メインメニューを開く

セント・ヴィンセント (戦艦)

HMS St Vincent (1908).jpg
艦歴
発注 1907年
起工 1907年12月30日
進水 1908年9月10日
就役 1909年5月3日
退役 1921年3月
その後 1921年12月1日スクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 19,488トン
満載:23,050トン
全長 163.4 m
全幅 25.6 m
吃水 8.5 m
機関 パーソンズ式ギアード・タービン、4軸推進、24,500 shp
最大速 21ノット (39 km/h)
航続距離 10ノット (19 km/h) 時に4,690カイリ (8,690 km)
乗員 756名
兵装 12インチ砲(30,5cm)10門(2×5)
4インチ砲20門
18インチ魚雷発射管3門
装甲 舷側:254mm(主装甲部)
甲板:76mm(主甲板)
砲塔:279mm(前盾)
バーベット:229mm

セント・ヴィンセント (St. Vincent) はイギリス海軍弩級戦艦セント・ヴィンセント級の1番艦ネームシップ、その名を持つ艦としては4隻目、先代はネルソン級戦列艦en:HMS St Vincent (1815)

艦名は1797年2月14日のサン・ビセンテ岬の海戦(英語読みでセント・ヴィンセント海戦)の名およびスペイン艦隊を撃破した戦功によりセント・ヴィンセント伯爵の称号を与えられたジョン・ジャーヴィス提督の称号に因む。

セント・ヴィンセント級の概観編集

1907年度計画艦、弩級戦艦を急速に整備するため前年度計画艦のベレロフォン級戦艦の設計をほぼ踏襲するが ドイツやアメリカの新型砲に対抗して主砲30.5cm(12インチ)砲を45口径から50口径に変更した事により、主砲弾の貫徹力は向上したが命中精度は減退し、連続発射の散布界は1万㎡を越えた。 主砲砲身の延長により4番-5番砲塔の間隔は3m伸び砲塔基部直径は30cm増え、船体が若干大型化した事により前級より102mm副砲が16→20門に4門増加した代り艦首、船尾水線部の装甲を薄くしている。[1] 同型艦3隻とも、ユトランド沖海戦で主砲を80-90斉射して特にダメージを受けなかったが ヴァンガード (戦艦・初代)は1917年火薬庫の爆発事故により沈没、後の2隻は戦後ワシントン海軍軍縮条約により破棄され解体。

艦歴編集

1907年12月30日起工、1908年9月10日進水、1909年5月3日就役、1,721,970ポンドの経費が掛かる。 ポーツマスの本国艦隊第1戦艦隊2番目の旗艦となる。

1911年6月24日スピッドヘッドでジョージ5世の戴冠式に参加

1914年4月本国艦隊の第1戦艦戦隊に編入

1916年5月31日ユトランド沖海戦には第1戦艦戦隊の第5戦艦隊所属で参加し、12インチ砲を98斉射して特に大きな損傷は無かった。

1916年6月、第4戦艦戦隊に移管される。

1919年3月予備役に移籍され砲術訓練艦となる。

1921年3月退役し12月1日スクラップとして売却された。

脚注編集

  1. ^ 海人社, p.20

参考文献編集

  • 海人社、「世界の艦船 近代戦艦史」、1987年3月15日No.377

外部リンク編集

  • [1]艦名の由来は此方から
  • [2]英語のページ、第1次世界大戦の海戦
  • [3]英語のページ、セント・ヴィンセントの写真