メインメニューを開く
Ad Dakhla (Villa Cisneros)

ダフラアラビア語: الداخلة‎, Dakhla, Dajla, Ad Dakhla)は、西サハラの都市。大西洋に面する港湾都市で、アイウンの約550km南にある。旧称はビリャ・シスネロスビジャ・シスネロススペイン語: Villa Cisneros)。2006年当時の人口は約67,000人[1]。日本語ではダクラとも表記される[1]

リオ・デ・オロ地域の中心都市で、空港無線局インターネットカフェモスクなどがある。1502年にスペインによって発見されたダフラには、1884年にスペインの軍事基地が建設され、現在もその名残がみられる。

ダフラの港は主に漁港として利用されている[1]

経済編集

石油編集

ダフラの海岸部には石油が埋蔵されていると考えられており、領土紛争の要因にもなっている[2]。2015年初頭にアメリカ合衆国コスモス・エナジー英語版社とイギリスのケアン・エナジー英語版社は現地の住民の許可を得ない原油の調査を行った[2][3]

カキ工業編集

カキの養殖はダフラの伝統的な産業である[2]。収獲されたカキは現地に出荷され、次いでマラケシュカサブランカのレストランに卸され、余ったものがヨーロッパに輸出される[2]。2015年4月にVICEは近年になってダフラのカキがヨーロッパの高級レストランに輸出され始めたと報告している[2]

スポーツ編集

ダフラは水上スポーツの中心地として知られており[4]カイトサーフィンウィンドサーフィンキャスティングといった競技が盛んに行われている[5][2]

ギャラリー編集

脚注編集

参考文献編集

  • 飯山陽「ダフラ」『世界地名大事典 3』中東・アフリカ、朝倉書店、2012年11月。ISBN 978-4-254-16893-8

外部リンク編集