editioin. Lonely Planet Publications Pty Ltd.. p. 192. ISBN 978-1-74220-582-3. 
  33. ^ Recipes”. Da Nang Cuisine. 2015年9月18日閲覧。
  34. ^ AFC Champions League 2010: Schedule & Results”. Asian Football Confederation. 2010年6月20日閲覧。
  35. ^ Ðà Nẵng 4-3 Bình Dương”. Asian Football Confederation (2010年5月12日). 2010年6月20日閲覧。
  36. ^ Medical School Website”. 2018年6月28日閲覧。
  37. ^ Dong A University Website”. 2018年6月28日閲覧。
  38. ^ Contact CampusFrance Da Nang”. 2018年6月28日閲覧。
  39. ^ English Language Institute, Da Nang”. 2018年6月28日閲覧。
  40. ^ Altman, Lawrence K. (1985年4月9日). “Deadly Lung Ailment Has Battlefield Origins”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1985/04/09/science/deadly-lung-ailment-has-battlefield-origins.html 
  41. ^ John Edmund Delezen (2003). Eye of the tiger: memoir of a United States marine, Third Force Recon Company, Vietnam. McFarland. p. 54. ISBN 0-7864-1656-4. https://books.google.com/books?id=AQ1hqyF1aOAC&lpg=PA54&pg=PA54#v=onepage&f=false 2010年7月14日閲覧。. 
  42. ^ AACS - Air Communication. Turner Publishing. (2004). ISBN 1-56311-976-5. https://books.google.com/books?id=raDlmenz-csC&lpg=PA41&pg=PA41#v=onepage&f=false. 
  43. ^ New terminal opens in Da Nang”. Viet Nam News. 2011年12月18日閲覧。
  44. ^ "Malaysian low cost carrier opens new international terminal in December 2011"
  45. ^ “Vietnam's longest suspension bridge inaugurated”. Danang Investment Promotion Center. (2009年7月23日). オリジナル2010年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100304045654/http://www.vietnamnews.biz/Vietnams-longest-suspension-bridge-inaugurated_570.html 2010年2月19日閲覧。 
  46. ^ a b World Port Source: Đà Nẵng port
  47. ^ Hai Chau (2007年1月31日). “Đà Nẵng: more tourists, more worries”. VietnamNet. 2008年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月28日閲覧。
  48. ^ Seabourn Odyssey Cruise Ship brings 352 visitors to Danang”. Danang.gov.vn (2010年3月19日). 2011年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月30日閲覧。
  49. ^ “中国けん制か…海保巡視船、訓練でダナン入港”. 読売新聞ニュースサイト. (2017年6月13日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170613-OYT1T50107.html 

関連項目編集

外部リンク編集

ベトナム社会主義共和国政府
現地日本語メディア
その他