メインメニューを開く

タイ・カップ(Tie Cup)は、1900年から1919年まで行われていたサッカーの国際カップ戦である。コパ・コンペテンシア・チェバリエール・ボウテル (Copa Competencia Chevallier Boutell) とも呼ばれ、世界最古の国際サッカー大会のひとつに数えられている。アルゼンチンブエノスアイレスロサリオウルグアイのサッカー協会所属のクラブが参加した。1900年の第1回大会ではアルゼンチン・アソシエーション・フットボールリーグのフランシス・ヘプブルン・チェバリエール・ボウテル会長がトロフィーを授与し、1919年まで毎年開催された[1]

タイ・カップ
Tie Cup trophy.jpg
開始年 1900
終了年 1919
主催 アルゼンチンサッカー協会 (AFA)
ウルグアイサッカー協会 (AUF)
加盟国 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレスロサリオ
ウルグアイの旗 ウルグアイ
最多優勝 アルゼンチンの旗 アルムニ
(6回)
テンプレートを表示

大会形式編集

1900年から1906年までは、3つのサッカー協会から4クラブが出場。アルゼンチンサッカー協会 (AFA) から2クラブ、ロサリオサッカー協会から1クラブ、ウルグアイサッカー協会 (AUF) から1クラブが参加してトーナメント戦が行われた。1907年から1919年まではアルゼンチンとウルグアイから1クラブずつが出場して1試合のみが行われた。それぞれの国で行われた大会(アルゼンチンの場合はコパ・ジョッキー・クラブ)の結果で出場クラブが決定された。

歴代大会結果編集

[2]

優勝 スコア 準優勝 場所 都市
1900   ベルグラーノ・アスレティック 2-0   ロサリオ・アスレティック フローレス・グラウンド ブエノスアイレス, フローレス地区
1901   アルムニ 2-1 (aet)   ロサリオ・アスレティック ローマスAC ローマス・デ・サモーラ
1902   ロサリオ・アスレティック 1-1 (aet)   アルムニ スポルティーバ・アルヘンティーナ ブエノスアイレス, パレルモ地区
1-1 (aet)
2-1 (aet)
1903   アルムニ 3-2 (aet)   ロサリオ・アスレティック スポルティーバ・アルヘンティーナ ブエノスアイレス, パレルモ地区
1904   ロサリオ・アスレティック 3-2 (aet)   CURCC フローレス・グラウンド ブエノスアイレス, フローレス地区
1905   ロサリオ・アスレティック 4-3 (aet)   CURCC スポルティーバ・アルヘンティーナ ブエノスアイレス, パレルモ地区
1906   アルムニ 10-1   ベルグラーノ・アスレティック キルメスAC ブエノスアイレス, キルメス地区
1907   アルムニ 3-1   CURCC フェロカリル・オエステ ブエノスアイレス, カバリート地区
1908   アルムニ 4-0   ワンダラーズ ベルグラーノ・アスレティック ブエノスアイレス, ベルグラーノ地区
1909   アルムニ 4-0   CURCC ヒムナシア・イ・エスグリマ (BA) ブエノスアイレス, パレルモ地区
1910 中止 [3]
1911   ワンダラーズ 2-0   サン・イシドロ サン・イシドロ ブエノスアイレス, サン・イシドロ地区
1912   サン・イシドロ 1-0   ナシオナル 不明 ブエノスアイレス
1913   ナシオナル 1-0   サン・イシドロ 不明 ブエノスアイレス
1914   リーベル・プレート 1-0   ブリストル フェロカリル・オエステ ブエノスアイレス, カバリート地区
1915   ナシオナル 2-0   ポルテーニョ 不明 ブエノスアイレス
1916   ペニャロール 3-0   ロサリオ・セントラル ラシン アベジャネーダ
1917   ワンダラーズ 4-0   インデペンディエンテ 不明 ブエノスアイレス
1918   ワンダラーズ 2-1   ポルテーニョ ヒムナシア・イ・エスグリマ (BA) ブエノスアイレス, パレルモ地区
1919   ボカ・ジュニアーズ 2-0   ナシオナル スポルティーボ・バラカス ブエノスアイレス, バラカス地区

優勝回数編集

脚注編集

  1. ^ Cup Tie Competition at Historia y Fútbol website
  2. ^ Cup Tie Competition - detailed tournaments RSSSF
  3. ^ エストゥディアンテス (BA)CURCCが試合を行って2-2で引き分けた。再試合は行われず、優勝クラブを決定することなく大会は中止された