メインメニューを開く
タイニアで飾られ、先端に松かさをつけたテュルソス。

テュルソス古代ギリシア語: θύρσος、thyrsos)は、ギリシア神話に登場する杖。オオウイキョウでできており、ブドウのツルや葉などで飾られ、先端に松かさをつけたものである。タイニアと呼ばれるリボンのようなものがつけられる場合もある。

目次

概要編集

テュルソスはウイキョウの茎に木ヅタ等の植物をあしらった杖であり[1]古代ギリシアの宗教において、この杖はディオニューソスとその信者が持っていた[1][2]。ブドウや木ヅタのようなツルを茂らせる植物は、ディオニューソスの力が現れていると考えられていた[1]

エウリーピデースは、マイナデスが持つテュルソスから蜂蜜が滴ったと表現している[3]。テュルソスは宗教的儀礼や祭儀のにおける、神聖な道具であった。テュルソスは葉の中に鉄の突起を隠しており、ディオニューソスやその信者達が持つとき、恐るべき武器に変わったともされる[4]。そのため、テュルソスは「ブドウの葉に包まれた槍」「木ヅタを巻いた槍」などと表現されることもあり[5][6]、その先端の突起が狂気を引き起こすと考えられた[7]

象徴としてのテュルソス編集

テュルソスはディオニューソス(バッコス)と、その従者であるサテュロスやマイナデスに関連し、一般的に繁栄、繁殖力、快楽主義、悦楽/楽しみなどを象徴する[8]。特に、ウイキョウが男性器を、松かさが「種」を示しているとしてファルスの繁殖力に関連付けられてきた。テュルソスはバッコス信仰の踊りの際に掲げられる。

エウリーピデースの『バッカイ』では、ディオニューソスの信女に扮したペンテウスがディオニューソス[注 1]に、次のように尋ねるシーンがある[9]

ペンテウス「テュルソスを右手に持つほうがよいか、それともこの手か。どちらがいっそう、バッカイらしく見えるだろうか。」
ディオニューソス「右手です。そして右足と同時に振り上げねばならない。」

テュルソスは時に、カンタロスと呼ばれる、ワインを飲むための陶器とも関連付けられる。カンタロスもディオニューソスの象徴とされ、テュルソスとカンタロスは、王笏と宝珠と同様に「男性性と女性性」の組み合わせであるとされる[10]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ バッカイを率いる人間としてペンテウスの前に登場しているため、ペンテウスは彼がディオニューソス自身であることを知らない。

出典編集

  1. ^ a b c 『バッカイ』訳注、逸見訳、p.131。
  2. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』p.168。
  3. ^ バッカイ』711行。
  4. ^ Diodorus. iii. 64, iv. 4; Macrobius. Sat. i. 19.
  5. ^ オウィディウス変身物語』第3巻 667行
  6. ^ 『バッカイ』25行。
  7. ^ Hor. Carm. ii. 19. 8; Ovid. Amor. iii 1. 23, iii. 15. 17, Trist. iv. 1. 43.; Brunk, Anal. iii. 201; Orph. Hymn. xlv. 5, 1. 8.
  8. ^ Ioannis Kakridis, Ελληνική μυθολογία Εκδοτική Αθηνών 1987 (in Greek)
  9. ^ バッカイ』941-943。逸見訳、p.93。
  10. ^ Vinum Nostrum. “Red-figure bell krater”. Museo Galileo. 2016年12月27日閲覧。

関連項目編集

参考文献編集

帰属
  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Thyrsus" . Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.

外部リンク編集