テレサットカナダ衛星通信事業会社である。1969年5月2日に創業した。本社はオンタリオ州オタワにあり、米国およびブラジルに事務所がある。

テレサット
Telesat
種類 株式会社
本社所在地 カナダの旗 カナダ
カナダオンタリオ州オタワ
設立 1969年5月2日
業種 情報・通信業
事業内容 衛星通信事業
代表者 Daniel S. Goldberg
外部リンク http://www.telesat.com/
テンプレートを表示

2007年10月5日にロラール・スペース&コミュニケーションズとカナダ公務員年金投資委員会は、ベル・カナダから32.5億カナダドルで買収するための最終認可を規制当局から取得した。この買収手続きは2007年10月31日に完了し、ロラールがテレサット株の64%を所有することになった。

この際、テレサット・カナダはロラール・スカイネットと合併した。ロラール・スカイネットはロラール・スペース&コミュニケーションズの子会社で、ニュージャージー州ベドミンスターに本社を置く世界的な衛星オペレータであったが、この合併により、ロラール・スカイネットのすべての資産はテレサットに移されることになった。

サービス編集

テレサットは、現在 世界で4番目に大きい静止衛星サービスプロバイダーである。運用中の衛星を13機と、製造中の衛星を1機所有しており、それ以外に第三者が所有する衛星13機の運用サービスを行っている。

テレサットはカナダの2大衛星放送プロバイダーであるBell TVとShaw Directの両方と、200以上のカナダのテレビチャンネルの搬送を担っている。

テレサットのAnik F2はKa帯の"スポットビーム"で衛星インターネットサービスをアメリカ向け(WildBlue)[1]とカナダ向け(Xplornet)[2] に提供している。 Ka帯バンドシステムは、インターネットに接続された複数の衛星地上局へのリンクや帯域幅の問題を管理するために"スポットビーム"を使用している。

ロラール・スカイネットの顧客であった HBOディズニーケーブル・アンド・ワイヤレスシンガポール・テレコムConnexion by BoeingBT North America中国中央電視台などは、現在はテレサットの顧客となっている。

ロラール・スカイネットは、映像やデータなど幅広い範囲の伝送サービスを提供しており、1997年にロラールがAT&T社から買収した時にロラール・スペース&コミュニケーションズの子会社となった。

スカイネットの衛星群は、テルスター11N、-12、-14R、-18からなっている。2003年に、スカイネットは北米の衛星群(テルスター5~8と13)をインテルサットに売却した(このとき、これらの衛星はインテルサットアメリカ 5~8、13と改名された)。 これは、2003年7月15日に親会社のロラール・スペース&コミュニケーションズが連邦倒産法第11章の適用を申請したことを受け、その債務を減らすためのものであった。再生契約により、スカイネットは2006年3月18日まで北米市場での競争に参加することができなかった。 また、2007年6月には、ローラル・スペース&コミュニケーションズは、インテルサットを買収しようと試みて失敗している[1][リンク切れ]

歴史編集

テレサットは、カナダの国有企業であるテレサット・カナダとして1969年に設立された[3]

テレサットは1972年に世界最初の静止国内通信衛星であるAnik A1を打ち上げ、運用する企業となった。この衛星は1981年まで運用された。

1979年2月までは、テレサットはカナダの地上局を独占しており、衛星通信を利用しようとする事業者は、テレサットとの間に地上局の長期リース契約を結ばなければならなかった。独占が終わっても、しばらくはこのようなリース契約が結ばれていた。

テレサットは、1998年に連邦政府からベル・カナダに売却された[4]

2006年12月18日に、ロラール・スペース&コミュニケーションズはカナダ公務員年金投資委員会(Public Sector Pension Investment Board (PSP Investments))と共同で、テレサットを28億ドルで買収すると発表した[5]

2010年11月17日に、テレサット・ホールディングスは正式な競売プロセスを開始し、6~7億ドルで購入を希望する買主への融資を提供するためにJPモルガン・チェースモルガン・スタンレークレディ・スイス・グループを雇い入れた[6]

これまでに打ち上げた衛星編集

将来の衛星編集

テレサットは最近[いつ?]、20番目・21番目の衛星を製造する予定であると発表した[要出典]

テレサットは2009年12月30日に、Nimiq 6 をスペースシステムズ/ロラール(SS/L)で製造すると発表した。また、カナダの衛星TV局 Bell TV は、加入者にサービスを提供するためにこの衛星を運用期間中リースすることに合意した。 Nimiq 6 はSS/L1300バスを採用して32個のKu帯高出力トランスポンダを搭載し、15年の寿命を持つとされた。この衛星はインターナショナル・ローンチ・サービスにより2012年に打ち上げられた[7]

テレサットは、テルスター12 VANTAGEを2015年の終わり頃にH-IIAロケット(H2A204仕様)で打ち上げることを計画している[8]

脚注編集

  1. ^ WildBlue: How it works”. 2010年11月10日閲覧。
  2. ^ “Pricing Announced for New Xplornet Ka-band Satellite Service” (プレスリリース), Xplornet, (2005年4月19日), オリジナルの2011年7月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110718132313/http://www.xplornet.com/news/in-the-news/pricing-announced-for-xplornet-ka-band.aspx 2010年11月10日閲覧。 
  3. ^ Babe, Robert E.. “CONTROL OF TELEPHONES: THE CANADIAN EXPERIENCE”. Canadian Journal of Communication 13 (2): 24. http://www.cjc-online.ca/index.php/journal/article/download/447/353. 
  4. ^ Canadian Satellite Television”. 2015年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月12日閲覧。
  5. ^ “Loral and PSP Investments agree to acquire Telesat Canada” (プレスリリース), Loral Space & Communications, (2006年12月18日), http://investor.loral.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=222699 2006年12月12日閲覧。 
  6. ^ Top Stories: Business and Finance”. Bloomberg.com. 2015年4月15日閲覧。
  7. ^ "ILS Wins Nimiq 6 Launch" Satellite Today 18 March 2010
  8. ^ Telesat Orders High Throughput Satellite to Replace Telstar 12 and Expand Capacity at 15 Degrees West”. 2015年4月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集