チコとリタ』 (Chico & Rita) は、2010年に公開されたスペインイギリス合作のアニメーション映画1940年代1950年代キューバアメリカジャズ・シーンを舞台にした音楽アニメーション。音楽監修と劇中のチコのピアノ演奏は、キューバ音楽の黄金時代の中心人物ベボ・バルデス英語版

チコとリタ
Chico & Rita
監督 フェルナンド・トルエバ
ハビエル・マリスカル
脚本 フェルナンド・トルエバ
イグナシオ・マルティネス・デ・ピソン
製作 サンティ・エランド
クリスティナ・フエテ
マーティン・ポープ
マイケル・ローズ
製作総指揮 スティーヴ・クリスチャン
マーク・サミュエルソン
音楽 ベボ・バルデス
編集 アルナウ・キレス
公開 イギリスの旗 2010年11月19日
スペインの旗 2011年2月25日
日本の旗 2011年9月17日(ラテンビート映画祭)
上映時間 94分
製作国 スペインの旗 スペイン
イギリスの旗 イギリス
言語 スペイン語
英語
テンプレートを表示

第25回ゴヤ賞の長編アニメーション賞、第24回ヨーロッパ映画賞のアニメ映画賞を受賞した。また、第84回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた。日本では、2011年に開催された第8回ラテンビート映画祭にて上映された。

スタッフ編集

  • 監督 - フェルナンド・トルエバハビエル・マリスカル、トーノ・エランド
  • 製作総指揮 - スティーヴ・クリスチャン、マーク・サミュエルソン
  • 製作 - サンティ・エランド、クリスティナ・フエテ、マーティン・ポープ、マイケル・ローズ
  • 脚本 - フェルナンド・トルエバ、イグナシオ・マルティネス・デ・ピソン
  • 音楽 - ベボ・バルデス
  • 編集 - アルナウ・キレス

声の出演編集

  • リマラ・メネセス - リタ
  • エマン・ソール・オニャ - チコ
  • マリオ・ゲラ - ラモン

ストーリー編集

男性ジャズ・ピアニストのチコは、成功を夢見ていた。チコの恋人で女性歌手のリタは、キューバハバナからアメリカニューヨークへと渡るのだが、そのうちキューバの政治状況が変わり、アメリカとの関係が悪化してしまう。

公開・興行成績編集

2010年にアメリカのテルライド映画祭や、第35回トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門などで上映された。

スペインでは、2011年2月23日にバルセロナでプレミア上映された後、2011年2月25日に143館で劇場公開され、週末興行収入で初登場13位(2011年2月25-27日付)になった[1]

日本では、2011年に第8回ラテンビート映画祭にて公開された。2011年9月17・18日には新宿バルト9で上映され、9月24・25日にはティ・ジョイ京都で上映され10月9日・10日には横浜ブルク13で上映された。

主な受賞・ノミネート編集

賞・映画祭 部門 対象者 結果
2011年 第25回ゴヤ賞 長編アニメ映画賞 受賞
第24回ヨーロッパ映画賞 長編アニメ映画賞 トーノ・エランド
ハビエル・マリスカル
フェルナンド・トルエバ
受賞
2012年 第39回アニー賞 長編アニメ映画賞 Chico & Rita Distribution Limited ノミネート
第4回ガウディ賞 監督賞 ハビエル・マリスカル
トーノ・エランド
フェルナンド・トルエバ
ノミネート
脚本賞 イグナシオ・マルティネス・デ・ピソン
フェルナンド・トルエバ
ノミネート
美術賞 ハビエル・マリスカル ノミネート
音響賞 ペラヨ・グティエレス
ナチョ・ロジョ
ノミネート
作曲賞 ベボ・バルデス 受賞
長編アニメ映画賞 フェルナンド・トルエバ
トーノ・エランド
ハビエル・マリスカル
Televisió de Catalunya (TVC)
Estudio Mariscal
Fernando Trueba Producciones Cinematográficas S.A.
受賞
第84回アカデミー賞 長編アニメ映画賞 フェルナンド・トルエバ
ハビエル・マリスカル
ノミネート

脚注編集

  1. ^ Chico & Rita (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2012年2月24日閲覧。

外部リンク編集