メインメニューを開く

マドンナのスーザンを探して』(原題:Desperately Seeking Susan)は、1985年制作のアメリカ合衆国コメディ映画

マドンナのスーザンを探して
Desperately Seeking Susan
監督 スーザン・シーデルマン
脚本 レオラ・バリッシュ
製作 サラ・ピルスバリー
ミッジ・サンフォード
製作総指揮 マイケル・ペイサー
出演者 ロザンナ・アークエット
エイダン・クイン
マドンナ
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 エドワード・ラックマン
編集 アンドリュー・モンドシェイン
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年3月29日
日本の旗 1986年6月21日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $27,398,584[2]
テンプレートを表示

邦題とは違い、マドンナは助演で、出番も少ない。

ロザンナ・アークエットは第39回英国アカデミー賞助演女優賞を受賞した[3]

目次

あらすじ編集

28歳の平凡な主婦ロバータ・グラスはある日、美容院で読んでいた新聞に「スーザンを探している」という奇妙な広告を見つける。夫ゲイリーとの退屈な生活に辟易していた彼女はその広告に強く惹かれ、スーザンを探す事を決意する。

一方、そのスーザンは、街で知り合った男と一夜を共にし、翌朝、いたずらのつもりで男のバッグからイヤリングをかすめ取る。しかし、その男は泥棒で、イヤリングは盗品だったことから、ロバータはスーザンに間違えられて狙われる事になり、泥棒から頭を殴られて記憶喪失になり、自分が誰だか分からなくなってしまう。

ロバータはスーザンの保護を依頼されたデズという男に助けられ、彼女をスーザンと思ったデズのアパートヘ連れて行かれる。一方、スーザンはロバータの失踪をきっかけにゲイリーと知り合い、深い仲になる。

やがて、この2組は「バーで待つ」と新聞の消息欄に惹かれて、あるバーで鉢合わせとなる。

キャスト編集

ミュージカル編集

ロックバンドブロンディのヒット曲に乗せて舞台化した。2008年ウエストエンドで初演。

スタッフ
音楽・作詞=ブロンディ
台本・原案=ピーター・マイケル・マリーノ
追加曲=デボラ・ハリークリス・スタイン
オリジナル編曲=マーティン・コッチ

日本版編集

タイトルは原題に近い「スーザンを探して」。日本版の演出・翻訳・訳詞はG2

公演期間
2009年1月6日-3月5日 シアタークリエ
キャスト

脚注編集

外部リンク編集