メインメニューを開く

ハンス・ジマーHans Florian Zimmer, ハンス・フロリアン・ツィマー、1957年9月12日 - )は、ドイツ出身の作曲家映画音楽の制作で知られる。

ハンス・ジマー
Hans Zimmer
Hans Zimmer 2010.jpg
基本情報
出生名 Hans Florian Zimmer
生誕 (1957-09-12) 1957年9月12日(61歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツフランクフルト
ジャンル 映画音楽,クラシック
ニューエイジ
担当楽器 ピアノキーボードギター
活動期間 1977年
レーベル Remote Control Productions
公式サイト Hans Zimmer The Official Website

これまでに計11回のアカデミー賞ノミネート経験(内受賞1回)や計14回のゴールデングローブ賞ノミネート経験を持つ、最も著名な映画音楽作曲家の一人である。

10代でイギリスに渡り、その後アメリカに移り住む。現在は妻スザンヌと4人の子供とともにロサンゼルス在住[1][2]

目次

来歴・人物編集

西ドイツ(当時)のフランクフルトで生まれ、10代でイギリスロンドンに移住し、学費が高いことでも知られる名門ハートウッドハウス・スクールに通う[3]キーボードシンセサイザーの演奏者として、「ラジオ・スターの悲劇」で有名なバグルスなどのバンドと仕事をしていた。(「ラジオ・スターの悲劇」のミュージックビデオで、ジマーの姿を確認できる。)

1980年代にイギリスの映画音楽作曲家スタンリー・マイヤーズに師事した後、渡米。1988年の『レインマン』の音楽がアカデミー賞にノミネートされ、一躍脚光を浴びる。

1994年の『ライオン・キング』でアカデミー作曲賞および、ゴールデングローブ賞を受賞する。

2000年代以降は、特にクリストファー・ノーラン監督とのタッグで知られ、『バットマン ビギンズ』以降の長編7作品中6作品で作曲を担当しており、内3回でオスカーノミネーションを果たしている。

後進の育成に積極的であり、自身が率いる作曲家グループ「リモートコントロール」(旧名:メディアベンチャーズ)の門下生には、マーク・マンシーナトレヴァー・ラビンハリー・グレッグソン=ウィリアムズルパート・グレッグソン=ウィリアムズクラウス・バデルトスティーヴ・ジャブロンスキーラミン・ジャヴァディローン・バルフ等がいる。

作品の特徴編集

特徴編集

シンセサイザーオーケストラをミックスさせた、壮大で耳当たりの良いメロディアスな楽曲が特徴的である。低音域の強調やミュート、コーラスなども効果的に用い、映像の展開や演者の動き、また心境の変化などにも合わせた緻密な編曲を組むだけでなく、場面や舞台に応じた幅広いジャンルの曲調を操ることもできる。従来はバックグラウンドで単調に流される傾向が強かった映画音楽の役割を、これまで以上に演出効果の一部として音楽に担わせることを成功させている。

作曲にはWindowsマシン上のCubaseを用いており、彼オリジナルのサンプル音源やVST Expressionを駆使して自分の頭の中で鳴る音楽を表現してきた。

その他編集

ザ・ロック』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマは特に有名で、各国のテレビ番組やドキュメンタリーで用いられるなど、どこかで聞いたことがある曲として記憶している人も多い。

日本ではフジテレビ系で放送されていた『料理の鉄人』のBGMにも使われた、映画『バックドラフト』のテーマ曲などが有名である。また日米両国で大ヒットを記録した『ラストサムライ』のサントラ作曲を手掛けたが、これはちょうど彼の100作品目という節目であった。

また、世界的人気ゲームである「Call of Duty」シリーズの1作品である「Call of Duty: Modern Warfare 2」にて初めてゲームに楽曲を提供し話題になった。

類似楽曲による提訴問題編集

彼の手掛けた『グラディエーター』のスコアはゴールデングローブ賞の音楽賞を受賞したほか、アカデミー作曲賞にノミネートされるなど高い評価を受けたが、ホルストの組曲「惑星」の「火星」やワーグナーの「ニーベルングの指環」と酷似しているという指摘を受け、2006年、ホルスト財団から著作権侵害で訴訟を起こされた。ジマー側は盗作ではないと主張し全面的に争っている[4][注 1]

主な作曲作品編集

映画音楽編集

関わったその他の作品編集

受賞歴編集

関連人物編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ これについてジマーは、同作品のサントラの追加版CDアルバム『モア・ミュージックfromグラディエーター』のノートの中で、「(12曲目:グラディエーター・ワルツについて)多くの人々が、この楽曲はホルスト惑星を思い出させると感想を述べてくれた。確かに私はホルストと同じ言語、ヴォキャブラリーを使っているが、シンタックスまで同じだとは言わない。」とか、「(6曲目:剣闘士(グラディエーター)となった奴隷について)すでにお分かりのように、これはワーグナー作品の模造品である。」とコメントをしている[5][6]

出典編集

  1. ^ Hans and Suzanne Zimmer”. 2009年9月13日閲覧。
  2. ^ Hans Zimmer - Academy Award Winner”. 2009年9月13日閲覧。
  3. ^ Student successes”. 2009年9月11日閲覧。
  4. ^ 映画.com (2006年6月13日). “「グラディエーター」作曲家が訴えられる”. http://eiga.com/news/20060613/11/ 
  5. ^ Michael Beek (June 2006), Gladiator Vs Mars - Zimmer is sued:, Music from the Movies, オリジナルの2008年6月18日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080618112502/http://www.musicfromthemovies.com/article.asp?ID=695 
  6. ^ Vivien Schweitzer (June 15,2006), Holst Foundation Sues Film Composer for Copyright Infringement, Playbill Arts, http://www.playbillarts.com/news/article/4750.html 

関連文献編集

外部リンク編集