メインメニューを開く

テッサロニキ国際映画祭(テッサロニキこくさいえいがさい、Φεστιβάλ Κινηματογράφου Θεσσαλονίκης, 英語:Thessaloniki International Film Festival)はギリシャテッサロニキで毎年11月に開かれる国際映画祭である。バルカンでは最大規模の映画祭で、特に新人監督の発掘に力を入れている。

目次

概要編集

テッサロニキ国際映画祭は1960年から始まった Week of Greek Cinema が前身となっている。1966年からはギリシャ映画祭 (Greek Film Festival) と名前を変えて開催されるようになる。

1992年からコンペティション部門を設け、国際映画製作者連盟から国際映画祭として認定された。コンペティション部門のゴールデン・アレクサンダー賞にはこれまで多くのアジア映画が選出されている。日本映画も2作品(『水の中の八月』1998年『水の女』2002年)がこの賞を受賞している。コンペティション部門の最優秀監督賞受賞者に1992年『死んでもいい』の石井隆や1995年『おかえり』の篠崎誠がいる。

2016年には、日本映画『種をまく人』(英語: The Sower)の竹内洋介が最優秀監督賞、竹中涼乃が最年少で最優秀主演女優賞を受賞している。

また、映画祭と並行してピーター・グリーナウェイセルゲイ・パラジャーノフの絵画作品の展示、ナム・ジュン・パイクのビデオ作品の上映、ガトー・バルビエリのジャズ・コンサートを行なったりもしている。

ゴールデン・アレクサンダー賞受賞作品編集

開催年 題名
原題
監督 製作国
1992 オルランド
Orlando
サリー・ポッター   イギリス/  ロシア/  フランス
Dance in the Night Aleko Tsabadze   ジョージア
1993 Ap' to hioni (Snow) ソティリス・ゴリチャス   ギリシャ
1994 冬春的日子 (The Days) 王小帥   香港  中国
1995 郵便配達
邮差
何建軍   香港
1996 Brothers in Trouble ウダヤン・プラサッド   イギリス
1997 Road to Nhill スー・ブルック   オーストラリア
1998 水の中の八月 高橋陽一郎   日本
1999 こころの湯
洗澡
張楊   中国
2000 Last Resort パヴェル・パヴリコフスキー   イギリス
2001 Tirana Year Zero Fatmir Koçi   アルバニア/  フランス
2002 水の女 杉森秀則   日本
ブリスフリー・ユアーズ
Sud sanaeha
アピチャートポン・ウィーラセータクン   タイ
2003 The Last Train アレクセイ・ゲルマン・ジュニア   ロシア
2004 Bitter Dream モフセン・アミルユセフィ   イラン
2005 Een Ander zijn geluk (Someone Else's Happiness) Fien Troch   ベルギー/  オランダ
2006 家族的诞生 金兌容   韓国
2007 红色康拜因 蔡尚君   中国
2008 Aan ja (Over There) Abdolreza Kahani   イラン
2009 Ajami Scandar Copti   イスラエル
2010 Periferic Bogdan George Apetri   ルーマニア
2011 Portret v sumerkakh Angelina Nikonova   ロシア
2012 シージャック

Kapringen

トビアス・リンホルム   デンマーク
2013 金の鳥籠

La jaula de oro

ディエゴ・ケマダ=ディエス   スペイン
2014 絶え間ない悲しみ

La tirisia

ホルヘ・ペレス・ソラーノ   メキシコ
2015 ひつじ村の兄弟

Hrútar

グリームル・ハゥコーナルソン   イスラエル
2016 ヒットマン: インポッシブル

Tiszta szívvel

アッティラ・ティル   ハンガリー
2017 Korparna Jens Assur   スウェーデン

ゴールデン・アレクサンダー名誉賞受賞者編集

関連事項編集

外部リンク編集