メインメニューを開く

セチリジン(英:cetirizine)は、第2世代の抗ヒスタミン薬のひとつで、アレルギー反応を抑制する作用を持つ化合物である。日本では商品名ジルテックなどで販売されている。適応はアレルギー性鼻炎蕁麻疹、皮膚の発疹湿疹である。

セチリジン
Cetirizine structure racemic.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • US: B
法的規制
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 容易に吸収される
血漿タンパク結合 93% avg
代謝 CYP3A4 (Cytochrome P450 3A4)
半減期 8.3 時間
排泄 尿
識別
CAS番号
83881-51-0
ATCコード R06AE07 (WHO)
PubChem CID: 2678
DrugBank APRD00630
KEGG D07662
別名 Alatrol, Alzene, Cetirizina MERCK, Cetzine Glaxo, Cetirizin, Humex, Letizen, Razene, Reactine, Zyrtec, Zirtec, Zodac, Zirtek, Zynor, Zyrlek
化学的データ
化学式 C21H25ClN2O3
分子量 461.82
テンプレートを表示
レボセチリチン

セチリジンはラセミ体で抗ヒスタミン作用が強いが、その副作用である眠気が少ないR体を光学分割したものが、レボセチリジンとしてグラクソスミスクラインで開発され、2010年に日本で同社から商品名ザイザルで発売された。

開発編集

ベルギーUCB社が開発した。日本では第一三共グラクソ・スミスクラインから商品名ジルテックなどで販売されている。

薬理編集

ヒドロキシジン代謝産物の一つであり、ヒドロキシジンと異なり血液脳関門を通過しないとされているが、ジストニア反応(筋緊張異常反応)や鎮静効果が認められている。

種類編集

  • 錠剤:5mg,10mg
  • ドライシロップ:1.25%

セチリジン塩酸塩 (Cetirizine hydrochloride)または、セチリジンジヒドロクロライド(Cetirizine Dihydrochloride)などの塩の形態をとる。

副作用編集

重大な副作用として添付文書に記載されているものは、ショック、アナフィラキシー様症状、痙攣、肝機能障害、黄疸、血小板減少。

眠気、倦怠感、嘔吐など。