メインメニューを開く

ファースト・マン』(原題: First Man)は、2018年アメリカ合衆国伝記映画。監督はデイミアン・チャゼル、脚本はジョシュ・シンガーで、ジェームズ・R・ハンセン英語版によるニール・アームストロングの伝記『ファーストマン: ニール・アームストロングの人生英語版』を原作としている。ライアン・ゴズリングがニール・アームストロングを演じ、他にクレア・フォイジェイソン・クラークカイル・チャンドラーコリー・ストールキーラン・ハインズクリストファー・アボットパトリック・フュジットルーカス・ハースらが出演。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める。

ファースト・マン
First Man
監督 デイミアン・チャゼル
脚本 ジョシュ・シンガー
原作 ジェームズ・R・ハンセン英語版
ファーストマン: ニール・アームストロングの人生英語版
製作 ウィック・ゴッドフリー英語版
マーティ・ボーウェン
アイザック・クラウスナー
デイミアン・チャゼル
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
アダム・メリムズ
ジョシュ・シンガー
出演者 ライアン・ゴズリング
クレア・フォイ
ジェイソン・クラーク
カイル・チャンドラー
コリー・ストール
クリストファー・アボット
キーラン・ハインズ
音楽 ジャスティン・ハーウィッツ
撮影 リヌス・サンドグレン
編集 トム・クロス
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ[1]
アンブリン・エンターテインメント[1]
ドリームワークス・ピクチャーズ[1]
テンプル・ヒル・エンターテインメント英語版[1]
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ[2]
ファンタズマ[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イタリアの旗 2018年8月29日(ヴェネツィア国際映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2018年10月12日
日本の旗 2019年2月8日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $59,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $102,736,545[3]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $44,936,545[3]
テンプレートを表示

映画はヴェネツィア国際映画祭においてワールド・プレミアを迎え[4][5]、アメリカでは2018年10月12日、日本では2019年2月8日に公開された[6]

目次

概要編集

史上初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロングの、1961年から1969年にかけてのNASAのミッションが実話に基づいて描かれる[7]。 過去に制作された『ライトスタッフ』や『アポロ13』、『ドリーム』のような宇宙開発や宇宙飛行の英雄譚を描いた群像劇とは一線を画する異色作として描かれており。全体的に暗い内容で描かれており、あくまでニール・アームストロング個人の視点、焦点で物語が進んでいく。 なお日本語字幕の監修は日本初の宇宙飛行士である毛利衛が努めている。

物語編集

ニールはX-15の飛行実験の最中命からがらになりながら宇宙空間で「ある事」を感じ取る。着陸時にチャック・イェーガーから操縦の未熟さを指摘され、退任へとなる。それでもジェミニ計画の候補として当初選ばれたものの娘の危篤状態から参加を拒否するが、娘の死をきっかけに月へ行くことに執着を持つようになり宇宙飛行士への参加を決意する。

キャスト編集

ニール・アームストロング
演 - ライアン・ゴズリング、日本語吹替 - 内田夕夜
ジェミニ8号アポロ11号の船長で、月面を歩いた最初の人物となった宇宙飛行士。
感情を表に出さず、あまりの寡黙さから周りからも何を考えているのか分からない人物として描かれる。X-15の飛行実験により宇宙開発から身を引こうとするが、ある事がきっかけで月に行くことに異常な執着を見せるようになる。
ジャネット・アームストロング
演 - クレア・フォイ、日本語吹替 - 小林さやか
ニールの妻。危険な訓練や宇宙飛行の中でも、夫の冷淡過ぎる態度や口数の少ない性格に時々苛立ちを覚えている。
エド・ホワイト
演 - ジェイソン・クラーク、日本語吹替 - 坂詰貴之
ニールの友人。アメリカ人初の宇宙遊泳を行った宇宙飛行士。アポロ1号のクルーに選ばれる。ニールの気難しい態度を察しながら気を遣う。
ディーク・スレイトン
演 - カイル・チャンドラー、日本語吹替 - 山路和弘
テストパイロット兼技術者で、マーキュリー・セブンの一人に選出された宇宙飛行士。
バズ・オルドリン
演 - コリー・ストール、日本語吹替 - 魚建
アポロ11号のパイロットで、月面を歩いた2番目の人物となった宇宙飛行士。ニールと対照的に快活な人物で月面着陸に希望を馳せる。
エリオット・シー
演 - パトリック・フュジット
ニールの友人。フライトテストエンジニア。ニールと共にジェミニ5号のバックアップクルーを務めた後、ジェミニ9-A号の船長に任命される[8]
デイヴ・スコット
演 - クリストファー・アボット
ニールと共にジェミニ8号に乗った宇宙飛行士。
ボブ・ギルルース英語版
演 - キーラン・ハインズ
NASAの有人宇宙船センターのファースト・ディレクター。
パトリシア・ホワイト
演 - オリヴィア・ハミルトン
エドの妻。
ジェームズ・ラヴェル
演 - パブロ・シュレイバー
アポロ11号のバックアップ・コマンダー。
ガス・グリソム
演 - シェー・ウィガム
マーキュリー・セブンの一人。アポロ1号の船長。
マイケル・コリンズ
演 - ルーカス・ハース
アポロ11号の司令モジュール用パイロット。ジェミニ10号で宇宙飛行も行った。
ピート・コンラッド
演 - イーサン・エンブリー
ジェミニ5号のパイロット。ジェミニ8号のバックアップ・コマンダーも務めた。
ジョー・ウォーカー
演 - ブライアン・ダーシー・ジェームズ英語版
アームストロングの上司で、2回のスペースプレーンの飛行を最初に成功させたパイロット[9]
ロジャー・チャフィー
演 - コーリー・マイケル・スミス
ジェミニ3号ジェミニ4号宇宙船通信担当官[10]。アポロ1号のクルー。
マリリン・シー
演 - クリス・スワンバーグ
エリオットの妻。
リック・アームストロング
演 - ギャヴィン・ウォーレン(幼年期)、ルーク・ウィンターズ(少年期)
ニールの長男。妹の死がきっかけで親たちに相手にされなくなった事で、構ってほしさに悪さをするようになる。
マーク・アームストロング
演 - コナー・コルトン・ブロジェット
ニールの次男。
カレン・アームストロング
演 - ルーシー・ブロック・スタッフォード
ニールの娘。脳幹腫瘍になり2歳で他界する。ニールは葬儀の時も一切表情を崩さずその日からアポロ計画に執着するようになる。
チャック・イェーガー
演 - マシュー・グレイヴ
冒頭、X-15でミスをしたが生還したニールに、否定的な評価をする。

製作編集

2003年クリント・イーストウッドワーナー・ブラザースジェームズ・R・ハンセン英語版によるニール・アームストロングの伝記『ファーストマン: ニール・アームストロングの人生英語版』の映画化の権利を購入した[11]。のちにユニバーサル・ピクチャーズが権利を購入し、『First Man』というタイトルでの映画化を計画した[12]

2015年11月24日ライアン・ゴズリングがタイトルロールを演じ、デイミアン・チャゼルが監督、ジョシュ・シンガー[13]ニコール・パールマンが脚本を担当することが発表された。2017年3月、公開日が2018年10月12日に設定された[14]

2017年5月、クレア・フォイが出演交渉を受けていることが報じられた[15]。2017年6月、カイル・チャンドラーコリー・ストールジェイソン・クラークがキャストに加わった[16][17][18]。2017年7月、シェー・ウィガムがキャストに加わり、クレア・フォイも出演契約を果たしたことも確認された[19]。2017年8月にはジョン・バーンサル[20]、翌月にはブライアン・ダーシー・ジェームズ英語版[9]、同年10月にはパブロ・シュレイバーパトリック・フュジットコーリー・マイケル・スミス、スカイラー・バイブルらがキャストに加わった[21][8][10][22]

主要製作は2017年10月後半にアトランタで開始し、2018年2月に終了した。いくつかのシーンはIMAX 70mmカメラで撮影された[23][24]

公開編集

本作は2018年8月29日にヴェネツィア国際映画祭においてワールド・プレミアを迎え、2018年9月にはテルライド映画祭で、2018年9月9日にはトロント国際映画祭英語版で上映される。アメリカ合衆国においては2018年10月12日にユニバーサル・ピクチャーズより公開予定[25]

騒動編集

ヴェネツィアでのプレミア上映後、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に星条旗を立てるシーンが存在しないことが物議を醸した。また、同日に行われた記者会見で、ライアン・ゴズリング(カナダ人)が「アームストロングが成し遂げた偉業はアメリカの偉業ではなく人類の偉業だと思っています」と発言したため[26]、アメリカの保守層の反感を買うことになった。ついには、マルコ・ルビオ上院議員が自身のTwitterで「これは全く以てふざけた話です。(中略)。アポロ計画に必要だった費用はアメリカ国民の血税で賄われました。宇宙船はアメリカ人の手で建造されましたし、アメリカ人が生み出した技術によって生み出されたものです。また、搭乗していた宇宙飛行士もアメリカ人です。アポロ計画は国連のミッションではありません。」とツイートするに至った[27]

なお、原作者のジェームズ・R・ハンセンとアームストロングの息子2人が本作を擁護するコメントを出している[28][29]。オルドリンは自身とアームストロングが月面に旗を立てた際の写真をTwitterに投稿しており、そのツイートには#proudtobeanAmericanや#onenationなどのハッシュタグがつけられている[30]

こうした指摘に対し、チャゼル監督は「驚いている」と前置きした上で、「ストーリーの性質上、細かいエピソードをすべて盛り込むことはできなかった」「この作品ではアームストロング船長の内面や知られざる一面を描き出したかった。船長が月面に星条旗を立てるシーンはあまりにも有名で、知られざる一面ではない。」「船長が月面に星条旗を立てるシーンこそないが、月面に星条旗が立っているシーンはある」という主旨の釈明をした[31][32]

評価編集

映画批評集積サイトRotten Tomatoesでは12件のレビューに基づき、批評家支持率は92%、平均評価は10点満点中8.4点となっている[33]Metacriticでは、10件のレビューに基づき100点満点中81点が付けられ、「世界的な大絶賛」(: "universal acclaim")と紹介されている[34]

原作本編集

関連書籍編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e Film releases”. Variety Insight. Variety Media. 2018年7月12日閲覧。
  2. ^ Film Review: ‘First Man’”. ヴァラエティ (2018年8月29日). 2019年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c first man”. Box Office mojo. 2019年2月11日閲覧。
  4. ^ Anderson, Ariston (2018年7月25日). “Venice to Kick Off Awards Season With New Films From Coen Brothers, Luca Guadagnino and Alfonso Cuaron”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2018年7月25日閲覧。
  5. ^ Vivarelli, Nick (2018年7月25日). “Venice Film Festival Lineup: Heavy on Award Hopefuls, Netflix and Star Power”. Variety. Penske Business Media. 2018年7月25日閲覧。
  6. ^ 「ラ・ラ・ランド」コンビ再び!初めて月に降り立った男の伝記映画が公開”. 映画ナタリー (2018年7月20日). 2018年7月20日閲覧。
  7. ^ Chitwood, Adam (2017年10月20日). “Check Out Synopses for 2018 Universal Films ‘Jurassic World 2’, ‘The Purge 4’, and More” (英語). Collider. http://collider.com/universal-movies-2018-synopses-cast-release-dates/ 2017年10月27日閲覧。 
  8. ^ a b N'Duka, Amanda (2017年10月9日). “Patrick Fugit Joins Damien Chazelle’s ‘First Man’; ‘The Hate U Give’ Casts Dominique Fishback” (英語). Deadline. http://deadline.com/2017/10/patrick-fugit-damien-chazelle-first-man-the-hate-u-give-dominique-fishback-1202184942/ 2017年10月27日閲覧。 
  9. ^ a b “"Spotlight" Star Brian d’Arcy James Lands on Damien Chazelle’s Moon Movie "First Man"” (英語). The Tracking Board. (2017年9月29日). http://www.tracking-board.com/spotlight-star-brian-darcy-james-lands-on-damien-chazelles-moon-movie-first-man/ 2017年10月27日閲覧。 
  10. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2017年10月17日). “‘Gotham’s Cory Michael Smith Joins ‘First Man’s Space Crew” (英語). Deadline. http://deadline.com/2017/10/gothams-cory-michael-smith-joins-first-mans-space-crew-1202190050/ 2017年10月27日閲覧。 
  11. ^ Clint Eastwood to Produce and Direct Film Based on Life of Neil Armstrong”. Allbusiness.com (2003年3月12日). 2010年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月12日閲覧。
  12. ^ First Man: The Life of Neil A. Armstrong comingsoon.net. Retrieved: 2011-04-15.
  13. ^ Fleming Jr, Mike (2015年11月24日). “Ryan Gosling Orbiting Damien Chazelle’s Neil Armstrong Movie At Universal?”. deadline.com. http://deadline.com/2015/11/ryan-gosling-neil-armstrong-movie-first-man-damien-chazelle-1201636876/ 2015年11月29日閲覧。 
  14. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年3月7日). “Universal’s Damien Chazelle-Ryan Gosling Moon Landing Pic ‘First Man’ To Set Down In Fall 2018”. Deadline. http://deadline.com/2017/03/universals-damien-chazelle-ryan-gosling-moon-landing-pic-first-man-to-set-down-in-fall-2018-1202038507/ 2017年6月20日閲覧。 
  15. ^ Kit, Borys (2017年5月15日). “Claire Foy in Early Talks to Star in 'The Girl in the Spider's Web'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/claire-foy-early-talks-star-girl-spiders-web-1003942 2017年6月20日閲覧。 
  16. ^ Fleming Jr, Mike (2017年6月20日). “Kyle Chandler To Play Astronaut Deke Slayton In Damien Chazelle’s ‘First Man’”. Deadline. http://deadline.com/2017/06/kyle-chandler-first-man-astronaut-deke-slayton-damien-chazelle-ryan-gosling-1202117085/ 2017年6月20日閲覧。 
  17. ^ Ford, Rebecca (2017年6月20日). “Corey Stoll to Play Buzz Aldrin in 'First Man'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/corey-stoll-play-buzz-aldrin-first-man-1014816 2017年6月20日閲覧。 
  18. ^ Kit, Borys (2017年6月21日). “Jason Clarke in Talks to Join Damien Chazelle's Neil Armstrong Biopic 'First Man' (Exclusive)”. Deadline. http://www.hollywoodreporter.com/news/jason-clarke-talks-join-damien-chazelles-neil-armstrong-biopic-first-man-1015380 2017年6月21日閲覧。 
  19. ^ Sneider, Jeff (2017年7月15日). “Shea Whigham In Negotiations To Join Ryan Gosling In Damien Chazelle's "First Man" (Exclusive)”. The Tracking Board. http://www.tracking-board.com/shea-whigham-in-negotiations-to-join-ryan-gosling-in-damien-chazelles-first-man-exclusive/ 2017年7月15日閲覧。 
  20. ^ Jr, Mike Fleming (2017年8月30日). “Jon Bernthal Wraps Steve McQueen’s ‘Widows’, Eyes Damien Chazelle’s ‘First Man’”. Deadline. http://deadline.com/2017/08/jon-bernthal-steve-mcqueen-directed-widows-first-man-wind-river-1202158765/ 2017年9月1日閲覧。 
  21. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年10月3日). “Damien Chazelle Astronaut Movie ‘First Man’ Finds Its Jim Lovell” (英語). Deadline. http://deadline.com/2017/10/ryan-gosling-first-man-pablo-schreiber-jim-lovell-astronaut-cast-1202180966/ 2017年10月27日閲覧。 
  22. ^ N'Dula, Amanda (2017年10月27日). “Skyler Bible Joins ‘First Man’; Freddie Stroma Cast In ‘Second Act’; Jonathan Goldsmith Boards ‘Mamma Mia’ Sequel” (英語). Deadline. http://deadline.com/2017/10/skyler-bible-first-man-freddie-stroma-second-act-jonathan-goldsmith-mamma-mia-sequel-1202196298/ 2017年10月27日閲覧。 
  23. ^ Yee-haw! Ryan Gosling practices his lassoing skills on the Atlanta set of Neil Armstrong biopic First Man”. Daily Mail. DMG Media (2017年10月24日). 2017年11月2日閲覧。
  24. ^ “Jon Bernthal Boards Damien Chazelle's Neil Armstrong Biopic 'First Man'” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/jon-bernthal-boards-damien-chazelles-neil-armstrong-biopic-first-man-1034094 2017年10月27日閲覧。 
  25. ^ Lee, Ashley (2017年3月7日). “Universal Sets Ryan Gosling's Neil Armstrong Biopic for Fall 2018 Debut” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/universal-sets-ryan-goslings-neil-armstrong-biopic-fall-2018-debut-983996 2017年3月9日閲覧。 
  26. ^ Ryan Gosling: Neil Armstrong Didn't View Himself as "American Hero"”. 2018年9月4日閲覧。
  27. ^ 21:21 - 2018年8月31日 by@marcorubio”. 2018年9月4日閲覧。
  28. ^ 「ファースト・マン」が反アメリカ的!? アームストロング船長の子息らが反論”. 2018年9月4日閲覧。
  29. ^ Neil Armstrong's Sons Fire Back: 'First Man' Isn't "Anti-American"”. 2018年9月4日閲覧。
  30. ^ 12:43 - 2018年9月3日 by@TheRealBuzz”. 2018年9月4日閲覧。
  31. ^ アポロ船長の伝記映画、「月面の星条旗」めぐり物議”. 2018年9月7日閲覧。
  32. ^ Damien Chazelle defends 'First Man'”. 2018年9月7日閲覧。
  33. ^ First Man (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年8月29日閲覧。
  34. ^ First Man Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年8月29日閲覧。

外部リンク編集