ダルコ・ディミトロフ

ダルコ・ディミトロフマケドニア語:Дарко Димитров / Darko Dimitrov1973年1月21日 - )はマケドニア共和国ソングライター作曲家音楽プロデューサーユーゴスラビア社会主義連邦共和国マケドニア社会主義共和国スコピエ(現マケドニア共和国)出身、マケドニア共和国をはじめバルカン半島諸国のポップ・ミュージック全般に強い影響力を持つプロデューサーとなっている。

ダルコ・ディミトロフ
Дарко Димитров
出生名 ダルコ・ディミトロフ(Дарко Димитров / Darko Dimitrov
生誕 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビアマケドニア社会主義共和国スコピエ(現マケドニア共和国)
(1973-01-21) 1973年1月21日(48歳)
出身地 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア
職業 ソングライター作曲家音楽プロデューサー
レーベル M2プロダクション

出自編集

ダルコ・ディミトロフは1973年、現在のマケドニア共和国の首都スコピエに生まれた。父親は歌手で作曲家のスラヴェ・ディミトロフ(Slave Dimitrov)、祖父はオペラや伝統音楽の歌手ブラゴヤ・ペトロフ・カラギュレ(Blagoja Petrov Karagjule)という音楽家の多い一族に生まれた。マケドニア音楽アカデミーを卒業後は一家のレコーディング・スタジオであるストゥディオ・ディミトロヴィ(Studio Dimitrovi)で彼の父、および兄弟のオリヴェル(Oliver)と共に働くようになる。オリヴェルはスカ・バンドSuperhiksのデビューアルバムのプロデュースなどで知られる人物である。

来歴編集

初期のころに手がけた代表作のひとつに、ラップ・グループNulta Pozitivによる「Otvori go pendžerčeto」(窓を開けろ)がある。 1990年代にはヒップ・ホップやポップ・ラップを主に手がけていたが、やがてその分野はポップ・ミュージックへと広がっていった。1990年代後半以降、彼が楽曲をプロデュースしたアーティストとしては、カロリーナ・ゴチェヴァトシェ・プロエスキカリオピヨヴァン・ヨヴァノフ(Jovan Jovanov)、マルティン・ヴチッチタマラ・トデフスカティヤナ・ダプチェヴィッチヴラド・ヤネフスキヴルチャクマヤ・グロズダノフスカ・パンチェヴァ(Maja Grozdanovska Pančeva、ダルコ・ディミトロフの妻)、ゲンタ・イスマイリレオノラ・ヤクピアニェザ・シャヒニレディナ・チェロ、そして2007年のユーロビジョン・ソング・コンテスト優勝者マリヤ・シェリフォヴィッチなどの名が挙がる。

1999年、彼がプロデュースした楽曲を集めたコンピレーション・アルバム100% hits - The Best of Darko Dimitrovは、マケドニアのレコード売り上げ記録を更新するヒットとなった。

また、彼の楽曲はバルカン半島諸国の有名な多くの音楽フェスティバルに参加している。その例として、マケドニア共和国のスコピエのスコピエ・フェストシュティプの「Makfest」、オフリドオフリド・フェストモンテネグロスンチャネ・スカレブドヴァ音楽祭セルビアの「FERAS」、トルコの「Pamukkale Festival」ルーマニアチェルブル・デ・アウル国際音楽祭アルバニアケンガ・マジケなどがある。

2006年のユーロビジョン・ソング・コンテストでマケドニア代表としてエレナ・リステスカが歌った曲「Ninanajna」はダルコ・ディミトロフがプロデュースしたものであり、この曲は同コンテストで決勝12位となった。これは、同コンテストのマケドニアの順位として過去最高である。

ディミトロフはIvo Jankovskiとともに音楽プロダクション会社M2プロダクションを設立、マケドニアの音楽グループ「Leb i Sol」、「Arhangel」、「Anastazija」のマネージャも務める。M2は何度かタレント・ショー番組を製作、同番組からはエレナ・リステスカのほかにランベ・アラバコスキ、Aleksandra Pileva、4play、Emil Arsov、トゥーナといったスターたちが生まれている。

ディスコグラフィー編集

脚注と参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集