メインメニューを開く

ソロモン・ハウモノSolomon Haumono1975年10月13日 - )は、オーストラリア国籍のプロボクサー、元ラグビーリーグ選手。ニュージーランドオークランド出身。身長188cm、リーチ188cm。第18代・第19代OPBF東洋太平洋ヘビー級王者。第16代PABAヘビー級王者。

ソロモン・ハウモノ
Solomon Haumono (21 September 2008) 2.jpg
基本情報
本名 ソロモン・ハウモノ
通称 solo
階級 ヘビー級
身長 188cm
リーチ 188cm
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1975-10-13) 1975年10月13日(44歳)
出身地 オークランド
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 24
KO勝ち 21
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

来歴編集

元々はラグビーリーグの選手で、ナショナルラグビーリーグスーパーリーグで活躍した。

2000年にラグビーリーグを引退し、ボクシングに転向した。

2000年7月3日、シドニーでのデビュー戦を2回KO勝ちでデビュー戦を白星で飾った。

2001年7月13日、4戦目でニューサウスウェールズ州ヘビー級王座の獲得に成功した。同王座は1度の防衛を果たした。

2002年6月14日、ファトゥ・チマノノ(フィジー)戦を最後に一度ボクシングを引退し、ラグビーリーグに復帰することとなった。

2007年にボクシング復帰。同年3月7日に5年前に戦った相手と対戦し初回KO勝ちでブランクを物ともせずパワーを見せつけた。

2008年8月27日、クリフ・コーザー(アメリカ合衆国)とヘビー級8回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。デビュー戦から続いていた連続KO勝ちは14で止まったものの、デビュー戦からの連勝を15に伸ばした。

2009年3月11日、元OPBF東洋太平洋ヘビー級王者のコリン・ウィルソン(アメリカ)とヘビー級10回戦を行い、1-1の判定で引き分けた。キャリア初の引分でデビュー戦からの連勝が16で止まった。

2009年8月16日、ジャスティン・ホワイトヘッドとWBFインターナショナルヘビー級王座決定戦を行い、プロ初黒星となる1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。デビュー戦からの連勝が16で止まった。

2009年9月18日、OPBF東洋太平洋ヘビー級王者マイケル・カービー(アメリカ)と対戦し、10回21秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年7月5日、オークランドでジョーイ・ウィルソン(ニュージーランド)とヘビー級8回戦を行い、1-1の判定で引き分けた。

2012年9月7日、フランクリン・エゴビ(ナイジェリア)とオーストラリアヘビー級王座決定戦を行い、10回2分5秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年12月31日、日本の大阪で自身の王座返上に伴うOPBF東洋太平洋ヘビー級王座決定戦を藤本京太郎日本/角海老宝石)と行い、5回57秒TKO勝ちを収め3年ぶりの王座返り咲きに成功した[1]

2013年4月28日、ビタリ・クリチコに挑戦経験あるケビン・ジョンソン(アメリカ)とヘビー級契約での試合を行い、プロ初のKO負けとなる10回TKO負けを喫した。

2014年10月2日、2012年12月31日にOPBF東洋太平洋ヘビー級王座を戴冠してから一度も防衛戦を行わなかった為、王座を剥奪された[2][3]

2015年10月30日、ニューサウスウェールズ州レッドファーンでハンター・サムとPABAヘビー級暫定王座決定戦を行い、12回3-0(98-91、98-92、97-92)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2015年11月10日、WBAは最新ランキングを発表。上述のサム戦に勝利し王座獲得に成功したハウモノをWBA世界ヘビー級14位にランクインした[5]

2015年12月10日、WBAは最新ランキングを発表。ハウモノをWBA世界ヘビー級14位に据え置いた[6]

2016年1月19日、WBAは最新ランキングを発表。ハウモノをWBA世界ヘビー級ランキングから15位以下に除外した[7]

2016年4月8日、WBAは最新ランキングを発表。ハウモノをWBA世界ヘビー級13位にランクインした[8]

2016年4月27日、ブリスベンブリスベンコンベンション&エキシビジョンセンターでマヌエル・アルベルト・プチェタ(アルゼンチン)とWBAオセアニアヘビー級暫定王座決定戦並びにジョセフ・パーカーの王座剥奪に伴うPABAヘビー級王座決定戦を行い、6回KO勝ちを収めWBAオセアニア暫定王座とPABA王座の正規王座認定に成功した(記録上は暫定王座の初防衛)[9][10]

2016年5月6日、WBAは最新ランキングを発表。ハウモノをWBA世界ヘビー級12位にランクインした[11]

2016年6月8日、WBAは最新ランキングを発表。ハウモノをWBA世界ヘビー級11位にランクインした[12]

2016年7月14日、WBAは最新ランキングを発表し、ハウモノをWBA世界ヘビー級11位に据え置いた[13]

2016年7月21日、クライストチャーチホーンキャッスル・アリーナWBOオリエンタルヘビー級王者でOPBF東洋太平洋ヘビー級王者のジョセフ・パーカーと対戦し、4回1分35秒TKO負けを喫しWBOオリエンタル王座の獲得、OPBF王座への返り咲きに失敗した[14][15]

2016年8月11日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のパーカー戦に敗れたハウモノをWBA世界ヘビー級ランキングからランク外とした[16]

2017年6月24日、グダニスクエルゴ・アリーナで元世界2階級制覇王者のトマシュ・アダメクとヘビー級10回戦を行い、10回0-3(90-100、91-99が2者)の判定負けを喫し再起を果たせなかった[17][18]

戦績編集

  • プロボクシング:30戦24勝(21KO)4敗2分

獲得タイトル編集

  • ニューサウスウェールズ州ヘビー級王座
  • 第18代OPBF東洋太平洋ヘビー級王座(防衛0=返上)
  • オーストラリアヘビー級王座
  • 第19代OPBF東洋太平洋ヘビー級王座(防衛0=剥奪)
  • PABAヘビー級暫定王座(防衛1=正規王座に認定)
  • WBAオセアニアヘビー級暫定王座(防衛0)
  • 第16代PABAヘビー級王座(防衛0)

脚注編集

  1. ^ “京太郎TKO負け「人生、こんなもん」”. デイリースポーツ. (2013年1月1日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/01/01/0005639735.shtml 
  2. ^ OPBF September Ratings 2014 OPBF公式サイト 2014年10月2日
  3. ^ 松本亮ら日本勢6人がOPBFランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月3日
  4. ^ Solomon Haumono beats Hunter Sam to take interim PABA heavyweight title in “Fight Against Ice” Daily Telegraph 2015年10月31日
  5. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年11月10日
  6. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年12月10日
  7. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年1月19日
  8. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年4月8日
  9. ^ Horn stops Bailey in seven Fightnews.com 2016年4月27日
  10. ^ Solomon Haumono unimpressive despite KO win over Manuel Alberto Pucheta SMH.com.au 2016年4月27日
  11. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年5月6日
  12. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年6月8日
  13. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年7月14日
  14. ^ #1 heavyweight Parker KOs Haumono in four Fightnews.com 2016年7月21日
  15. ^ 井上尚弥世界戦チケット情報、海外試合結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月22日
  16. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年8月11日
  17. ^ Adamek, Glowacki, Masternak victorious Fightnews.com 2017年6月24日
  18. ^ 海外結果 元王者フォルトゥナ、アダメク勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月25日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
マイケル・カービー
第18代OPBF東洋太平洋ヘビー級王者

2009年9月18日 - 2009年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ソロモン・ハウモノ
空位
前タイトル保持者
ソロモン・ハウモノ
第19代OPBF東洋太平洋ヘビー級王者

2012年12月31日 - 2014年10月2日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ジョセフ・パーカー
暫定王座決定戦 対戦者
ハンター・サム
PABAヘビー級暫定王者
2015年10月30日 - 2016年4月27日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
ジョセフ・パーカー
第16代PABAヘビー級王者

2016年4月27日 - 現在

次王者
N/A