2006年から2007年のA1グランプリ

2006-2007 A1グランプリ
前のシーズン
2005-2006
次のシーズン
2007-2008

2006年から2007年にかけて開催され第2回となるA1グランプリ。2006年10月1日に始まって、2007年4月29日まで全11レース・全10ヶ国で争われた。

2006年-2007年に使用されたマシン(A1グランプリカー)はワンメイクシャーシローラ社、エンジンザイテック社、タイヤクーパー社が提供していた。

2007年4月15日にA1チーム ドイツが優勝を決めた。

チーム編集

各国を代表して24のチームがエントリーした。以下のチームが2006-2007年選手権にエントリーしたチーム。

国名 チーム レースチーム シートホルダー レースドライバー ルーキードライバー
  アイルランド A1チーム アイルランド Eden Rock Sports マーク・カーショー[1] マイケル・デヴァニー
リチャード・ライアン
ジョン・オハラ
  アメリカ A1チーム アメリカ West Surrey Racing[2] リック・ワイドリンガー フィリップ・ジーブラー
ライアン・ハンター=レイ
ジョナサン・サマートン
フィリップ・ジーブラー
ライアン・ハンターレイ
ジョナサン・サマートン
  イギリス A1チーム イギリス Arden International トニー・クレメンツ
ジョン・サーティース
ダレン・マニング
ロビー・カー
オリバー・ジャービス
ロビー・カー
オリバー・ジャービス
  イタリア A1チーム イタリア Team Ghinzani ピエルカルロ・ギンザーニ アレッサンドロ・ピア・グイディ
エンリコ・トカセロ
アレッサンドロ・ピア・グイディ
ミシェル・ルゴロ
エンリコ・トカセロ
  インド A1チーム インド Arena Motorsport アットゥル・グプタ アルマーン・エブラヒム
ナレイン・カーティケヤン
Parthiva Sureshwaren
アルマーン・エブラヒム
ナレイン・カーティケヤン
Parthiva Sureshwaren
  インドネシア A1チーム インドネシア A1チーム インドネシア N/A アナンダ・ミコラ
モレノ・スプラプト
アナンダ・ミコラ
モレノ・スプラプト
  オランダ A1チーム オランダ Racing for Holland[3] ヤン・ラマース ジェローン・ブリーケモレン
アルベルト・ヴァン・ダー・ザンデ
ジェローン・ブリーケモレン
アルベルト・ヴァン・ダー・ザンデ
  オーストラリア A1チーム オーストラリア Alan Docking Racing アラン・ジョーンズ ライアン・ブリスコー
イアン・ダイク
カール・レインドラー
ライアン・ブリスコー
イアン・ダイク
カール・レインドラー
  カナダ A1チーム カナダ John Village Automotive[4] Wade Cherwayko ショーン・マキントッシュ
ジェームズ・ヒンチクリフ
ショーン・マキントッシュ
ジェームズ・ヒンチクリフ
ケビン・ラクロワ
  ギリシャ A1チーム ギリシャ Arena Motorsport Stathis Basios Takis Kaitatzis
Nikos Zakos
Takis Kaitatzis
Nikos Zakos
  スイス A1チーム スイス Max Motorsport マックス・ウェルタ セバスチャン・ブエミ
マルセル・フェスラー
ニール・ジャニ
セバスチャン・ブエミ
マルセル・フェスラー
ニール・ジャニ
  チェコ A1チーム チェコ Charouz Racing System アントニン・チャロウズ トーマス・コスタカ
トーマス・エンゲ
ヤレック・ヤニス
フィリップ・サラクォーダ
ヤン・チャロウズ
ヤン・チャロウズ
ヤレック・ヤニス
フィリップ・サラクォーダ
  中国 A1チーム 中国 Team Astromega[5] リウ・ユィ コン・フゥ・チェン
ホーピン・タン
コン・フゥ・チェン
ホーピン・タン
  シンガポール A1チーム シンガポール West Surrey Racing[6] デニス・リアン
クリスチャン・マーチソン
デニス・リアン
クリスチャン・マーチソン
  ドイツ A1チーム ドイツ Super Nova Racing ウィリー・ウェーバー ニコ・ヒュルケンベルグ
クリスチャン・ベアトリス
ニコ・ヒュルケンベルグ
クリスチャン・ベアトリス
  ニュージーランド A1チーム ニュージーランド Super Nova Racing コリン・ギルトラップ マット・ハリデイ
ジョニー・リード
ウェイド・カニンガム
ジョニー・リード
クリス・ヴァン・ダ・ドリフト
  パキスタン A1チーム パキスタン Performance Racing アリフ・フセイン ヌール・ビィ・アリ ヌール・ビィ・アリ
  フランス A1チーム フランス DAMS[7] ジャン・ポール・ドゥリオ ロイック・デュバル
ニコラ・ラピエール
ジャン・カール・ベルネィ
ロイック・デュバル
ニコラ・ラピエール
ジャン・カール・ベルネィ
  ブラジル A1チーム ブラジル Charouz Racing System エマーソン・フィッティパルディ ブルーノ・ジュンケイラ
ラファエル・マトス
ヴィトール・メイラ
ツカ・ロチャ
リューベン・カーラパトーソ
ラファエル・マトス
アレクサンドル・ネグロ
ルイス・ラジア
ツカ・ロチャ
  ポルトガル A1チーム ポルトガル Carlin Motorsport ルイス・ヴェセンティ アルバロ・パレンテ
ジョアン・ウルバノ
アルバロ・パレンテ
ジョアン・ウルバノ
  マレーシア A1チーム マレーシア A1チーム マレーシア アレックス・ユーン アレックス・ユーン ファイルーズ・ファウジー
アレックス・ユーン
  南アフリカ A1チーム 南アフリカ DAMS[7] トウキョウ・セクスウェイル[7] アラン・ヴァン・ダー・メルヴェ
ステフェン・シンプソン
エイドリアン・ザウグ
ギャビン・クローニュ
ジェニファー・マレー*
アラン・ヴァン・ダー・メルヴェ
エイドリアン・ザウグ
  メキシコ A1チーム メキシコ Teamex フアン・コルティナ
フリオ・ハウレギ
サルバドア・デュラン
セルジオ・ペレス
ファン・パブロ・ガルシア
サルバドア・デュラン
セルジオ・ペレス
ファン・パブロ・ガルシア
  レバノン A1チーム レバノン Carlin Motorsport Tameem Auchi バジル・シャーマン
カリル・ベスチャー
アレキサンダー・カティーブ
アラム・コダイール
バジル・シャーマン
カリル・ベスチャー
アレキサンダー・カティーブ
アラム・コダイール

以下の3つのA1チームは全てのレースに参戦しなかった。

  • A1チーム ギリシャは中国(上海)のレースから参戦しなくなった[8]
  • A1チーム シンガポールは唯一のドライバーだったクリスチャン・マーチソンが南アフリカのレースで負傷した為、最後の3戦を出走しなかった。
  • A1チーム ポルトガルは第8戦目となる南アフリカのレースから参戦したため[9]

*南アフリカでのレースではジェニファー・マレーがA1グランプリ、初の女性ドライバーとしてルーキー・セッションで走行した[10]

レギュレーションの変更点編集

以下の点のルールが変更された。

  • スプリントレースからフィーチャーレースの間の時間が3時間30分に変更された。
  • スプリントレースは30分から20分、フィーチャーレースは60分から70分に時間が変更された。
  • スプリントレースでポイントが与えられるのは上位10位から上位6位に変更された。
  • 6戦未満のレース参戦経験と28歳以下のドライバーは金曜日セッションに参加できるように変更された。

開催地及び結果編集

各レースは週末の金曜日に練習走行(ルーキー・セッション)、土曜日に練習走行と予選を行い、日曜日にスプリントレースとフィーチャーレースが行われた。

開催日 開催国 開催サーキット スプリント優勝チーム フィーチャー優勝チーム 結果
1 2006年10月1日   オランダ ザントフォールト・サーキット   ドイツ   南アフリカ 詳細
2 2006年10月8日   チェコ ブルノ・サーキット   マレーシア   マレーシア 詳細
3 2006年11月12日   中国 重慶市街地コース北京   オランダ   イタリア 詳細
4 2006年11月26日   マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット   スイス   ドイツ 詳細
5 2006年12月10日   インドネシア セントゥール・インターナショナル・サーキット  ニュージーランド  ニュージーランド 詳細
6 2007年1月21日   ニュージーランド タウポ・モータースポーツ・パーク   ドイツ   ドイツ 詳細
7 2007年2月4日   オーストラリア イースタン・クリーク・レースウェイ   ドイツ   ドイツ 詳細
8 2007年2月24日   南アフリカ ダーバン市街地コース   ドイツ   ドイツ 詳細
9 2007年3月25日   メキシコ エルマノス・ロドリゲス・サーキット   マレーシア   フランス 詳細
10 2007年4月15日   中国 上海インターナショナルサーキット   イギリス  ニュージーランド 詳細
11 2007年4月29日   イギリス ブランズ・ハッチ   イギリス   ドイツ 詳細

第12戦目として2007年3月18日に開催される予定だったが、2007年1月17日にA1GP運営機構がローカル地上波との協定を得ることが遅れた結果、ブラジルGPは実施されなかった[11]

ポイントシステム編集

以下は2006-2007年選手権に採用されたポイントシステム。

  • スプリント・フィーチャーレースを通してファステストラップを出したチームに1ポイントが与えられる。
スプリント フィーチャー
順位 ポイント ポイント 賞金
1 6 10 $300,000
2 5 9 $200,000
3 4 8 $150,000
4 3 7 $110,000
5 2 6 $80,000
6 1 5 $60,000
7 4 $40,000
8 3 $30,000
9 2 $20,000
10 1 $10,000
Fast lap 1

各レースの結果編集

"spr"はスプリントレースの略。 "fea"はフィチャーレースの略。

順位 チーム ドライバー                       ポイント
spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea
1   ドイツ ニコ・ヒュルケンベルグ 4 1 Ret 4 5 Ret 2 1 5 2 1 1* 1* 1 1* 1 3 3 2 1 128
クリスチャン・ベアトリス Ret 9
2   ニュージーランド マット・ハリデイ 6 11 10 9 3 3 16 8 93
ジョニー・リード Ret 7 3* 8 1 1 3 3 2 2 16 6 2* 1
3   イギリス ダレン・マニング 5 7 92
ロビー・カー 9 6 5 2 3* Ret 8 Ret 19 10 9 2 1 2 1* 2
オリバー・ジャービス 7 2 2 1
4   フランス ニコラス・ラピエール 3 Ret 3 Ret 17 4 6 3 7 3 67
ロイック・デュバル 2 2 3 9 2 Ret 4 7
ジャン・カール・ベルネィ Ret 20 Ret 8
5   オランダ ジェローン・ブリーケモレン 9 4 11 9 1 Ret 7 9 13 DSQ 4 5 5 4 4 6 17 6 5 57
アルベルト・ヴァン・ダー・ザンデ 9 9 4
6   マレーシア アレックス・ユーン 12 17 1* 1 14 12 4 7 12 5 19 11 7 6 Ret 8 1 5 6 11 5 9 55
7   イタリア アレッサンドロ・ピア・グイディ Ret 6 14 20 52
エンリコ・トカセロ 3 1 Ret 13 11 4 9 8 15 12 12 Ret 7 4 10 7 3 3
8   スイス セバスチャン・ブエミ 10 8 8 10 5 4 4 7 4 9 Ret DSQ 50
ニール・ジャニ 9 Ret 1 4 10 8 5 4
マルセル・フェスラー 10 14
9   アメリカ フィリップ・ジーブラー 7 2 6 17 11 Ret 9 6 4 9 8 8 42
ライアン・ハンターレイ 11 10
ジョナサン・サマートン Ret Ret 5 2 5 Ret 9 6
10   メキシコ サルバドア・デュラン 2 5 7 3 2 Ret 11 Ret 2 6 12 Ret 11 15 Ret Ret 17* Ret 35
セルジオ・ペレス 15 Ret
ファン・パブロ・ガルシア 18 14
11   カナダ ジェームズ・ヒンチクリフ 8 13 2 5 4 10* 6 6 13 Ret 13 Ret 13 15 33
ショーン・マキントッシュ 8 5 8 Ret Ret 6 10 12
12   チェコ トーマス・コスタカ 17 Ret 27
トーマス・エンゲ 5 2 8 6 Ret 14 17 12 9 5 11 Ret
ヤレック・ヤニス 16 7 12 12
フィリップ・サラクォーダ 17 10
ヤン・チャロウズ 13 15
13   オーストラリア ライアン・ブリスコー 13 3 12 17 6 10 25
カール・レインドラー 15 16 12 3 14 13 14 14 16 Ret
イアン・ダイク 3 8 16 Ret 14 Ret
14   南アフリカ エイドリアン・ザウグ 1* Ret Ret 5 13 12 7 Ret 4 3 15 Ret 24
ステフェン・シンプソン Ret 11
アラン・ヴァン・ダー・メルヴェ 9 Ret 7 16 16 Ret 8 12
15   中国 コン・フゥ・チェン 11 9 4 8 13 Ret 10 16 11 15 Ret 10 22
ホーピン・タン Ret 13 13 9 6 3 14 Ret 6 10
16   インド アルマーン・エブラヒム Ret Ret 17 18 18 11 16 19 18 Ret 13
ナレイン・カーティケヤン 10 7 15 9 11 18 7 17 7 4
Parthiva Sureshwaren 18 16
17   ポルトガル アルバロ・パレンテ 8 5 14 7 11 11 10
ジョアン・ウルバノ 19 13
18   ブラジル ツカ・ロチャ 14 12 10 14 15 14 Ret 11 9
ラファエル・マートス 6 7 19 18 16 14
ブルーノ・ジュンケイラ 17 7 Ret 13 12 Ret
ヴィットール・メイラ 14 19
19   アイルランド マイケル・デヴァニー 15 14 13 13 20 Ret 14 10 8
リチャード・ライアン 17 12 Ret 19 10 Ret 6 Ret Ret 16 12 5 8 DSQ
20   シンガポール クリスチャン・マーチソン Ret 16 16 8 15 11 Ret 15 12 Ret Ret Ret 3
デニス・リアン 18 19
21   インドネシア アナンダ・ミコラ 19 10 16 15 15 Ret Ret 15 14 11 15 Ret 17 13 10 Ret 8 11 13 16 1
モレノ・スプラプト 17 16
22   パキスタン ヌール・ビィ・アリ 20 Ret 20 Ret 21 Ret 18 21 20 15 18 18 20 Ret 18 10 15 21 20 18 Ret 17 1
23   レバノン バジル・シャーマン 16 Ret 12 12 19 13 19 Ret 0
カリル・ベスチャー 17 20
アレキサンダー・カティーブ Ret 17 Ret 17
アラム・コダイール 19 Ret 18 19 18 14 Ret 13
24   ギリシャ Takis Kaitatzis 18 15 Ret 0
Nikos Zakos 19
順位 チーム ドライバー spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea spr fea ポイント
                     

2006-2007年シーズンでの主な出来事編集

第3戦中国のレースでの出来事
  • 2006-2007年の第3戦中国のレースは北京市街地コースで行われた。しかし、その市街地コースの長いバックストレートの先端にあったヘアピンが約180度あり狭くて曲がれないため金曜日の練習走行は赤旗が振られ中止となってしまった。その後、バックストレートを短し新しくヘアピンが作られて対策がなされた[12]
  • ピットレーンへ進入するコース上に障害物がありピットレーンへ進入するには障害物を避けなければならなかったが、そのままの状態で予選と決勝が行われた。
  • 予選の時に、コース上のマンホールの蓋(ふた)がマシンのダウンフォースで浮き上がるという問題が起き予選が中止された。
  • スプリントレースとフィーチャーレースともにセーフティカーが先導する形でスタートとなった。特にスプリントレースの周回のほとんどがセーフティカーが先導するかたちで行われた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ A1 Team Ireland has secured a title sponsor for 2007/08 season motorsport.com (September 12, 2007)
  2. ^ Team USA and WSR announce partnership crash.net (August 31, 2006)
  3. ^ A1 Team Netherlands signs sponsorship agreement cranialcavity.net (July 1, 2006)
  4. ^ A1 GP Calendar - 2006/7 team-jva.com
  5. ^ Team history team-astromega.com
  6. ^ Murchison's Singapore pledge channelnewsasia.com (September 8, 2006)
  7. ^ a b c A1GP makes a return motoring.iafrica.com (September 26, 2006)
  8. ^ Course concerns in Beijing”. 2006年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月10日閲覧。
  9. ^ A1 Team Portugal returns to A1GP World Cup of Motorsport”. 2007年2月24日閲覧。
  10. ^ Jennifer Murray results.a1gp.com
  11. ^ Brazilian race withdrawn from the 2006/07 calendar”. 2007年1月17日閲覧。
  12. ^ A1中国グランプリで大問題が発生(GPUpdate.net 2006年10月11日記事)

外部リンク編集