メインメニューを開く

セントゥール・インターナショナル・サーキット

座標: 南緯6度32分9.1秒 東経106度51分24.4秒 / 南緯6.535861度 東経106.856778度 / -6.535861; 106.856778

インドネシアの旗 セントゥール・インターナショナル・サーキット
概要
所在地 インドネシア 西ジャワ州 ボゴール
営業期間 1994年 -
主なイベント GP2アジア
A1グランプリ
ATCS
アジア・F3
フォーミュラ・BMW(アジア)
アジア・フォーミュラV6
国際レーシングコース(4輪)
Sental International Circuit.svg
コース長 4.12km
コーナー数 11
ラップレコード 1分15秒686 (2008年)
ブルーノ・セナ
アーデン・インターナショナル (GP2)
テンプレートを表示

セントゥール・インターナショナル・サーキット英語: Sentul International Circuit)は、インドネシア西ジャワ州ボゴールにあるサーキット。

歴史編集

1990年代にアジアで二番目のフォーミュラ1が開催できるようにスハルト元大統領の息子トニー・スハルトによって計画され1994年にサーキットが完成したが1997年のアジア金融危機が起こり断念された。その後は、インドネシア国営石油会社Pertaminaによってアジア・フォーミュラ3スーパーシリーズなどが開催されている。

サーキットの特徴編集

  • トラックの全長 : 4.12 km (2.56 miles)
  • トラックの横幅 : 15 m
  • ストレートの長さ : 900 m
  • FIA グレード2
  • 50 Pit garages
  • 2 covered grandstands

結果編集

GP2アジア
シーズン レース1の勝者 レース2の勝者
2008   ブルーノ・セナ   ファイルズ・ファウジー
A1グランプリ
シーズン スプリント・レースの勝者 フィーチャー・レースの勝者
2005-2006   ニコラス・ラピエール   ショーン・マッキントッシュ
2006-2007   ジョニー・リード   ジョニー・リード
スピードカー・シリーズ
シーズン レース1の勝者 レース2の勝者
2008   ジャン・アレジ   ウヴェ・アルツェン
アジア・フォーミュラ3選手権

2005年シリーズ

ラウンド 優勝 ファステストラップ
10   タイソン・サイ   タイソン・サイ (1'24.594)
9   タイソン・サイ   タイソン・サイ (1'24.791)
8   アナンダ・ミコラ   ジョン・オハラ (1'25.092)
7   ジョン・オハラ   ジョン・オハラ (1'25.221)

2006年シリーズ

ラウンド 優勝 ファステストラップ
15 中止 中止
14   ジェームス・ウィンスロウ   アリー・ジャクソン (1'25.929)
13   ジェームス・ウィンスロウ   ジェームス・ウィンスロウ (1'26.011)
12   ジェームス・ウィンスロウ   ジェームス・ウィンスロウ (1'26.447)
11   ジェームス・ウィンスロウ   ジェームス・ウィンスロウ (1'26.179)
10   ジェームス・ウィンスロウ   ジェームス・ウィンスロウ (1'26.167)

関連項目編集

外部リンク編集