ダニエル・カサノバ (フェリー)

ダニエル・カサノバ(DANIELLE CASANOVA)は、当初SNCMが、後にコルシカ・リネアが運航したクルーズフェリー。

ダニエル・カサノバ
Casa BIA.jpg
バスティアに入港する「ダニエル・カサノバ」
基本情報
船種 フェリー
船籍 フランスの旗 フランス
所有者 SNCM(2002-2016)
コルシカ・リネア(2016-)
建造所 フィンカンティエリ (アンコーナイタリア)
母港 アジャクシオ
船級 BV
信号符字 FILL
IMO番号 9230476
MMSI番号 226242000
改名 メディテラネ(2002)
ダニエル・カサノバ(2002-)
経歴
発注 2000年3月23日
起工 2001年2月28日
進水 2001年11月28日
竣工 2002年6月26日
就航 2002年7月5日
現況 就航中
要目
総トン数 41,447 トン
全長 176 m
全幅 30.40 m
喫水 6.62 m
機関方式 ディーゼル
主機関 バルチラ 9L46C 4基
推進器 2軸
出力 37,800 kW
速力 24ノット
旅客定員 2,400名
乗組員 172名
車両搭載数 トラック64台、乗用車700台
テンプレートを表示

船歴編集

1989年に就航した初代ダニエル・カサノバの代船として、フィンカンティエリ アンコーナで建造され、は2001年に「メディテラネ」の名で建造され2002年7月5日、SNCMのマルセイユ - アジャクシオ間に就航。ナポレオン・ボナパルトに似た船として設計されました。2016年にコルシカ・リネアに移籍し、マルセイユ - チュニスとマルセイユ - アジャクシオ間に就航。

船内編集

11デッキ
  • サンルーム
10デッキ
  • カフェバー「アランブラ」(ALHAMBRA)
  • ディスコテーク「カップ・カナイ」(CAP CANAILLE)
  • ブティック
  • 展望通路
  • スナックバー「ラ・クリク」(LA CRIQUE)
  • プール
9デッキ
  • 特等室(4名×12室)
  • ミーティングルーム「ア・マリナ」(A. MARINA)
  • レストラン「レ・カランク」(LES CALANQUES)
  • レストラン「ジロラタ」(GIROLATA)
  • カフェテリア・レストラン「レ・アルボウシエ」(LES ARBOUSIERS)
6デッキ
  • 案内所
5デッキ
  • エントランス
  • 座席部屋(320名)
8デッキ, 7デッキ, 6デッキ, 5デッキ
  • 室(4名×458室)

ギャラリー編集

事故・インシデント編集

コロナウイルス症例の発見編集

2020年7月6日、コロナウイルスに苦しむ数人の船員が発見された後、110人の乗組員が下船した。試験を実施した後、乗組員の間で19例のコロナウイルスが確認された。したがって、船はマルセイユに固定され、マルセイユ消防大隊によって消毒されます[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集