ヴァンガード (戦艦・初代)

HMS Vanguard (1909).png
艦歴
発注 1907年
起工 1908年4月2日
進水 1909年2月22日
就役 1910年3月1日
退役
その後 1917年7月9日に爆沈
除籍
性能諸元
排水量 19,560トン
全長 152.4 m
全幅 25.6 m
吃水 8.7 m
機関 パーソンズ式ギアード・タービン、4軸推進、24,500 shp
最大速 21.7ノット (40.2 km/h)
航続距離 10ノット (19 km/h) 時に6,900カイリ (12,780 km)
乗員 758名
兵装 12インチ砲10門
4インチ砲12門
18インチ魚雷発射管3門

ヴァンガード (HMS Vanguard) はイギリス海軍戦艦セント・ヴィンセント級。その名を持つ艦としては8隻目。1917年(大正6年)7月9日、火薬庫事故により爆沈した[1]

艦歴編集

バロー=イン=ファーネスヴィッカース社で1908年4月2日起工。1909年2月22日進水。1910年3月1日就役。

第一次世界大戦が勃発するとヴァンガードはスカパ・フローの第1戦艦戦隊に加わり、ユトランド沖海戦には第4戦艦戦隊所属で参加した。

1917年(大正6年)7月9日の夜[注釈 1]、スカパ・フローでヴァンガードは爆発を起こし沈没した。周囲に停泊中だった戦艦ウォースパイト (HMS Warspite) などが短艇を派遣し、救助をおこなう[2]。この事故で843人が死亡した。生存者は2人だけであった[2]。死者には江渡恭助海軍大佐が含まれている。査問委員会による結論は、4インチ砲弾薬庫から発生した火災が主砲の火薬庫にひろがり、火薬の誘爆を招いたというものだった[3]。最初の火災の原因は、コルダイト火薬の欠陥による自然引火とされた[3]

出典編集

注釈編集

  1. ^ この日は月曜日だった[1]

脚注編集

  1. ^ a b ウォースパイト 1988, pp. 109–111ヴァンガードの爆沈
  2. ^ a b ウォースパイト 1988, p. 110.
  3. ^ a b ウォースパイト 1988, p. 111.

参考文献編集

  • V.E.タラント、井原祐司 訳『戦艦ウォースパイト 第二次大戦で最も活躍した戦艦』光人社、1998年11月。ISBN 4-906631-38-X
  • Siegfried Breyer (1973). Battleships and Battle Cruisers, 1905-1970.London: Macdonald & Jane's

関連項目編集

外部リンク編集