メインメニューを開く

エクスペリメンタル・ロック

エクスペリメンタル・ロックExperimental rock、またはAvant-rock[1])は、ロック・ミュージックのサブジャンルであり[2]、一般的な作曲と演奏のテクニック[3]の限界を押し広げたり、ジャンルの基本的な要素を元に実験を行ったりするものである[4]。アーティストは、即興演奏アヴァンギャルドな影響、風変わりな楽器、難解で不透明な歌詞(または楽器演奏)、異質な構造とリズム、そして根本的にコマーシャリズムの拒絶など、そのジャンルの際立った特徴のいくつかを用いて解放と革新を目指している[5]

エクスペリメンタル・ロック
Experimental rock
様式的起源 ロック、アヴァンギャルド・ミュージック、実験音楽
文化的起源 1960年代 -
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
派生ジャンル アート・ロック
サブジャンル
クラウトロック
マスコア
ネオ・プログレッシブ・ロック
ノイズロック
ノー・ウェイヴ
ポストロック
関連項目
アヴァン・パンク
アバンギャルドメタル
アヴァン・プログ
インダストリアル
マスロック
ポストパンク
プログレッシブ・ロック
サイケデリック・ロック

誕生した当初から、ロック・ミュージックは実験的なものだったが、ロック・アーティストがマルチトラック・レコーディングの進歩を通じて拡張された複雑な作曲をし始めるようなことは、1960年代後半まではなかった。1967年には、このジャンルがポップ・ミュージックと同じくらい商業的に存続できるほどのものとなったが、1970年までに、その先頭に立つ演奏家のほとんどが何らかの形で無力化していった。ドイツでは、クラウトロックというサブジャンルが、即興とサイケデリック・ロックの要素を前衛的で現代的なクラシック作品と融合させていった。1970年代後半、パンクニュー・ウェイヴDIY的な実験、エレクトロニック・ミュージックの開発と並行して、重要な音楽の交配が行われていった。ファンクジャズ・ロックフュージョンのリズムも、エクスペリメンタル・ロック・ミュージックに統合されていった。

1980年代のエクスペリメンタル・ロック・グループの最初の波は、そのサウンドに関して直接的な先例がほとんどなかった。約10年後には、エクスペリメンタル・ロックはサイケデリックな耽美さを追求するようになっていた。それは初期のポストパンクの自意識や警戒とは異なるものだった。1990年代に、ポストロックとして知られる緩やかな動きがエクスペリメンタル・ロックの主流として包み込んでいった。2010年代の時点で、「エクスペリメンタル・ロック」という用語は無差別に使われるようになり、現代のロックバンドの多くは「ポスト・ (post-)」、「クラウト・ (kraut-)」、「サイケ・ (psych-)」、「ノイズ・ (noise-)」などの接頭辞を使って分類されるようになっていった。

脚注編集

  1. ^ EXPERIMENTAL ROCK (AVANT-ROCK)”. The Independent. 2016年2月16日閲覧。
  2. ^ Rosenberg 2009, p. 179.
  3. ^ Bogdanov 2001, p. 10.
  4. ^ Martin 1998, p. 93.
  5. ^ Experimental Rock”. AllMusic. 2016年2月16日閲覧。

参考文献編集

  • Gendron, Bernard (2002). Between Montmartre and the Mudd Club: Popular Music and the Avant-Garde. University of Chicago Press. ISBN 978-0-226-28735-5. https://books.google.com/books?id=2jtQAElFVUcC. 
  • Holm-Hudson, Kevin, ed (2013). Progressive Rock Reconsidered. Routledge. ISBN 978-1-135-71022-4. https://books.google.com/books?id=JQCPAQAAQBAJ&pg=PA275.