メインメニューを開く

ダイアリー‐車いすの青春日記‐』(ダイアリー くるまいすのせいしゅんにっき)は、1988年2月16日日本テレビ系列のカネボウヒューマンスペシャル枠で放送されたテレビドラマ[1]

ダイアリー-車いすの青春日記-
ジャンル テレビドラマ
原作 板見陽子
脚本 今野勉
演出 祖父江信太郎
出演者 長谷川真弓
佐久間良子
河原崎長一郎
柳葉敏郎
所ジョージ
など
プロデューサー 伊藤祥二
制作 日本テレビ
放送
音声形式 副音声付放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1988年2月16日
放送時間 火曜21:02 - 22:51
放送枠 カネボウヒューマンスペシャル
放送分 109分
回数 1
テンプレートを表示

原作は第8回読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞・優秀賞を受賞した、板見陽子の同名小説[2][3]

あらすじ編集

幼少期に冒された高熱により、両手両足が麻痺してしまった中学3年生の尾形翔子。普通高校への進学を希望するも、受験予定校から入学拒否の返事が来てしまう。

受賞編集

出演者編集

その他編集

  • 主演を演じた長谷川は、本作をきっかけに原作者の板見と交流を始め、2016年の年賀状のやり取りまで続いた。しかし、同年3月に板見は急逝したことが長谷川の公式ブログに記されている[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b カネボウヒューマンスペシャル ダイアリー 車いすの青春日記” (日本語). 放送ライブラリー. 財団法人放送番組センター. 2017年2月3日閲覧。
  2. ^ 読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞” (日本語). e-hon 文学賞ページ. トーハン. 2011年12月1日閲覧。
  3. ^ ダイアリー - ドラマ詳細データ” (日本語). テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2011年12月1日閲覧。
  4. ^ 日本民間放送連盟賞/1988年(昭和63年)入選・事績” (日本語). 表彰番組・事績. 社団法人日本民間放送連盟. 2017年2月3日閲覧。
  5. ^ 表彰対象検索” (日本語). 放送文化基金賞データベース. 公益財団法人放送文化基金. 2017年2月3日閲覧。「受賞回」にて「第14回(1988年)」を選択、若しくはフリーワードをタイトル名で検索。
  6. ^ 長谷川真弓 (2016年4月29日). “板見さんのこと”. 長谷川真弓オフィシャルブログ「ハセガワさんのブログ」. アメーバブログ. 2016年9月20日閲覧。