セロ・トロロ汎米天文台

現時点で発見された小惑星の数: 5
(87269) 2000 OO67 2000年7月29日
(87555) 2000 QB243 2000年8月25日
(88611)テハロンヒアワコ 2001年8月20日
(134210) 2005 PQ21 2005年8月9日
(139775) 2001 QG298 2001年8月19日

セロ・トロロ・汎米天文台(Cerro Tololo Inter-American Observatory、CTIO, IAU code 807)とは各種の天体望遠鏡・天体観測器具が設置された施設で、南緯30.169度、西経70.804度、チリラ・セレナからおおよそ80 km東、標高2200mに位置する。この施設はアリゾナ州のキットピーク天文台やハワイとチリにある口径8m望遠鏡を擁するジェミニ天文台と同じく、NSF国立光赤外線天文学研究所(NOIRLab)に所属する。設置されている望遠鏡は口径4mの ビクター M. ブランコ 望遠鏡と4.1-m SOAR 望遠鏡 (SOAR) である。

NOIRLabは宇宙望遠鏡科学研究所と同様、全米天文学大学連合 (AURA)によって運営されており、管理はアメリカ国立科学財団が行っている[1]

小惑星(2326) Tololoはセロ・トロロにちなんで命名された[2]

参考文献 編集

  1. ^ About NOIRLab”. NOIRLab. 2022年2月20日閲覧。
  2. ^ (2326) Tololo = 1931 RZ = 1936 SF = 1941 SF2 = 1965 QC = 1969 MB = 1973 GH1 = 1979 MB”. MPC. 2021年9月26日閲覧。

外部リンク 編集