ダッジ・アスペン

アスペンAspen )はアメリカのクライスラーダッジブランドで1975年から1980年の間に生産したコンパクトカーである。同時期にプリムスブランドで生産されたプリムス・ヴォラーレとともに両ブランドのステーションワゴン 、4ドアセダン、2ドアクーペとして発売された。同じクライスラー社から販売されたSUVクライスラー・アスペンとの関係はない。

ダッジ・アスペン
クーペ
Dodge Aspen 2-door sedan brown.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューアーク
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハムトラムク
 コロンビアボゴタ
メキシコの旗 メキシコ(メキシコシティ)
販売期間 1975年1980年(生産終了)
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアクーペ
4ドアステーションワゴン
駆動方式 後輪駆動
変速機 3速AT/3速MT
全長 5,110 mm(セダン、ワゴン)
5,050 mm(クーペ)
全幅 1,862 mm
全高 1,405 mm(セダン)
1,354 mm(クーペ)
1,415 mm(ワゴン)
ホイールベース 2,863 mm(セダン、ワゴン)
2,761 mm(クーペ)
車両重量 1,500 kg(ベースクーペ)
先代 ダッジ・ダート/プリムス・ヴァリアント
後継 ダッジ・アリエス/プリムス・リライアント
ダッジ・400/クライスラー・レバロン
プラットフォーム クライスラー・Fプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

ダッジ・アスペンとプリムス・ヴォラーレは共に1975年秋に1976年モデルとしてクライスラー・Fプラットフォームを用いて導入された。これらはクライスラー・Aプラットフォームを用いる ダッジ・ダートプリムス・ヴァリアント / プリムス・ダスターの後継モデルとの位置づけであった。

1976年には英モータートレンド誌のモータートレンド・カーオブザイヤーに選ばれている。

生産履歴編集

 
1977プリムス・ボラーレセダン

生産にあたって行われたる空力開発プログラムには、抗力低減から横風安定性、風切り音、換気性能までの幅広い研究が含まれており、風洞試験により、この車両は燃料節約の可能性において空力的に健全であるとされた。 このテストの結果、フロントエンドの輪郭は柔らかくなり、成形された内部空気流ダクトが助けられた[1]

アスペンのボディエンジニアリングは、当時最新のコンピューター技術を使用して実行された。また、ユニットボディの開発には、金属で形成する前に応力点を示すプラスチック製の模型を使用して行われた。

生産にあたっては以前の車種より薄いガラス、より軽量なサイドドアビーム、 HSLA製のブラケット、および従来の軟鋼の4倍の強度の補強材を使用することで、最大限の燃費を実現するための軽量化が達成された。 また、スタンピングの数を減らした結果、パネルの整合性が向上し、溶接も少なく済んだ。

加えて、アスペンは運転視界が向上しており、他のダッジのコンパクトと比較して、アスペンは2ドアモデルで25%、セダンで33%の総ガラス面積が多い結果となった[2]

キャスターやキャンバーなどのホイールアライメント調整は、ホイールハウス上のプレートを取り外すことで行うことができた。 新しい分離横サスペンションシステムは、クライスラーが1957年に導入し、その年からFプラットフォームがリリースされるまでのすべてのモデルで使用されていた伝統的な縦トーションバーからの大幅な転換で[1] あり、横(左右)方向のバーは幾何学的に有利なものではなかったが、スペースと重量を節約できる結果となった。さらに、新しいフロントサスペンションシステムは、サスペンションが低く、また前後にも動くことができ、タイヤが真っ直ぐに上下するだけではなく後方に移動できるため、乗り心地を改善すると宣伝された。

マーケティング編集

テレビコマーシャルにはレックス・ハリソンが起用され、1976年のテレビCMでは彼の往年の名作「マイ・フェア・レディ」の「アスコット・ガヴォット」を模したシーンが制作された。

一方、ヴォラーレにはテナー歌手のセルジオ・フランチが起用され、CMの最後で「ボラーレ」の一説を歌った。

スイスの中小自動車メーカーモンテヴェルディは1977年から1979年にかけて、この車をベースにした高級サルーン、シエラを販売した。

参考文献編集

  • Lenzke, James T.; Lee, John Martin, eds (2000). Standard Catalog of Chrysler 1914–2000. Krause Publications. ISBN 978-0-87341-882-9. https://archive.org/details/standardcatalogo0000lenz_y2p6 

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Chrysler Corporation: 'Aspen Engineering. For release: Sunday, September 28, 1975'
  2. ^ Chrysler Corporation: 'Press release for use in 1976 North American International Auto Show sections'

関連項目編集

外部リンク編集