コルシカ人フランス語: Corses)、インド・ヨーロッパ語族の西イタリア語派に属するイタリア語の民族文化グループで、主にフランスのコルシカ島に分布しています。

コルシカ人
 
総人口
約 2 500 000 - 3 500 000
居住地域
フランスの旗 フランス

ニースマルセイユオート=コルス県

コルス=デュ=シュド県
言語
コルシカ語フランス語
宗教
ローマ・カトリック
関連する民族
サルデーニャ人イタリア系ギリシャ人

人類学と民族学

編集

コルシカ人の民族基盤は、サルデーニャ起源のヌラージ文明、その後トレア文明のコルシカ部族で構成されていました。古代において、彼らは古代コルシカ人からリグーリア人、カルタゴ人、エトルリア人、最初のギリシャ人入植者、そしてラテン人などの他のイタリア人に影響を受け、混合されました。私たちの時代の初めに、コルシカ島はローマ字化を受けました。中世、コルシカ島の地元住民は少数のギリシャ人と混合していました。 ビザンチン人、ゲルマン人の東ゴート人、フランク人、ロンバルド人。9世紀にコルシカ島は スペインから来たアラブ人とイスラム教徒によって征服され、11 世紀と18世紀には ピサ人とジェノバ人が島を支配しました。先住民族は島の中央部に住むことを好み、それが相対的な治安に貢献し、外国人との混合を防ぐことに貢献したことは注目に値します。

しかし、影響にもかかわらず、コルシカ人はこれらの侵略者から特定の伝統を引き継ぎ、時には言語(例えば、漂流してコルシカ島となったトスカーナ語)や伝統(コルシカ島の復讐は「伝統」の派生である)を採用しながらも、これらの連続する侵略者に対して敵対的であった。東ゴート族の復讐の物語)。

コルシカ人の民族的基盤はサルデーニャ起源であるが、現代のコルシカ人は、特に古代における強いエトルリア人の祖先のためだけでなく、イタリア中部の民族集団としてのサルデーニャの人々と同じくらい近い。ピサ共和国のトスカーナの権力と、コルシカ島の2 世紀にわたる支配の間のコルシカ人へのトスカーナ文化の拡散。ピサ共和国からのトスカーナ文化の拡散は、コルシカ島の伝統的な建築だけでなく、コルシカ島の言語にも影響を与えました。トスカーナとサルデーニャの要素が混ざり合った地元の文化に至るまで。

クラウディウス・プトレマイオスによれば、コルシカ島には 12 の国々が住んでおり、その大部分が先住民族であったが、ローマの影響はごく一部にしか受けなかった[1]

その後何世紀にもわたって、コルシカ島はピサ人(1050 年から 1295 年まで) とジェノバ人(1295 年から島がラ スペルバから解放された 1755 年まで)によって支配され、植民地化されました。これは、ほとんどの姓がコルシカ島起源のイタロ・ローマ音を持っています(アンドレアニ、アンドレオニ、アゴスティーニ、アルベルティーニ、バルトリ、ベネデッティ、ブレシ、カサノバ、チェザーリ、コロンナ、コッポラーニ、フィリッピ、ルチアーニ、パドヴァーニ、パオレッティ、パオリ、ピエトリ、ロッシ、サントーニ、シメオーニなど) 。)。実際、これらは主に、ピサまたはジェノバの統治時代(すでにトスカーナ語を公用語として使用していた)に遡る「翻訳」または「イタリア語化」の結果である。

数世紀にわたり、コルシカ島人はバルバリー諸島からの襲撃に苦しみ、捕らえられた多くのコルシカ人が北アフリカで奴隷にされました。これらの奴隷の一部はイスラム教に改宗し、オスマン帝国に仕える反逆者となり、今度は他のコルシカ人を捕らえました。これらの反逆者の中には、コルシカ島出身でムラディテ王朝を創設し、 1613年から1702年までチュニス摂政を統治したハッサン・コルソ、マミ・コルソ、ムラド・ベイが含まれる[2]

ピエール・ダヴィティ によれば、17世紀初頭、コルシカ島人はほとんど文明化されておらず、イタリア人に見られるような礼儀正しさはありませんでした。彼らは「非常に残酷」であり、シーザーが彼らについてこの外見について言ったことを今でも覚えていますが、それでも彼らの中には非常に優れた兵士と強くて勇敢な男たちがいます。さらに、彼らは非常に執念深いので、イタリア人には、生きていても死んでいてもいないコルシカ人を信頼すべきではないという一般的なことわざがあるほどです。なぜなら、人が殺されるとすぐに、突然彼の親戚全員が集まり、殺人者を殺そうとするからです。可能[3]

ピエール・ダヴィティ によれば、17世紀初頭、コルシカ島人はほとんど文明化されておらず、イタリア人に見られるような礼儀正しさはありませんでした。彼らは「非常に残酷」であり、シーザーが彼らについてこの外見について言ったことを今でも覚えていますが、それでも彼らの中には非常に優れた兵士と強くて勇敢な男たちがいます。さらに、彼らは非常に執念深いので、イタリア人には、生きていても死んでいてもいないコルシカ人を信頼すべきではないという一般的なことわざがあるほどです。なぜなら、人が殺されるとすぐに、突然彼の親戚全員が集まり、殺人者を殺そうとするからです。可能[4]

遺伝的

編集

2006年、コルシカ島住民の遺伝的構造に関する研究により、コルシカ島人とサルデーニャ島人との間に強い遺伝的近接性があることが明らかになった[5]。2019年、コルシカ島の人口のゲノム解析により、イタリア北部および中部の人口との遺伝的類似性が近いことも明らかになりましたが、その一方で、サルデーニャ人とは、顕著な割合の祖先、人口学的プロセス、および同様の孤立を共有しています。コルシカ人は古代イベリア人(遠いバスク人の祖先)、ギリシャ人、ゲルマン人、そしてケルトは古代後期に遡り、アラビア語やベルベル人の要素と同様に 55 ~ 70 世代 (およそローマ帝国の滅亡時から6 世紀のサラセン侵攻まで) まで遡りますが、起源はサルデーニャ人とその住民と共通です。イタリア中部のが大多数です。分析では、コルシカ島のサンプルは、イタリア人、スペイン人、バルカン半島の人々と同様に、初期ヨーロッパの新石器時代の祖先が多い (56%) という特徴がありました (図 5B)。さらに、コルシカ島はイランの新石器時代に関連する割合が比較的高かった(22%)が、西部および東部の狩猟採集民(WHG、EHG)の寄与はそれより低く、約11%であった[6]。分析の結果、コルシカ島の人口はサルデーニャ島やイタリア中北部といくつかのゲノム特徴を共有しており、ゲノム祖先の独特な混合を生み出していることが明らかになりました。少数ながらスラブ系のコルシカ人もいる最近では、コルシカ島における白系ロシア人の脱出[7]

著名な人々

編集

著名な一族

編集

ボナパルト家

編集

イタリアのロンバルディア州にルーツを持つイタリア系コルシカ人の一族。代々コルシカ島の地主の家柄であり元来は血統貴族であったが、ジェノヴァ共和国統治下のコルシカには貴族制がなかったため正式な貴族ではなかったが、コルシカ独立戦争の敗戦後、シャルル・マリ・ボナパルトはフランス側へ転向し、正式に貴族の一員となった。その子であるナポレオン・ボナパルトの代にフランス革命後の混乱を収拾し軍事独裁政権(フランス第一帝政)を樹立すると、数多の戦争(ナポレオン戦争)と婚姻政策により領土を拡張しイギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を支配下に置き、帝国の下に築かれたいくつもの傀儡国家に自らの兄弟や縁戚を国王として置き栄華を極めた。だが、最終的に対仏大同盟におけるナポレオンの敗北と流刑と共に一度は没落した。

ナポレオン一世の甥・ナポレオン三世の代にフランス第二共和制大統領を経て1852年に再び帝国を再興(フランス第二帝政)するが1870年に普仏戦争でナポレオン三世自身が捕虜となったことをきっかけに帝政は崩壊し、共和制に移行し王室としてのボナパルト家は断絶した。

  1. ^ Xavier Poli, La Corse dans l'Antiquité et dans le Haut Moyen Âge, Librairie Albert Fontemoing, Paris, 1907.
  2. ^ Azzedine Guellouz; Mongi Smida; Abdelkader Masmoudi; Ahmed Saadaoui (2007). “62” (フランス語). Histoire générale de la Tunisie. pp. 454. ISBN 978-9973-844-76-7 .
  3. ^ http://os-mediavia.net/ce-quibn-khaldoun-nous-apprend-des-corses/
  4. ^ "Davity 1616">Pierre Davity, Les Estats, empires, et principautez du monde, Paris, Chevalier, 1616.
  5. ^ http://www.didac.ehu.es/antropo/11/11-7/Giovannoni.pdf.
  6. ^ Erika Tamm et al., « Genome-wide analysis of Corsican population reveals a close affinity with Northern and Central Italy », in Scientific Reports, volume 9, Article no 13581, 2019 (lire en ligne).
  7. ^ Les Russes en Corse