ノイズロック: Noise rock)は、ロックの派生ジャンルの内の1つ。

ノイズロック
Noise rock
様式的起源 オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
サイケデリック・ロック
インダストリアル
ドローン・ミュージック
使用楽器 ボーカル
ギター
ベース
ドラム
派生ジャンル グランジ
ポスト・ハードコア
マスコア
インダストリアル・ロック
グラインドコア
融合ジャンル
ノイズポップ
関連項目
シューゲイザー
エクスペリメンタル・ロック
マスロック
テンプレートを表示

歴史編集

初期の前衛音楽やロックに内在するフィードバックなどのノイズの要素の影響を受け、1970年代後半のノー・ウェーブバンドであるマーズティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス英語版がノイズロックを形作る上で重要なバンドであるとされる[1]

1980年代にジャンルとして顕著になり、北米ではビッグ・ブラックバットホール・サーファーズ英語版ジーザス・リザードスクラッチ・アシッドメルヴィンズダイナソーJr.ソニック・ユーススワンズホワイト・ゾンビヘルメットプッシー・ガロアなどのバンドがノイズロックに分類される様になり[1][2][3]日本では山塚アイを中心に開発的なノイズロックバンドハナタラシボアダムスが結成される。イギリスでは同時期にノイズポップから影響を受けたシューゲイザーと分類されるバンドが多数出現する様になり、北米や日本とは異なる形のノイズロックが発生する。また、ドン・キャバレロなどのマスロックと位置づけられるバンドもノイズロックに分類される事もある。これらのノイズロックバンドは、ニルヴァーナホールに影響を与えた[4][3][5]

出典編集

  1. ^ a b No Wave” (英語). オールミュージック. 2015年6月29日閲覧。
  2. ^ The Art of Noise” (英語). スピン (2004年12月2日). 2015年6月29日閲覧。
  3. ^ a b THE NOISE-ROCK FAQ” (英語). monochrom (2008年1月). 2008年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  4. ^ Nirvana Biography” (英語). オールミュージック. 2015年6月29日閲覧。
  5. ^ Pretty on the Inside - Hole” (英語). オールミュージック. 2015年6月29日閲覧。

関連項目編集