メインメニューを開く

DNEGは、イギリスVFX制作会社である。もともとの社名はダブル・ネガティブDouble Negative)。

DNEG
DNEG
種類 非公開企業[1]
略称 Dneg
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン
設立 1998年
業種 視覚効果
CGIアニメーション
代表者 マシュー・ホルベン(CEO)
従業員数 1001-5000名[1]
外部リンク http://www.dneg.com/
テンプレートを表示

ロンドンのソーホーに所在し、1998年に30名のスタッフで始まった。最初の仕事は2000年の映画『ピッチブラック』。現在ではスタッフの数は750人を超えるほどにまで大きく成長し、ヨーロッパ最大の映画のVFX制作会社となった。

2009年、ダブル・ネガティブはシンガポール支社を設立。55人以上を雇っている。シンガポール支社はロンドンの本社とのみやり取りし、限られたプロジェクトに関わっている。また、カナダにもバンクーバー支社を設立している。

2006年にはディズニーの主要アニメーターであったエアモン・バトラーがダブル・ネガティブに転職し、ハリー・ポッターなどでアニメーション・スーパーバイザーとして働いた。2008年にはダブル・ネガティブのアニメーション部門の代表を務めている。

2013年には映画製作部門を設立[2]

2016年にシンガポール支社は解散している。

目次

参加作品編集

インターネット・ムービー・データベースの情報および会社サイトより引用[3][4]

映画編集

2000年代編集

2010年代編集

2020年代編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b Double NegativeLinkedInページ
  2. ^ Double Negative Launch New Film Division | Double Negative
  3. ^ With Double Negative (DNEG)Internet Movie Database、2019年5月18日閲覧。
  4. ^ TV VFX Archives会社サイト、2019年5月18日閲覧。

外部リンク編集