メインメニューを開く

スーパーカートリオとは、1985年シーズン日本プロ野球(NPB)の横浜大洋ホエールズでトリオを組んだ高木豊加藤博一屋鋪要の俊足打者3人を指す。

目次

概要編集

1985年シーズン横浜大洋ホエールズ監督近藤貞雄がチームの俊足打者3人を1番高木豊、2番加藤博一、3番屋鋪要の打順に並べてスポーツカートリオと命名したが、後にマスメディアスーパーカートリオと名付けて報道したので、この名称が定着した[1]。あるいは、当時野球解説者だった長嶋茂雄が言い間違えたのが定着した原因ともいわれている[2]

1985年シーズン前の春季キャンプ時にそれぞれ監督室に呼ばれ、近藤監督から「50個アウトになってもいいから、100個走れ」と言われた。横浜スタジアムは当時では最も広い本拠地球場であり、大洋は「足で勝つ」という意識が高く、実績が無くても走れる選手がどんどん一軍に上がってきた。加藤は、レオン・リーが調子を落としていた時に「3人が塁上でウロウロするから集中出来ない」と監督に言ったところ、「ウチは走るチームだから我慢しろ」と言われたという話を通訳の人を通して聞き、「この監督の下ならいくらでも走っていられる」と思ったという[3]

よく3人で何時間もビデオ室にこもり、それぞれが気付いた投手牽制のクセなどを話し合っていたという。高木はミートと選球眼に長け、加藤は初球からは打ちにいかずに打席で粘った。屋鋪は当時の球界で一番足が速いと評価されていたが、チャンスメイクするよりもクリーンナップ向きの打者だった[4]

この年の3人の盗塁数は高木が42盗塁、加藤が48盗塁、屋鋪が58盗塁の合計148盗塁だった。1チーム3人以上が40盗塁を同時に記録したのは日本プロ野球(NPB)史上でもこの一度だけである[2]。また、3人揃ってセ・リーグ最多三塁打5を記録している[1]。なお、高木は前年セ・リーグ盗塁王、屋鋪は翌1986年から3年連続セ・リーグ盗塁王のタイトルを獲得したが、加藤が大洋で規定打席に到達したのはこの1年だけである[5]1987年からは加藤の代わりに高橋雅裕を加えたニュースーパーカートリオが結成された。なお、加藤は1990年に引退した。

スーパーカートリオの活躍は当時連日のように報道され、多くの人々の関心を引いた[1]。3人揃っての活躍は1年限りだったが、後の雑誌でも特集され、語り継がれている[1]

2006年7月16日の対広島戦のイベントとして復活し、打者・田代富雄、広島の川口和久達川光男のバッテリーと1人1回限りの盗塁対決を行った。結果は高木が二盗死、加藤が牽制死、屋鋪が二盗成功となった。

加藤博一は2008年1月21日肺がんのために56歳で逝去[6]。同年4月12日の横浜対阪神戦の試合前に追悼式典が行われ、高木と屋鋪も出席した。高木は「ライバルであり、良き友だった」、屋鋪は「ライバル心があったからこそ盗塁数を伸ばせた」とそれぞれ語り、故人をしのんだ[7]

スーパーカートリオの他に「機動力野球」を持ち味としたNPB歴代の代表的なユニットとして2001年阪神タイガース赤星憲広藤本敦士沖原佳典ら俊足7選手で構成された「F1セブン」がある[8][9]

3選手の盗塁数編集

加藤が入団する1983年から引退する1990年までの3選手の盗塁数は以下の通りである(盗塁数の太字は最多盗塁)[5]

年度 高木豊 加藤博一 屋鋪要 合計
1983 27 8 16 51
1984 56 14 11 81
1985 42 48 58 148
1986 24 22 48 94
1987 21 7 48 76
1988 29 2 33 64
1989 32 3 11 46
1990 13 1 3 17

大衆文化への影響編集

コンピュータゲーム実況パワフルプロ野球』シリーズではOB選手としてこの3人が登場しているが、いずれも特殊能力「スーパーカートリオ」を所持している[10]。ただし、その効果は現役選手の「積極盗塁」(COM操作時に盗塁する確率が上がる[11])と同じものであり、盗塁のうまさを表した「盗塁」は屋鋪・加藤が「盗塁4」(盗塁がうまい)だが、高木のみ「盗塁3」(普通)であった。ただし、走塁のうまさ(要するに動きの無駄の無さからつながるベースランニングタイム)は3人とも「走塁4」(走塁がうまい)であり、走力(純粋な足の速さ)そのものも3人とも最高クラスをマークしている。

また、打った直後のスタートダッシュが早くなる内野安打○も3人とも所持している。

脚注編集

  1. ^ a b c d スーパーカートリオ”. Kato-memorial.com. 2015年7月9日閲覧。
  2. ^ a b 4戦7盗塁!平成のスーパーカートリオがエンジン全開”. Sponichi.co.jp (2012年2月22日). 2015年7月9日閲覧。
  3. ^ ベースボール・マガジン(1997年) pp.44-47
  4. ^ ムック(2009年) pp.30-33
  5. ^ a b プロ野球記録大百科(2004年) pp.635,956,1488
  6. ^ 涙の「スーパーカートリオ」集結”. Sponichi.co.jp (2008年4月13日). 2015年7月9日閲覧。
  7. ^ 横浜―阪神の試合前、故加藤氏を追悼”. Sponichi.co.jp (2008年4月12日). 2015年7月9日閲覧。
  8. ^ ロッテ二木+三木=五木!薮田ガッツ継承”. Nikkansports.com (2014年1月11日). 2015年7月9日閲覧。
  9. ^ 栗山監督「生意気上等」若手野手売り出す”. Nikkansports.com (2012年11月11日). 2015年7月9日閲覧。
  10. ^ コナミ(2002年) pp.254,257,262
  11. ^ コナミ(2002年) p.104

参考文献編集

  • 『ベースボールマガジン 1997年秋季号 こだわりの大特集 盗塁・走塁』ベースボール・マガジン社、1997年。ASIN B00N8C63DK
  • 『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』ベースボール・マガジン社、2009年。ISBN 978-4583616179
  • 『The Official Baseball Encyclopedia 2004 日本プロ野球記録大百科[第四版]』ベースボール・マガジン社、2004年。ISBN 978-4583038049
  • 『実況パワフルプロ野球9決定版 コナミ公式パーフェクトガイド』コナミ、2002年。ISBN 978-4775301319