ツーフィンガー奏法

ツーフィンガー奏法(ツーフィンガーそうほう)とは、主にアコースティック・ギターで使われる演奏法の一種。

概要編集

アルペジオストロークの中間的な弾き方であり、音色や音量を均一にしやすい一方、弾くべき弦とは異なる弦を弾く恐れがある。通常は、ギターを弾く方の手の人差し指中指の二本の(親指も使うことがあるためによく勘違いされるが、親指はフィンガーではないため、数に含まれることはない)で、そのまま弾くことが多い。

ピーター・ポール&マリーサイモン&ガーファンクルの楽曲に見られることが多く、1960年代フォークソングの流行と共に一般化したと思われる。また、ビートルズにおいては、ポール・マッカートニーによって演奏された、イエスタデイブラックバードなどが有名である。

なお、エレクトリックベースにおける指弾き(基本的に人差し指+中指)もツーフィンガー奏法ということがある。

関連項目編集