メインメニューを開く

レイモンド・ウォン黃百鳴: Raymond Wong1946年 - )は、香港映画プロデューサー脚本家俳優である。現・天馬影視文化控股有限公司会長。製作した作品は200本を超え、出演した作品は40にのぼる[1]

レイモンド・ウォン
黃百鳴
Raymond Wong Bak-ming 201604.jpg
プロフィール
出生: (1946-04-08) 1946年4月8日(73歳)
出身地: 香港
職業: 映画プロデューサー脚本家俳優
各種表記
繁体字 黃百鳴
簡体字 黄百鸣
拼音 粤拼・wong④ baak③ ming④
漢語拼音・huáng băi míng
和名表記: レイモンド・ウォン
英語名 Raymond Wong
Raymond Bak-Ming Wong
テンプレートを表示

経歴編集

アマチュア劇団で脚本・演出・俳優として活動していたが、やがてテレビドラマの脚本を任されるようになり、その後脚本家として映画界に入る[2]。1980年にカール・マッカ(麥嘉)、ディーン・セキ(石天)と3人で、のちに『悪漢探偵』や『男たちの挽歌』、『友は風の彼方に』など大ヒット作を世に送りこんだ映画会社シネマシティ(新藝城電影公司)を設立した[2]

そこでウォンは脚本家、プロデューサーとして活動。初期シナリオの多くを書き[3]、『搭錯車(原題)』『何必有我?(原題)』『過ぎゆく時の中で』の3本は香港電影金像奨の主演男優賞(孫越、ケント・チェンチョウ・ユンファ)を受賞[1]。同時に、自身でプロデュース脚本主演を務め、後にシリーズとなった『ハッピー・キョンシー/女子高生てんこもり(原題・開心鬼)』を製作するなど、俳優としても活動した。

1991年、シネマシティの会社解散後は自ら東方電影發行有限公司(Mandarin Films Distribution)を創立[2]レスリー・チャンチャウ・シンチーマギー・チャンサンドラ・ン共演の賀歳片(旧正月コメディ映画)『ハッピー・ブラザー』が大ヒット、レスリー・チャン主演作『恋はマジック』『金玉満堂/決戦!炎の料理人』『夜半歌聲/逢いたくて、逢えなくて』や、ドニー・イェン主演『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』、ウィルソン・イップ監督のイップ・マンシリーズの製作プロデューサー、『セブンソード』『導火線 FLASH POINT』の製作総指揮などをつとめ、2008年の『イップ・マン 序章』では、第28回香港電影金像奨において最優秀作品賞を受賞した。

その直後より東方電影の持ち株を売却、役職を退き[4]、2010年には脚本家であり息子のエドモンド・ウォン(黃子桓)とともに天馬電影有限公司(Pegasus Entertainment)を立ち上げた[2]。シネマシティ時代から、カメオ出演や主演に多くの人気スターを配した賀歳片を撮り続けており、賀歲片プロデューサー、賀歲片俳優のイメージも持つが[5]、それも2016年には92年のヒット作『ハッピー・ブラザー』のリマスターロングバージョンをリバイバル上映することで途絶えた[6]

主な作品編集

主な製作編集

シネマシティ編集

東方電影編集

天馬電影編集

  • (開心魔法)2011年
  • (最強囍事) 2011年
  • (八星抱喜)2012年
  • (百星酒店) 2013年
  • 楊家将~烈士七兄弟の伝説~(忠烈楊家將)2013年
  • (六福喜事)2014年
  • (浮華宴) 2015年
  • (王家欣)2015年
  • イップ・マン 継承(葉問3) 2015年
  • (S風暴)2016年
  • (賞金獵人) 2016年
  • (九龍不敗) 2017年
  • (黄金花)2017年
  • (L風暴)2018年
  • (葉問外傳:張天志)2018年公開予定
  • (葉問4)2019年公開予定

主な脚本編集