スリーピング・ウィズ・サイレンス

スリーピング・ウィズ・サイレンズ (Sleeping with Sirens) は、アメリカ合衆国フロリダ州オーランドにて結成されたポスト・ハードコアバンド。

Sleeping with Sirens
Sleeping with Sirens at the Skydome.JPG
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州オーランド
ジャンル エレクトロニック・ロック
オルタナティブ・ロック
ポスト・ハードコア
エモ
スクリーモ
ポップ・ロック
オルタナティブ・メタル
活動期間 2009年–現在
レーベル エピタフライズ
ワーナー・ブラザーススメリアン
共同作業者 For All We Know, Broadway, Closer 2 Closure, Screenplay, Our Name In City Lights, The Crimson Armada

現在のメンバー編集

旧メンバー編集

  • ジェシー・ローソン / Jesse Lawson - (ギター)
  • ゲイブ・バーハム / Gabe Barham - (ドラム)

略歴編集

2009年に、「For All We Know」、「Broadway」、「We Are Defiance」、「When Statues Fall」らのメンバーが集まり結成。

2010年3月23日、デビューアルバム『With Ears to See and Eyes to Hear』をリリースし、ビルボードTop Heatseekersチャートにて、初登場7位を記録。

2011年5月10日、2ndアルバム『Let's Cheers to This』をリリースし、Billboard 200チャートにて初登場78位を記録。

2013年6月4日、3rdアルバム『Feel』をリリース。全英アルバムチャートで初登場36位[1]、全米Billboard 200では初登場3位(インディペンデント・アルバム2位)を記録した[2]

2013年10月17日、ギタリストのJesse Lawsonが「家族や自分の次の音楽に集中する時期が来た」という理由で脱退した[3]。後にNick Martinが加入。

2017年9月22日、アルバム『Gossip』でワーナー・ブラザースよりメジャーデビュー[4]

2019年6月19日、およそ2年振りとなるフルアルバム『How It Feels To Be Lost』を、9月6日にリリースすることを発表。また、それに先駆け新曲「Leave It All Behind」のミュージック・ビデオを公開、同曲のダウンロード販売も開始[5]

2019年9月2日、ドラマーのGabe Barhamが脱退を発表[6]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

年月日 アルバムのタイトル レーベル チャート最高位
US UK
2010年3月23日
With Ears to See and Eyes to Hear
ライズ
-
-
2011年5月10日
Let's Cheers to This
78位
-
2013年5月31日
Feel
3位
36位
2015年3月13日
Madness
エピタフ
13位
26位
2017年9月22日
Gossip
ワーナー・ブラザース
38位
-
2019年9月6日
How It Feels To Be Lost
スメリアン
-
-

ミニアルバム編集

年月日 アルバムのタイトル レーベル チャート最高位
US UK
2012年6月26日
If You Were A Movie, This Would Be Your Soundtrack
ライズ
17位
-

ライブアルバム編集

年月日 アルバムのタイトル レーベル
2016年4月8日
Live and Unplugged
エピタフ

デジタルシングル編集

年月日 タイトル レーベル
2011年4月8日
Do It Now Remember It Later
ライズ
2012年8月1日
Dead Walker Texas Ranger
2013年5月21日
Alone(feat. MGK)
2017年10月27日
Live & Acoustic from NYC
ワーナー・ブラザース

外部リンク編集

脚注編集