メインメニューを開く

王 小帥ワン・シャオシュアイWang Xiaoshuai, 1966年5月22日 - ) は、中国映画監督脚本家俳優中国映画界の「第六世代」の映画監督の一人である[1]

ワン・シャオシュアイ
王小帥
王小帥
生年月日 (1966-05-22) 1966年5月22日(52歳)
出生地 中華人民共和国の旗 中国 上海
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 映画
活動期間 1993年 -

目次

来歴編集

1966年5月22日上海で生まれた。1989年北京電影学院の監督学部を卒業すると[1]1993年長編冬春的日子』を自主製作し、映画監督としてデビュー。同作はテッサロニキ国際映画祭でゴールデン・アレクサンダー賞を受賞し、2000年にはBBCの「21世紀に残したい映画100本」に中国映画として唯一選出された。翌1994年には2作目の『极度寒冷』を製作したが、1997年まで公開されなかった。その後、4年間は映画製作から離れ、1998年に『ルアンの歌』で復帰した。

2001年ヴィットリオ・デ・シーカの『自転車泥棒』(1948年)から影響を受けた『北京の自転車』を発表。第51回ベルリン国際映画祭審査員グランプリを受賞した。2003年の『二弟』は第56回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品された。2005年の『青红』は第58回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した。2007年の『我らが愛にゆれる時』は第58回ベルリン国際映画祭脚本賞を受賞した。

2010年フランス文化省から芸術文化勲章シュヴァリエ章が授与された[1]2014年の『闯入者』は第71回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

監督作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c エピソード 3/5: ワン・シャオシュアイ”. IWC. 2014年11月29日閲覧。

外部リンク編集