テルクシノエー古希: Θελξινόη, Thelxinoë)は、ギリシア神話に登場する3人の女性の名前で、「魅惑する女」を意味する。日本語では長母音記号を省略しテルクシノエともいう。

  1. キケローによると、ゼウスネダーの娘。曲芸を司る4柱のムーサの1人。アオイデーアルケーメレテーは彼女の姉妹[1]木星衛星テルクシノエは彼女の名前を命名した。
  2. セイレーンの1人[2]。テルクシオペー(Thelxiope)、テルクシエペイア(Thelxiepia)とも呼ばれる。
  3. セメレーの侍女の1人[3]

出典編集

  1. ^ キケロー『神々の本性について』3巻21行。
  2. ^ ヘーシオドス『ギュナイコーン・カタロゴス』断片47。
  3. ^ ノンノス『ディオニュソス譚』8巻178行。