メインメニューを開く

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン』(原題:小倩、英題:A Chinese Ghost Story)は、1997年7月26日公開の香港映画。中国の古典小説『聊斎志異』の一説「聶小倩」を原作とした1987年製作のチン・ショウトン監督による香港映画『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(原題:倩女幽魂、英題:A Chinese Ghost Story)を、同作製作者のツイ・ハークアニメーションとしてセルフリメイクした作品。

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン
小倩
監督 アンドリュー・チェン
脚本 ツイ・ハーク
原作 蒲松齢(クレジット無し)[1]
製作 ツイ・ハーク
製作総指揮 ナンサン・シイ
佐藤恒夫
チャールズ・ヒョン
メイーリン・チョウ
出演者 アニタ・ユン
ジャン・ラム
チャーリー・ヤン
音楽 リッキー・ホー
編集 マルコ・マック(HKSE)
製作会社 フィルム・ワークショップ
ポリグラム
ウィンズ・エンターテインメント
キャセイ・アジア・フィルムズ
配給 ゴールデン・ハーベスト
ウィンズ・エンターテインメント
公開 香港の旗 1997年7月26日
日本の旗 1998年11月21日
上映時間 83分
製作国 香港の旗 香港
言語 粤語華語
テンプレートを表示

登場人物は慣れ親しんだ手描き動画で描写しつつも、メカ描写だけでなく、背景画に3DCGを全面的に取り入れた意欲作。香港映画界としては稀な自国製作のアニメーション作品であったことと、香港・台湾映画界のスター達を声の出演に迎えて話題を呼び、同時期公開の『ヘラクレス』、『もののけ姫』を越える815万香港ドルのヒットとなった。日本では1998年11月21日に広東語版にて公開。キャッチコピーは“霊魂再来”

ストーリー編集

舞台は昔の中国。想いを寄せるシウランに見限られ、傷心の旅を続ける集金人の青年アニンは、旅の途中に迷い込んだ幽霊の街で、美しい少女スーシンと出会う。彼女は妹シウティと共に、妖怪ロウロウの手先となって、人の魂を狩る幽霊だった。妖怪と悪霊退治の法師達が入り乱れた争いに巻き込まれ、共に苦難を乗り越えるうち、次第に惹かれあっていくアニンとスーシン。相容れない、人と幽霊が結ばれるには、来世へ輪廻転生するしかない。二人は生まれ変わる為に、霊魂再来の門へ向かうのだった。

製作スタッフ編集

2Dアニメーションスタッフ編集

キャスト編集

役名 声の出演
広東語版 北京語版 日本語版
スーシン(小倩) アニタ・ユン シルヴィア・チャン 林原めぐみ
アニン(阿寧/寧采臣) ジャン・ラム ニッキー・ウー 石田彰
ロウロウ(姥姥) ケリー・チャン ヨン・ファン 野沢由香里
シウラン(小蘭) ヴィヴィアン・ライ リンダ・ウォン 湯屋敦子
ガンケン(金堅) ツイ・ハーク
シウティ(小蝶) チャーリー・ヤン レネ・リウ 田村ゆかり
黒山ローヨー(黒山老妖) チャン・シウチョン ルオ・ダーヨウ 大塚明夫
シウランの夫(小蘭夫) ロナルド・チェン
バクワン(白雲) レイモンド・ウォン サモ・ハン 大塚周夫
フォン(十方) エリック・コット アレック・スー 森川智之
イン道士(燕赤霞) ジェームズ・ウォン リー・リーチュン 内海賢二

備考編集

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ A Chinese Ghost Story (1997)”. IMDb (2003年12月24日). 2015年9月25日閲覧。

外部リンク編集