タ・プロームTa Prohm クメール語:តាព្រហ្ម)は、カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院宮殿などの遺跡群の内のひとつで[1]、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡[2]。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世[3]

遺跡に絡みつく樹木
タ・プローム
観音菩薩像
全体図

修復について

編集

ガジュマルによる浸食が激しい[4]。三重の回廊に覆われた遺跡には、文字通り樹木が食い込んでいる[5]。あまりの酷さにインド政府はタ・プロームの修復計画を発表した(インドはタ・プロームの修復を担当している)。しかし、現在ここで議論が沸き起こっている。熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論である。2006年10月現在、この遺跡の修復方針をめぐって、ユネスコを中心とした活発な議論が継続中である[6]

その他

編集

映画「トゥーム・レイダー」と「トゥー・ブラザーズ」の撮影が行われたことで知られる[7]

関連項目

編集

ギャラリー

編集

脚注

編集

参考文献

編集

座標: 北緯13度26分06秒 東経103度53分21秒 / 北緯13.43500度 東経103.88917度 / 13.43500; 103.88917