メインメニューを開く
本来の表記は「顓頊」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
顓頊。

顓頊(せんぎょく)は、『史記』に記される帝王。高陽に都して高陽氏と称したと言われている。五帝の一人で、黄帝の後を継いで帝位に就いた。在位78年と言われている。

父は昌意、母は蜀山氏の女の昌僕である。昌意は黄帝の子なので顓頊は黄帝の孫となる。子に窮蝉の六世の祖)、五世の孫(『漢書』律暦志による。『史記本紀では子)にの父)がいる。帝位をに譲る。末裔に女脩中国語版、その孫に大費がおり、中国を統一した戦国時代はこの子孫と伝えられる。また『史記』楚世家では、春秋戦国時代の祖先は顓頊であるとする。

『史記』 五帝本紀

帝顓頊高陽者、黄帝之孫而昌意之子也。靜淵以有謀、疏通而知事;養材以任地、載時以象天、依鬼神以制義、治氣以教化、絜誠以祭祀。北至於幽陵、南至於交阯、西至於流沙、東至於蟠木。動靜之物、大小之神、日月所照、莫不砥屬。

史記』五帝本紀には、「依鬼神以制義、治氣以教化、絜誠以祭祀」とあり、鬼神を信奉しており、物忌みして祭祀を執り行った帝として記される。また、「靜淵以有謀、疏通而知事」とあり、物事に通じ、物静かで奥ゆかしい人柄であるとされている。

顓頊は、民間の人々が神と関わる事を厭い、孫の重黎(祝融)に命じて天へ通ずる道を閉ざさせ、神と人との別を設けさせたという[要出典]

三国史記』高句麗本紀第六や『三国史記』百済本紀第六によると、高句麗王は、自分たちは黄帝の孫の高陽氏、黄帝の曾孫の高辛氏の子孫であると称していた[1][2][3][4][5]

関連項目編集

  • 共工 - 天下をめぐって対立をした

脚注編集