スワンズ

バンド
スワンズ (バンド)から転送)

スワンズ (Swans) は、アメリカ合衆国ポストパンクバンド。1982年にシンガーソングライターで楽器演奏もこなすマイケル・ジラが結成。1980年代初頭にニューヨークで起こったノー・ウェイヴ・シーンで台頭し、10年以上にわたって活動した。

スワンズ
Swans
Swans warsaw 10 12 2010 poland m kutera.jpg
ワルシャワのライブにて (2010年12月10日)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル エクスペリメンタル・ロック
ノイズロック
ゴシック・ロック
ポストパンク
ノー・ウェイヴ
インダストリアル
ネオフォーク
アート・ロック
活動期間 1982年 - 1997年2010年 - 2017年2019年 -
レーベル Young God Records、Neutral Records、ホームステッド・レコードキャロライン・レコード、Uni Records/MCAレコード、Invisible Records、Atavistic Records、ミュート・レコード、Some Bizzare Records
共同作業者 Angels of Light、Jarboe、The World of Skin
公式サイト younggodrecords.com
メンバー マイケル・ジラ
クリストフ・ハーン
ソー・ハリス
クリス・プラヴディカ
フィル・プレオ
ポール・ウォールフィッシュ
ノーマン・ウエストバーグ
ラリー・ミュリンズ
ヨーヨー・ローム
旧メンバー ダン・ブラウン
ビル・ブロンソン
ハリー・クロスビー
ダミエル・ガリ=ドゥアニ
ロナルド・ゴンザレス
スー・ハネル
ジャーボウ
ジョナサン・ケイン
アルギス・キジス
モジョ
サーストン・ムーア
ロリ・モシマン
アイヴァン・ナヘム
テッド・パーソンズ
ボブ・ペゾーラ
ヴィニー・シグノレリ
クリント・スティール
ジョン・テスラー
ジェニー・ウェイド

1997年に解散するまでマイケル・ジラ以外のメンバーは流動的で、コンスタントにメンバー入りしたのはボーカル・キーボード・ソングライターのジャーボウと、ギタリストノーマン・ウエストバーグだけであった。

スワンズの特徴はドローン・ボーカルと反復される楽曲構造にあるとされている。

2010年、スワンズは再結成。14年ぶりのアルバム『My Father Will Guide Me up a Rope to the Sky』をリリースした。

概要編集

メンバー編集

現在のメンバー
  • マイケル・ジラ (Michael Gira) – ギター、ボーカル (1982年-1997年、2010年-)
  • クリストフ・ハーン (Christoph Hahn) – ギター、ラップ・スティール・ギター (1988年-1991年、2010年-2017年、2019年-)
  • ソー・ハリス (Thor Harris) – ドラム、パーカッション、ヴィブラフォンダルシマー、キーボード (2010年-2016年、2017年、2019年-)
  • クリス・プラヴディカ (Chris Pravdica)– ベース (2010年-2017年、2019年-)
  • フィル・プレオ (Phil Puleo) – ドラム、パーカッション、ダルシマー (1995年-1997年、2010年-2017年、2019年-)
  • ポール・ウォールフィッシュ (Paul Wallfisch) – キーボード (2016年-2017年、2019年-)
  • ノーマン・ウエストバーグ (Norman Westberg) – ギター、ボーカル (1983年-1995年、2010年-2017年、2019年-)
  • ラリー・ミュリンズ (Larry Mullins) – ドラム、メロトロン、パーカッション、ヴィブラフォン、ボーカル (1995年-1996年、2019年-)
  • ヨーヨー・ローム (Yoyo Röhm) – ベース、ダブルベース、キーボード、ボーカル (2019年-)
旧メンバー
  • ダン・ブラウン (Dan Braun) – ベース (1982年)
  • ビル・ブロンソン (Bill Bronson) – ベース (1995年-1997年)
  • ハリー・クロスビー (Harry Crosby) – ベース (1984年)
  • ダミエル・ガリ=ドゥアニ (Daniel Galli-Duani) – サックス (1982年)
  • ロナルド・ゴンザレス (Ronaldo Gonzalez) – ドラム (1986年-1987年)
  • スー・ハネル (Sue Hanel) – ギター (1982年)
  • ジャーボウ (Jarboe) – キーボード、ボーカル、ピアノ (1984年-1997年、2012年)
  • ジョナサン・ケイン (Jonathan Kane) – ドラム (1982年-1983年)
  • アルギス・キジス (Algis Kizys) – ベース (1986年-1995年)
  • モジョ (Mojo) – パーカッション、テープ・ループ (1982年)
  • サーストン・ムーア (Thurston Moore) – ベース (1982年)
  • ロリ・モシマン (Roli Mosimann) – ドラム (1983年-1984年)
  • アイヴァン・ナヘム (Ivan Nahem) – ドラム (1982年、1986年)
  • テッド・パーソンズ (Ted Parsons) – ドラム (1985年-1987年)
  • ボブ・ペゾーラ (Bob Pezzola) – ドラム (1982年-1983年)
  • ヴィニー・シグノレリ (Vinnie Signorelli) – ドラム (1991年-1992年)
  • クリント・スティール (Clint Steele) – ギター (1990年-1997年)
  • ジョン・テスラー (Jon Tessler) – ベース、パーカッション、テープ・ループ (1982年)
  • ジェニー・ウェイド (Jenny Wade) – ベース (1991年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • Filth (1983年)
  • 『COP』 - Cop (1984年)
  • 『グリード』 - Greed (1986年)
  • Holy Money (1986年)
  • Children Of God (1987年)
  • 『バーニング・ワールド』 - The Burning World (1989年)
  • White Light from the Mouth of Infinity (1991年)
  • Love of Life (1992年)
  • The Great Annihilator (1995年)
  • Soundtracks for the Blind (1996年)
  • My Father Will Guide Me up a Rope to the Sky (2010年)
  • The Seer (2012年)
  • 『トゥ・ビー・カインド』 - To Be Kind (2014年)
  • 『ザ・グローイング・マン』 - The Glowing Man (2016年)
  • 『リーヴィング・ミーニング』 - Leaving Meaning (2019年)

外部リンク編集