セゾンアートプログラム

セゾンアートプログラム (Sasion Art Program) は、かつてセゾングループが展開した芸術支援活動。池袋にあったセゾン美術館が閉館した1999年以降、数年間にわたって、軽井沢のセゾン現代美術館と東京青山の東京事務所を拠点に展開した。

機関誌として、『SAP Journal』(セゾンアートプログラム・ジャーナル)が1999年の1号から10号まで発行された。

2002年以降は規模がさらに縮小され、セゾンアートプログラム自体は消滅した。しかし、セゾングループの芸術支援活動として、軽井沢のセゾン現代美術館と大田区に移転した東京事務所が残った。

開催された主な展覧会編集

(開催年順)

関連項目編集

外部リンク編集