メインメニューを開く

スピードカー・シリーズ英語: Speedcar Series)は、2008年に発足し2009年までの2シーズン開催されていたモータースポーツのカテゴリー。

目次

概要編集

基本的にはストックカーによるワンメイクレースで、「元F1ドライバーらによる激しいバトル」を売りにしているという点で、かつて行われていたグランプリマスターズに近いシリーズコンセプトを持つ。レースは1イベント2レース制で、2レース目のスタート順は1レース目の上位10台が逆に並ぶリバースグリッドとなる。この種のレースとしては異例の高額賞金も売りで、賞金総額は300万ドル、シリーズチャンピオンには60万ドルが与えられる。

エンジンはV型8気筒・6リッターの自然吸気で、公称620馬力という高出力なものを使用する。ただ初年度は与えられた車によって性能のばらつきが大きかったようで、片山右京は「毎レーススロットル系のトラブルが出た」などと不満を述べている[1]

初年度の2008シーズンは、全てGP2アジアシリーズとの併催で行われ、ジョニー・ハーバートが初代シリーズチャンピオンに輝いた。

2008 - 2009シーズン以降は、GP2以外にF1との併催も予定されており、2008年の日本グランプリでもサポートレースとして開催される予定であったが[2]、「技術的な問題」(主催者発表による)から日本グランプリでのレース開催は中止された[3]

2008 - 2009シーズンをもって終了した。

主なドライバー編集

2008年のカレンダー編集

2007-2008年ドライバーポイント編集

順位 ドライバー 合計 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8
1 ジョニー・ハーバート 45 6 2 8 5 4 - 10 10
2 ディビッド・テリアン 45 5 5 1 8 10 - 8 8
3 ウヴェ・アルツェン 42 4 10 5 10 - 8 5 -
4 ジャン・アレジ 40 10 8 10 6 - 6 - -
5 ジャンニ・モルビデリ 33 - - - 4 8 10 6 5

2008-2009年のカレンダー編集

開催日 開催国 サーキット 第1レース勝者 第2レース勝者
1 2008年12月6日   アラブ首長国連邦 ドバイ・オートドローム  ヴィタントニオ・リウッツィ 豪雨のため中止
2 2009年1月24日   バーレーン バーレーン・インターナショナル・サーキット  ジャン・アレジ  ジョニー・ハーバート
3 2009年2月14日   カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット  ジャンニ・モルビデリ  ヴィタントニオ・リウッツィ
4 2009年2月28日   アラブ首長国連邦 ドバイ・オートドローム  ジャン・アレジ  ジャン・アレジ
5* 2009年4月25日   バーレーン バーレーン・インターナショナル・サーキット  ジョニー・ハーバート  ヴィタントニオ・リウッツィ

*F1のサポートレース。

脚注編集

外部リンク編集