メインメニューを開く

ソニーATVミュージックパブリッシング

ソニーATVミュージックパブリッシング(ソニー エイティーヴイ ミュージックパブリッシング、Sony/ATV Music Publishing LLC)は、ソニーが所有する世界最大の音楽出版社である。

1995年12月ソニーアメリカ合衆国での音楽出版部門とマイケル・ジャクソンが所有するATV Music Publishingが合併して誕生した。持ち分は、マイケル・ジャクソン(ジャクソンの死後はマイケル・ジャクソン遺産管理財団)が50%、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ(ソニーの米国法人)が50%だった。2006年にソニーは、同社の実質的な経営権とジャクソンの持ち株の半分を購入する権利を獲得していた。

2007年5月には、バイアコムからエミネムダニエル・パウタービョークシャキーラなどの楽曲の版権を所有するフェイマス・ミュージック (en:Famous Music) を買収している。

2012年6月29日、ソニー主導の投資家グループによるEMIの音楽出版事業の買収が完了、EMIミュージック・パブリッシングが保有する楽曲の管理はソニーATVに委託された。これにより、ソニーATVは200万曲以上の版権を持つ世界最大の音楽出版社になった[1]

2016年3月15日、ソニーはMJ財団が保有するSony/ATV Music Publishingの50%の持分を取得する旨の法的拘束力を有する基本合意書を締結したと発表した。2016年9月30日に取引が完了し、同社はソニーの完全子会社となった[2]。なお本取引には、マイケル・ジャクソンの楽曲原盤権やMijac Music社(マイケル・ジャクソン自身の楽曲版権を所有する音楽出版社)およびEMIミュージック・パブリッシングのMJ財団持分は含まれていない。

版権を所有している主なアーティスト編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集