水の女』(みずのおんな 、Woman of Water )は、2002年に公開された日本映画。内容は、銭湯を舞台にしたラブストーリーである。 第59回ヴェネツィア国際映画祭批評家週間招待、サンダンス・NHK国際映像作家賞2001受賞作品。

水の女
Woman of Water
監督 杉森秀則
脚本 杉森秀則
製作 河村光庸
猿川直人
製作総指揮 中村雅哉
出演者 UA
浅野忠信
HIKARU
音楽 菅野よう子
主題歌 エンディング曲『閃光』(UA)
撮影 町田博
編集 杉森秀則
配給 アーテイスト・フィルム=日活
公開 日本の旗 2002年11月9日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

関西の小さな町。銭湯を営む涼(UA)は父と二人暮らし。結婚を控えた目前、婚約者が車の事故で、父も心臓発作で亡くなってしまう。突如天涯孤独となってしまった涼は、火を眺めていると落ち着くと言う不思議な青年優作(浅野忠信)と出会う。

それならということで、涼は優作に銭湯・ひかり湯の仕事を手伝ってもらうようになる。やがて恋に落ち2人は惹かれあう。

しかしその後、涼は優作が放火指名手配犯であることを知る。翠(小川眞由美)が優作に自分の家を燃やされたことを知り、そのことを責められた優作は煙突に上ってしまうが、落雷に遭い全身を炎が覆ってしまう...

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集