セプティックフレッシュ

セプティックフレッシュ
Septicflesh
出身地 ギリシャの旗 ギリシャ アッティカ地方
アッティカ県
アテネ
ジャンル ブラックメタル
デスメタル
ゴシックメタル
活動期間 1990年 - 2003年2007年 -
レーベル Hammerheart Records
シーズン・オブ・ミスト
公式サイト septicflesh.com
メンバー Spiros "Seth" Antoniou (ボーカルベース)
Christos Antoniou (リードギターサンプリング)
Sotiris Vayenas (リードギターヴォーカルキーボード)
Kerim Lechner (ドラム)

セプティックフレッシュ(Septicflesh)は、1990年ギリシャで結成されたエクストリーム・メタルバンド。2003年に一度解散したが、ファンの要望により2007年に再結成を果たした[1]。デスメタルのサウンドに映画のような荘厳なシンフォニーが乗るスタイルが特徴的である。活動休止前はSeptic Fleshと二語であったが、再結成後からはSepticfleshと名乗っている。ただし、この変更にはあまり深い意味はないのだという[2]

目次

現メンバー編集

  • Spiros "Seth" Antoniou (Vocal,Bass)
アートワークも手がけており、ロッティング・クライストエクソダスデキャピテイテッドをはじめとする多くのバンドに作品を提供している[3]
  • Christos Antoniou (Guitar,Sample)
Spirosの弟。ロンドン・カレッジ・オブ・ミュージックで音楽の学士号、大学院で修士号を取得している[2]
  • Sotiris Vayenas (Guitar,Vocal,Keyboard)
クリーンヴォーカル担当。
  • Kerim Lechner (Drums)

旧メンバー編集

  • Fotis Benardo (Drums)

来歴編集

1990年、Antoniou兄弟とChristos Antoniouによってギリシャで結成される。翌年、EP "Temple of the Lost Race"を発表。

その後もいくつかのアルバムを発表し名声を高めるが、2003年に6thアルバム"Sumerian Daemons"をリリースしバンドは解散を宣言する。

ファンの要望に応え、2007年にギリシアで開催されたMetal Healing Festivalで再結成。シーズン・オブ・ミストと契約を交わす。

2008年、7thアルバム"Communion"をリリース。

2014年、9枚目のアルバム"Titan"をリリース。2月には初来日を果たした。

コンセプトや音楽的特徴編集

ペンデレツキストラヴィンスキークセナキスなどの現代作曲家や、エリオット・ゴールデンサールハンス・ジマーなどの映画音楽の作曲家から影響を受けているという[2]。メタルバンドに関しては「アイアン・メイデンからメロディアスな構成を、モービッド・エンジェルからブラスト・ビートを、ケルティック・フロストからメタルにクラシックを取り込んでいく姿勢を、デスから複雑な曲構成とアレンジを、パラダイス・ロストからゴシックな要素を学んできた。」と語っている[2]

ディスコグラフィ編集

スタジオアルバム編集

脚注編集

外部リンク編集