メインメニューを開く

チャップリンの舞台裏』(Behind the Screen) は、チャーリー・チャップリンのミューチュアル社(Mutual Film Corporation)における7作目のサイレント映画1916年の作品。共演はエリック・キャンベルエドナ・パーヴァイアンス他。映画の撮影所が舞台となっており、キャンベル扮する「ゴライアス」("Goliath")という名の道具方の助手「デーヴィッド」("David")をチャップリンが演じている(旧約聖書ダビデゴリアテ」に由来)。スラップスティック的要素が多い作品ではあるが、道具方によるストライキや、パーヴァイアンスが女優になりたくとも果たせず、男装してスタジオに潜り込んで道具方になる話など、ストーリーにドラマ的要素も多く加えられている。

チャップリンの舞台裏Behind the Screen.jpg
Behind the Screen
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
公開 1916年11月13日
上映時間 23分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示
チャップリンの舞台裏

本作は、ハリウッドで製作された映画の中で、はじめて同性愛が描かれた作品として知られている。男装したエドナが女性であることに気付いたチャーリーは、彼女にキスをする。その光景を目撃したゴライアスが、男性同士でキスをしていると勘違いし、女性的な仕草で2人をからかい、チャーリーに尻を蹴られる場面がそうである。

チャップリンの未公開映像を紹介したテレビ・ドキュメンタリー知られざるチャップリン』(Unknown Chaplin) では、本作の未使用フィルムを見ることができる。公開された版ではエドナがギターを弾いている場面のアウトテイクで、エドナがハープを弾き笑い出す場面 (このドキュメンタリーでは、チャップリンとエドナが当時、恋愛関係にあったことがこの場面からも窺えるとしている)、チャーリーがすんでのところで斧を避ける場面 (撮影したフィルムの逆回しによるトリック) が収められている。斧の場面は公開された版では完全に削除されている。

目次

キャスト編集

日本語吹替編集

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 羽佐間道夫
エリック・キャンベル 宝亀克寿
エドナ・パーヴァイアンス 野沢雅子
(ナレーター) 近石真介
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[2]

脚注編集

  1. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年10月1日閲覧。
  2. ^ チャップリンの舞台裏”. STAR CHANNEL. 2014年10月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集