チャールズ・ベネット (物理学者)

チャールズ・ヘンリー・ベネット英語: Charles Henry Bennett, 1943年 - )は、アメリカ合衆国物理学者計算機科学者IBM ResearchIBMフェロー

Charles H. Bennett
チャールズ・ヘンリー・ベネット
チャールズ・ヘンリー・ベネット(2018)
生誕 1943年(78 - 79歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ブランダイス大学
ハーバード大学
主な業績 量子テレポーテーション
主な受賞歴 ウルフ賞物理学部門(2018)
公式サイト
www.research.ibm.com/people/b/bennetc
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物編集

ニューヨーク生まれ。ブランダイス大学卒業後、1970年ハーバード大学において、分子運動のコンピュータシミュレーションの研究に対して、Ph.D.を取得する。1972年にIBM Researchに所属してから、物理と情報の関係を研究する。

1973年ロルフ・ランダウアーランダウアーの原理の提唱者)と共に、任意の計算が論理的・熱力学的可逆な装置で実現できることを示した。さらにその計算と熱力学についての研究により、マクスウェルの悪魔についての正しい洞察を得、議論に決着を付け「悪魔を葬り去った」。2022年王立協会外国人会員選出。

受賞歴編集

外部リンク編集