ダバオ・アギラスFC

ダバオ・アギラスFC: Davao Aguilas Football Club)は、かつて存在したフィリピンダバオ州タグム英語版ホームタウンとするサッカークラブ。

ダバオ・アギラスFC
原語表記 Davao Aguilas Football Club
愛称 Aguilas (The Eagles)
創設年 2017年
解散年 2018年
所属リーグ フィリピン・フットボールリーグ
ホームタウン ダバオ州タグム
ホームスタジアム ダバオ・デル・ノルテ・スポーツ・コンプレックス英語版
収容人数 3,000
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCの共同オーナーの一人でもあるジェファーソン・チェンによって設立された[1]。2017年のフィリピン・フットボールリーグ (PFL) 創設に合わせて唯一ミンダナオ島をホームとするクラブのプロジェクトが立ち上げられ、3月26日にクラブの設立セレモニーが催された[2][3]

クラブはシモーネ・ロータジェイソン・デ・ヨング英語版マシュー・ハートマンニック・オドネル英語版、そしてフィルジェームズのヤングハズバンド兄弟といった選手を獲得し[4]、6月にはサン・ミゲル・コーポレーションとスポンサー契約を締結した[5]。2017年はリーグ7位に終わった。

2018年はフィリピン代表選手や外国人選手をさらに獲得し、ファーストフードチェーンのTapa Kingやセブパシフィック航空もスポンサーに加わった[6]。この年はリーグ3位となった。シーズン終了後の9月16日に日本湘南ベルマーレとパートナーシップを締結した[7]

しかし、同年暮れにPFLに代わる新リーグの構想が浮上[8]。PFLの将来が不透明になったことを受けて、ダバオ・アギラスは12月15日にクラブの活動停止を発表した。チェンは引き続きフィリピンサッカー界には関わるが、今後はダバオにおけるインフラ整備や育成プログラムに注力する意向を表明している[9]

脚注編集

  1. ^ 小川由紀子 (2018年10月25日). “フィリピンサッカーの発展に尽力する10人+X”. サッカーキング. 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ Bob Guerrero (2017年3月27日). “A football club is born: Meet Davao Aguilas FC”. Rappler. 2020年1月25日閲覧。
  3. ^ Cedelf P. Tupas (2017年3月27日). “Aguilas hope to inspire football resurgence in mindanao”. Inquirer. 2020年1月25日閲覧。
  4. ^ Davao Aguilas officially signs Phil & James Younghusband”. FOX Sports Philippines (2017年8月3日). 2020年1月25日閲覧。
  5. ^ Jack Biantan (2017年6月24日). “San Miguel Corp. finally supports football”. SunStar Philippines. 2020年1月25日閲覧。
  6. ^ Earl Averilla (2018年4月26日). “Davao Aguilas on the rise in Philippine club football”. FOX Sports Philippines. 2020年1月25日閲覧。
  7. ^ ダヴァオ・アギラスFC(フィリピン フットボールリーグ)とのパートナーシップ締結に関するお知らせ”. 湘南ベルマーレ (2018年9月16日). 2020年1月25日閲覧。
  8. ^ Bob Guerrero (2018年12月8日). “Bernie Sumayao looks to transform Philippine club football”. Rappler. 2020年1月25日閲覧。
  9. ^ Cedelf P. Tupas (2018年12月15日). “Davao pullout leaves PFL with 5 teams”. Inquirer. 2020年1月25日閲覧。